釣りのいいところ!!

個別指導塾の学習空間、八千代台・鎌ヶ谷教室の内野です!

私は家に引きこもるのも、外で遊ぶのも大好きです!

ここ数年は体が重すぎて体を動かすことが億劫ですが、やるときは全力でやります!!

昔の感じで動いてしまうのですぐにガス欠しますが笑

相方の成瀬先生から、釣りの魅力についてのお題をもらったので書いていこうと思います!!!!!

釣りというとみなさん、退屈なイメージをお持ちですよね。たしかに餌釣りは投げたあと、魚がかかるまで待つので退屈に思う方は退屈に思うと思います。待っている時間に友だちとダラダラ話したりするのも楽しいです!

しかし!釣りにはいろいろな種類があります!私がメインでやっている釣りはルアーフィッシングで投げては巻いての繰り返しになります!

メタルジグをメインに投げるショアジギングは翌日筋肉痛になるほど疲れます!!!

話が少しそれましたが、釣りの魅力について語ります。
①行きの車が盛り上がる!
特に久々の釣りの時は段違いに盛り上がります!!笑
行きの車が1番楽しいかもしれません!笑
各々その日何匹釣るだの、何センチ以上釣るだのぺらぺら話しまくります。これが毎回です笑
釣りあるあるナンバーワンだと思います!!

②釣ったら語れる!
釣りは結果を残したもの勝ちです。超結果主義です。どんなに過程が良くても釣れなかったら語れません。ここは勉強に近いものがありますね!
自分が釣って友だちが釣らなかったときの、悔しそうな顔、受け入れたくないけど受け入れるしかないときの何とも言えない顔を見るのは最高です笑

③釣った魚を食べる!
最近は釣った魚を積極的に食べています!
これも釣りあるあるなのですが、クーラーボックスを用意していくと釣れなくて、用意してないときに限って魚は釣れます笑

④休日が楽しみになる!
これは釣りだからというわけではありませんが、趣味ができると休日がただ寝て終わることが少なくなります!
平日疲れたときも頑張れます!!

と釣りのいいところをあげてみましたが、肝心の釣りのいいところを書いていませんでした。

釣りのいいところ
①魚の引きは何とも言えないわくわく感があります!急にグンっと重たくなる感覚は最高です!
最近自分は魚を釣っていないでのその感覚を忘れてきてしまっています。。

②1度、道具を揃えてしまえば基本的に交通費のみで趣味を楽しむことができます!ランニングコストはあまりかかりません!

上記の通り釣りにはたくさんの魅力があることがわかりましたね!

ここに、キャンプも取り入れることでより一層楽しくなること間違いなしです!

成瀬先生趣味に釣り、いかがでしょうか!?

千葉の塾なら個別指導の学習空間

中3向け英作文講座~後置修飾と関係代名詞の攻略~

個別指導の学習空間、千葉北総エリア 四街道東教室・佐倉臼井教室長の桑原です。

いきなりですが、今日は初学者向けの「後置修飾(名詞を修飾する語句)」「関係代名詞」の勉強方法について取り上げてみたい思います。

・中学英文法の中で挫折を味わうところはどこ?と問われれば、「後置修飾」「関係代名詞」と言われ、「どうやって勉強したらいいかわからん」「そもそも修飾ってどういう意味ですか。。。」と問われることが少なくありません。
これらの文法を指導するときに必ず言っていることは

英語からではなく、まずは日本語から作文してみること

これだけです。いきなり英語にできなくてOKなんです。
具体的には、「あるものを詳しくするはたらき(名詞に情報を付け加えている)= 修飾している」という感覚をとらえることを徹底するように言っています。
なので「日本語で作文→作った文の名詞に情報を付け加えていく」という流れを日本語からおさえていくことが重要になってきます。日本語で理解できなければ、英作文や英文訳に応用できないので、あえて英語ではなく日本語から英文法の理解を深めることが最も重要です。

まず例を見ていく前に文法の簡単な説明ですが、「あの走っている男の子を知っています」「泳いでいる犬をみた」などのように、「~<動作>している〇〇」とはたらくものを現在分詞といい、「話されている女の子はエミリだ」「彼は壊された窓を知っている」などのように「~<動作>された〇〇」とはたらくものを過去分詞といいます。「私は彼によって書かれた本を知っている」「私が使っているペンがみつかった」のように修飾している箇所が「関係代名詞(whom / which )+動詞+目的語」「関係代名詞(who/ which / that)+主語+動詞」とはたらくものを関係代名詞といいます。

いくつか例を見ていきながら解説していきます。

 

続きを読む

趣味を確立したい・・・

個別指導塾の学習空間、八千代台教室・習志野藤崎教室の斉藤成瀬です!

