理科の知恵(蒸発熱と風呂)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
風呂で温まるのが楽しみな季節になりましたが、一方で、風呂上りに寒い思いをするのが嫌な人も居るかと思います。
季節外れになる前に、風呂上りに寒い思いをせずに着替える方法について語りましょう

風呂場は多くの場合、3つのエリアに分けられると思います。
1つに脱衣所。風呂上り一番寒いのはここですね。暖房をして対策している家庭も多いのでは。
2つに浴室内。ここが寒いか否かは、感想が分かれるかもしれません。
3つに浴槽内。湯船とも言いますね。ここが寒いとおっしゃる方は…すみません、今回の内容は役に立ちません。
お風呂がすごく寒いという人は多くの場合、浴槽で温まって、脱衣所でその寒い思いをしている事でしょう。
暖房を使っていても寒く感じますね。
―ほとんどの場合、浴室内ではなく脱衣所なんです。
浴室内と脱衣所の違いは。そもそも、なぜ風呂上りに寒い=体温が急激に奪われるのか。
浴室内で寒い思いをしている方も、2点を抑えれば改善の余地があります。

・空気に熱を奪われる
この季節、空気は体温よりかなり冷たいです。冷たい空気に裸で当たれば当然熱を奪われます=寒いです。
「お湯に温められている」浴室内より、脱衣所の方が寒いのは当然と、納得している方もいるでしょう。
夏寒くないのはこの気温の差のせいだという見方は、とても自然です。
そしてこれは暖房を使うことで対策可能です。
…ですが、風呂場に限っては、これは重要ですが決定打ではありません。

・湯に熱を奪われる
具体的に、湯船に入った時やシャワーでついたお湯ですね。これが蒸発するときに奪う熱がかなり大きいです。
一般に、液体は蒸発するときに周囲から熱を奪います。これは温度差による熱の移動とは別勘定です。
この対策に暖房はほぼ効果なしです。お湯が皮膚から蒸発すること自体を防ぐ必要があるわけですから。
…そんなん対策できないじゃん、となりますが、お風呂場に限っては簡単なことでかなり防げます。
なぜ水は蒸発出来るでしょう。水は蒸発出来るから蒸発するわけです。
中学校2年以上の方は、飽和水蒸気量と言う言葉を聞いたことがあるはずです。
湿度100%の空気中なら、水は蒸発しません(※全くしないわけでは無いんですが省略)。
そんな空気がどこあるのかって、あるんです、浴室内に!
浴室内に十分なお湯がまかれた後(または浴槽のフタがない場合)は、浴室内の湿度は100%になります。
浴室内では寒くないのは、このためです。
一番風呂ではこの点、寒い思いをする場合がありますね。

つまりこうです。
浴室は入浴前に、十分に湿らせます。一番に入る場合、シャワーを浴びれば丁度いいでしょう。
湯船につかった後は、脱衣所に出るのではなく、浴室内で体を十分に拭いて、出来れば少し乾かします。
十分に乾いていれば、脱衣所はそんなに寒くないはずです。
脱衣所に暖房を入れてある場合、全く寒い思いをすることはないでしょう。

ただし、浴室のカビ対策や光熱費は意識してください。
生徒さんは、今は家の人が大抵やってくれるかもしれませんが、結構馬鹿にならないはずです。
暖かいお風呂で、エネルギー問題にも思いを馳せてくれれば幸いです。

最も大事な受験対策,ここに開陳致しましょう

個別指導の学習塾,学習空間八千代大和田・佐倉臼井の小西です.

受験生たちこの時期には,志望校も固まって,残り僅かな受験生活に精を出している頃です.

時は戻って夏の終わり,いろんな生徒に聞かれます.「どうやったら○○大学・高校に受かりますか?」とか,「合格するために一番必要なことってなんですか?」とかです.

偉そうにつけて色々と,話すんですがわたくしも.それらの中の1つです,「受験すること」というのがあるのです.

受験しなけりゃ受かりません.○○という学校に,受かりたければ一番は,その学校を受けること.

受けると決まれば,当日に間に合わせなければなりません.どんなに点が足りずとも受ける限りは恥ずかしくない点数を取りたいもの.準備をしなけりゃなりません.

大抵の人は前々に点が上がらず,意気消沈し,やる気を失い,諦めてしまうのです.

その内心にははじめから,「どうせ合格するわきゃない」と,諦めてたのではないですか.