さて、涼しくなってきたと思いきや、まだまだ日中は暑さ対策が必要な今日この頃・・・(賛同者なし)
趣味にアウトドア系を加えたいと考え始めました!(脈略もなし)

中学のころから明確な趣味はありましたが、あまり良く思われないことから、大学等では大っぴらにせず隠してきました。
学習空間に入ってからは特に隠すことはしていませんが、やはりまだよく思わない人は一定数いるようですね・・・

また、今まで一番困っていたのは趣味を書く欄です!
「あるのに書けない、他のも趣味を名乗るほどでは・・・」となり、結果そこまで趣味ではない無難なことを書くことになる。

前置きが長くなりました。※この辺は大分鬱憤が溜まっております

ということで、私は遠慮することなく話せる趣味が欲しいなと、以前から考えておりました。
また、基本的に根っからのインドアタイプの人間ではあるのですが、さすがに日に当たらない日があるのは不味いのではと思いアウトドアに目をつけています。

現段階での候補は、車関係・釣りが上がっており拮抗しておりますが、
釣りにすると、同エリアの講師との親睦を深めることも可能なので、最近だと釣りにやや軍配が上がりかけています!

その軍配を完全に上げるためにも、内野先生に釣りの魅力について、いろいろお話を聞いていけたらなと思います!

千葉 :千葉の塾なら個別指導の学習空間

微かに感じる念願の○○

個別指導塾の学習空間、八千代台教室・習志野藤崎教室の斉藤成瀬です!

突然ですが、みなさん、今年はどんな夏を過ごしたでしょうか?

生粋の道産子である私は、如何にこの千葉の夏を乗り越えようかと奮闘する日々でした・・・
・家にいるときは常にクーラーで除湿23度直当たり
・布団の下には敷くアイスノン3枚
・敷布団には冷感パッドを使用
・出かけるときは首掛け扇風機
・Yシャツの下には冷感シャツ
・アイスシートGATBYと冷感スプレーGATBYは常備 etc.

ここまでのことをやり切っても暑さでしんどさを感じる日々・・・お金のかかる季節ですね・・・

しかし!!皆さん感じているでしょうか!?最近のほんのり涼しさを!!
夜には気温が16,17度を記録する日々!昼間の最高気温も23度!
地元の現在最低9度,最高16度には及ばないですが、暑さ対策を手抜きで行えつつあるのが最高です!
但し、1日中窓を開けていなければ、未だに部屋では汗をかきます。この前は開け忘れてオデコから汗の雫が落ちました。

これから11月にかけてぐんぐん気温が下がり、快適な日々がやってくると思うと、皆さん楽しみで仕方がないですね!!
因みに、私は秋・冬は殆ど暖房をつけないので電気代が安くなります♪

さてこんな私ですが、実はお腹だけは冷やすと一気に体調が悪くなるので、注意して涼しまなければなりません・・・
皆さんも室温・部位ごとの体温の調節には気を付けて残りの暑さを乗り切りましょう!

千葉 :千葉の塾なら個別指導の学習空間

理科の限界(音速で野球をしたら)

個別指導の学習空間 千葉エリア 習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
前略、 なんか振られました。

野球でピッチャーが、「音速とか光速で球を投げたら周辺への影響とかどうなんでしょうか」…?
音速と光速でものすごく話が変わってきますし、一気に多くの現象が起きるので相互作用まではとても想定しきれませんが、思いつくとこからテキトーに考えてみましょうか。
めんどくさいので(!)、ピッチャーの身体能力や投球動作に関するところはノータッチ&ノープロブレムとし、空中に突如その速度のボールが現れたかのように考えてみましょうか。

まずは音速ちょい超えから。
とりあえず、音速超えた時点で、衝撃波(ソニックブームとも言いますね!)が発生します。これは、媒質中に、その媒質中の音速より早く動く物体が出た場合に生じる、伝わり切れなかった音が合流し、ものすごく密な空気の壁として伝わる現象です。隕石や飛行機などだと、発生させた衝撃波で地上の窓ガラスが割れる場合もあるそうで。とはいえ、銃弾なども音速超えますが、いちいち衝撃波の被害が出ている様子は聞きません。野球ボール程度の大きさ・形状の物体で、音速丁度くらいならば、そこまで致命的なものにはならないかな…?

音速は時速に直すと1200km/h程度です※主に気温により少し変化します。
通常のプロ野球では140km/h前後の球が飛び交ってるはずですから、10倍あるかないか程度の速さ。衝撃波がそこまで強烈でなければ、山勘で打つことはできそう…とか思いましたが、この速度帯、拳銃で撃つ弾丸の初速レベルです。拳銃の弾丸と比べ、野球のボールはかなり質量もありますよね…で、あのプロのバット、多分木製って縛りありますよね。普通に打っても折れることありますよねあれ。ボール側が音速帯だと当てた時点でバット折れるじゃないんかな。
運動量の差もだいぶあるので、普通のやり方では当てても前に飛ばない可能性があります。例えば、砲丸投げの球を木製バットで打ち返せるかって考えると…バットが砕け散るだけな気がしません?バットの強度の問題はクリアしたとして、そして芯でとらえたとして、持ってる手にも凄まじい力が要求されそうな気がします。この辺りはちょっと適当な数値がわからないので、すぐには計算できません。ユルシテ。

死球なんて食らったらもう、選手登録抹消で済むわけがなく、存在を抹消されかねません。先述のように、野球ドームでピッチャーが投げたものという前提がなければ、もうただの砲弾ですからね。下手なハンドガンより破壊力があります。むしろ、そんなものが来るとわかってたら逃げるほうが賢明だと思いますが…バッターって申告三振とかあるんですか…?バッターボックスから出たら野球にならんですよね?(音速の球投げてる時点で大概野球ではないです)。
なんて、どうにも被害を免れないのはキャッチャーでしょうか。繰り返しますが、冷静に見ればこれはただの砲弾です。少なくともハンドガン程度(!)なら余裕で受けきれる装備が必要です。キャッチャーの防具にその辺り規定あります?なければ、下手に構えずに一回防具(という名の対戦車装甲)で受けてからのボール回収はイケそうですが、キャッチャーミットと呼べるようなもので掴むのは腕持ってかれる&勢いで自分の胸部か顔面強打するんじゃないかなぁ…
キャッチャーがボール回収に手間取りそうなので、盗塁はわりとうまくいきそう。ホームスチールもあるんじゃなかろうか?
手間取ろうが何だろうが、キャッチャーが機能するとしたら、こんなピッチャー相手に四球以外でどうやって塁に出るかはわかりません。ルールの隅っこつつけば打たなくても出塁できるの?

で、こんな扱いを受けたボールが原型とどめてるとは考えにくいです。摩擦熱で燃え尽きる…まで行く気はしませんが、もう一回投げられるような状態でもなくなる気がします。
いちいちボール変えるんですかね?

いまぼーっと考えた限りだと、音速では絶妙に「100%無理」までいかない気がしますね。ピッチャーはもうそもそもなんでおいといて、キャッチャーが機能するならギリギリゲームできそう(できそう?)。
光速はまたそのうち。
ルール的な検証は詳しい人にお任せします!(
野球の事千葉の塾なら個別指導の学習空間

箇条書き子育て日記〜娘4歳〜

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室長の桑原です。
もとい新米パパの桑原です。今日は子育て日記なるものを書いてみようかと思います。
仕事の都合で子どもと関われるなかなかに時間が少ないのが寂しい今日この頃です。
自宅は船橋アンデルセン公園が近いのでほぼ毎月通っています。

幼児期の子どもの成長は恐るべきもので、あっという間にひらがなとカタカナが読めるようになって、ひらがなに悪戦苦闘しています。
絵本はここ最近すらすら読めるようになってきて、少しずつ内容も理解できるようになっているのか楽しそうな様子です。

私が読み聞かせ大好きなので、毎週日曜日は一緒に床について、絵本の読み聞かせをしています。
大体読んでいる途中に眠ってしまうのですが、その寝顔を見ると元気をもらえます。
時折奥さんが絵本を読む時があるのですが、娘と私で聞いていて、私の方が先に寝てしまうと奥さんから報告を受けたこともあります。笑

そう言えば最近保育園の給食を完食できるようになってきたとか。幼児期の食に対しては悩まれた親御さんもおおいのではないでしょうか。
うちは飽きてくると遊ぼうとして手が止まりがちになってしまうところがあります。「食べるのイヤイヤ」をする時もあるそうな。
保育園での給食は常に残したりと、食が好きではなかった娘が、完食できるようになってきたこと、自分から給食美味しいというようになったこと、ママの料理を美味しいというようになったこと、こういったことに成長を感じています。
なかでも、嫌いなしめじを食べることができたとか!パパでも苦手なのになんてえらいんや!と、思わず感じてしまいましたが、
同時にパパの精神的な幼さも実感し反省することに。笑

また、娘と私の食の好みが結構似ているのにも気がつきました。娘が苦手なものは私も苦手なことがほとんどなので、2人で頑張って夕食を食べるシーンもあります。もちろん奥さんには圧をかけられています。大人だから頑張りますけど、苦手なものは苦手なんです。だからしめじが苦手な娘の気持ちは痛いほど共感できます。

雑にはなりますが、今日はこんなところで終わりたいと思います。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

限界のその先(笑)

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!
久しぶりのブログです。

久しぶりといえば、先日友人と久しぶりにキャッチボールをしました。学生時代野球をやっていたわけではないので速い球を投げられるわけではないですが、楽しくキャッチボールできました!次の日肩と腕が…。歳ですね(笑)
キャッチボールしながらふと思ったのが、「やっぱりプロってすごいなぁ」でした。素人が投げる球と違い、球は速い・コントロールもびしっと。(当然ですね笑)狙ったところに140km、150kmで投げ込み、投手によっては160km以上の速度で投げますよね。同じ人間か?と疑いたくなります(笑)

そこで思ったのが、人間の限界って何kmなんでしょう。少し調べてみたら、177kmってのが出てきました。とんでもないですね…

さらに気になったのが、もっともっと速く、それこそ音速とか光速で球を投げたら周辺への影響とかどうなんでしょうか?もちろん、身体がぶっ壊れるとか、キャッチャーが取れないとかは気にしない方向で。これは…物理かな…?

てことで、教えて竹村せんせー

千葉の塾なら個別指導の学習空間

理科の知見(火とは何か)

個別指導の学習空間 千葉エリア 習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
ダレですか二週間も前に「夏も終わり~」とか書いたの。まだまだ暑いですね…

今年は夏休みもロクになかったわけですが、キャンプだのライターだのと心躍るワードを目にして、理科の知識量がまだなくって、だからこそ色々試して考えてたあの頃を思い出しました。
自然科学的な面での思い出を今の知識で見直すと、またいろいろ発見がありますね!

ところで、四大元素とか五行説はご存じでしょうか。
今でこそそこは原子であり陽子中性子でありクォーツであるわけですが、昔は火水風土とか火水木金土とかですよ。
世界史目線では、人類を人類にしたもので、そしていま身近から消えつつあるもの。教科書に系統立てて載ってそうで載っていないアレです。
-火の話をしましょうか。

ただ、現時点でこれを真正面から語れるほど、知識と日本語がくっついてません。実例上げながらで。

○燃えると火がつくは少し違う
※良い子は、水を用意して、燃えたら困るものを手の届くとこから遠ざけてから火遊びしましょう。
例えば、生きた葉は燃やせますが、ライターやマッチのレベルの火では、なかなか火がつきません。
上手くやって火がついても、すぐ消えてしまいます。…どううまくやるかって?燃やしたいところの周辺を先に炙っておくんですよ。
火がつくというのは、燃えるの先にある一種の連鎖反応だと、感覚的に考えてます。
十分な「熱」により物は燃え、燃やしたことによって生じた熱が、周囲を燃やすほどに大きい場合、火という連鎖反応が起こるというイメージです。
水は燃えないうえ、燃やす場合にその周囲の水を排除する必要があり、しかも排除するのに多量の熱を必要とします。
また、小学校で習う通り、素早く燃やすには対象を空気(中の酸素)に触れさせる必要があります。そのため、空気に多く触れているものは、一気に燃えます。
キャンプ的には、乾燥した杉の枯れ葉とかイイですね。すごくよく燃えるので、大きな火をおこすときには重宝しますね。

○火が熱いのは上、あと横。だけど理由が違う!
火に触れたことありますか?ある?熱いですね。やけどしますね。
でも知らなかったので、やけどしかけながら試しました。どこがどうそんなに熱いでしょう。
火の真上には、目に見える火の数倍程度、非常に熱いエリアがあります。
逆に、条件次第では火が見えなくなる場合もあります。お盆で墓参りするとき、線香の火種にとまず紙に火をつける作業がありましたが、あのとき火が見えなくなることが多かったです。
熱いから火として見える、というわけではないみたいですね。見える火だけが熱いものだと思っていると、やけどします。
これはどうも、火によって加熱された、とても熱い空気のようです。
なぜ空気と思ったかって?それは、吹き飛ばすことができるからです。
これを利用した遊びとして、火に真横から手刀を振り切ると、やけどしない(見た目上火を「切れる」)というものがあります。
※やってみたい人は、実際やり方知っている人に一度実演してもらってください。失敗するとやけどします。また、狙いどころが下手だと燃えている物に手刀当てて惨事になります。

真上以外も熱いですが、これは小さな火では非常にわかりにくいです。大きな火(焚火以上)だと、かなり体感できます。
で、こちらは火ではなく、ただ単に熱いもの、焚火の炭や灰でも同じ現象があります。刺すような熱さです。
これ、特に顔に浴びると、真夏の日差しと同じ感じだなあと思ってましたが、実際同じでした。
また、この熱さは熱せられた空気によるものではありません。
(先述のように、空気はほとんどが火の前上に抜けていて、横にはすぐには来ないようです。火に灰を振りかけると非常によくわかります。げほげほ)。
熱い物体の放つ光によるもの、というと、すこしだけ語弊はありますが、イメージしやすいと思います。
光なので、板等で遮ることができます。実際、遮ると熱くないです。
団扇などでも十分遮る効果があるので、バーベキューの予定がある方は、試してみて下さい(来年はバーベキューいけるかなぁ…)。

と、要は、熱が熱を生む現象の激しいヤツが、火と。どうでしょう。
…OK、熱って何でしょうね?
続きはまた次回にしましょうか。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

これから始めたいこと

個別指導塾の学習空間、八千代台・鎌ヶ谷教室の内野です!

みなさんご存じの通り、私は釣りが大好きです!またアニメも好きです!!

そんななか、かれこれ10年以上やりたかったことにそろそろ始めてみようかなというものがあります。

それは、キャンプです!

形から入りがちな私にとって、キャンプは敷居の高いものでした。なぜならキャンプ用品は高いから!!

いいものを長く使うことが結果的に長持ちすると私は考えます。私の性格上、安いものを買ってしまうと安いからいいやと雑に扱ってしまいますので、最初からそこそこいいものを買うようにしています。その方が所有欲も満たされ毎日の生活が楽しくなります!

色々なキャンプ用品を調べているうちに、キャンプ用品にしてはお手頃ないいものを見つけました!

それは、ライターです!!

ライターは今やダイソーなどにも売っていて安いイメージがありますが、私の見つけたライターはダイソーのライターを20個以上買うことができます!

しかも、使い捨てではなく無くなったらガスを充てんすることができます!

いいものを長くというスタンスにあったいい商品を見つけ、いつ買おうかワクワクしている状態です!

買い物あるあるなのですが、商品を買うまでのこの時間が私は一番好きです!

なので、もう少しこの時間を楽しもうと思います笑

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/chiba/”>千葉の塾なら個別指導の学習空間</a>

小学生おすすめ教材~算数嫌いの子向け~

個別指導の学習空間千葉北総エリア 四街道東・佐倉臼井教室長の桑原です。

あっという間に夏も終わりですね。体育祭に励む生徒がちらほら出てきています。
中には修学旅行や自然教室といったイベントの中止が確定して、悲しむ生徒もいました。
大げさではありますが、同い年くらいの子たちと一緒に山登ったりカレー作ったり観光したりする機会なんてめったにありませんよね。
「これって生徒にはわからないのかなぁ~」とか考えてしまい、年を感じました。笑

 

さて、今回は最近小学生指導で取り入れているちょっとした「楽しみ」の紹介をしたいと思います。
基本的には、みんな算国の勉強頑張ってくれているわけなのですが、勉強があまり好きではない子や勉強に気がすすまない子にとって
算国の勉強だけでは淡白になってすぎてしまい、「勉強がいやだ=アタマを使うことに対していやな印象を持つ」というふうになってしまうことは少なくないです。
そんな子達に対して算数国語が終わった子たちにやってもらっていることとは・・・ 続きを読む