偏差値いくら足りずとも,周りが無理だと言ったとて,受かっていく子ははじめから,志望を変えないものなのです.

最も大事な対策は,「受験をする」と心底に決めて振る舞うことなのです.

今の高2や中2の子,「受験する」というこの決心,ちょっと心にとめておいてくれたらな.

もちろん,気持ち「だけ」じゃ受からぬけどね.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

理科の知恵(暖かい寝方)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
寒くなってきましたね!今回は毛布と布団のより暖かい掛け方について語りましょう。

今の時期、毛布と羽毛布団を併用している人は多いのではないかと思います。
ところで、どちらを上に、どちらを下(人と接する側)にすると暖かいでしょう?

―結論からいうと、毛布上、羽毛布団下が保温性大です。
一般に、毛布はより断熱性が高く、羽毛布団はより熱をため込みます。
誤解しがちな点として、毛布に触れると暖かく感じますが、毛布が暖かいのではありません。
毛布が熱を通しにくい=触れても体温を奪われにくいので、相対的に暖かく感じるだけです。
似たところ、段ボールや発泡スチロールも触れると暖かく感じますね。

つまり、外の冷たい空気を毛布で遮断して、内側に暖かい布団を置くことで、暖かく眠れるわけです。
どちらかに特殊な仕掛けでもない限り、これが最適でしょう。

更なる考察として、これで暖かいのは冷たい外気が布団(や人)に触れるのを遮るからです。
そのため、布団の端がガバガバだったり、毛布が布団より小さい場合、きちんと外気を遮れないと、効果が低いです。
布団を少し丸めて、隅まで完全に毛布で覆うと、より暖かくしやすいですね。

似たところ、部屋の窓からくる冷気も、対策するとより暖かくできます。
一般の窓(ガラス)は断熱効果が低く、周囲に隙間が出来ている事も多いため、冬は冷えやすいです。
冷えた空気は窓のすぐ下の面を滑り、窓際に寝床がある場合、そこを冷やします。
カーテンなどで下の隙間を塞ぎ、この冷気の流れを遮ると、冷えにくくなることがあります。
そうでない場合も、カーテンや雨戸をしめる事だけでも、だいぶ冷えにくくなることがありますね。
※東北などで見られる二重ガラスの窓は、この点で素晴らしい性能です。全然冷気来ないですね。
部屋の構造や現在の状況によっては、すぐに体感できる場合もあるので、試してみてください。

体調管理に気を付けて、冬を乗り切りましょう!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

効率のいい勉強法

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室講師の桑原です

中3生は最後の定期テストが終わりましたね!ここから本格的な受験勉強が始まりますね!お互い気を引き締めていきましょう。
最近生徒に、「○○の点数が上がらないんですけど、どうしたら上がりますか」「○○の効率のいい勉強法を教えてください。」とよく言われます。

ズバリお答えすると、「わかりません。」
ただ、成績が上がる生徒はストイックに自分を分析しています。「理解」と「練習」のバランスを保つために自分のレベルを客観的に見るように考えています。例えば野球選手を見てみると、彼らは野球のルールや打撃方法・投球方法や監督のサインや仲間との連携などを理解するだけではなく、練習を通じて自分の体に教え込んでいますね。あれだけ野球の上手な選手たちでもうまくいかないことがあるのですから、勉強だって同じですよね。「わかった」だけで「練習」をしない、ひたすら「練習」するだけ。これではいい結果を本番で発揮することはできません。ここで強調しておきたいのは、「理解」さえすれば点が上がるというワケではない、ということです。学んだことを解きなおせるところまで持っていかないと、成績はある程度のところまでしか上がりません。

野球選手と同じように、一瞬の勝負のためにストイックに努力できることこそ、成績が上がる要因といえますね。
だから、勉強はむしろ「効率が悪い」方がいいのです。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

旬を楽しむ

個別指導塾の学習空間、八千代台教室・八千代大和田教室の川田です!

みなさんこんにちは!ここ最近すごく寒くなってきましたね。本格的に冬が始まりそうです(これ書いてる今日は暖かいですが笑)この季節になるときのこや秋刀魚、牡蠣、柿等が無性に食べたくなります。やはり旬の食べ物って普段の数倍おいしく感じます。
ということで今回は旬についてです。旬とは「季節の食べ物の、出盛りで一番味のいい時季」と辞書にはあります。旬には「走り」「盛り」「名残」の3段階があるそうです。一般的には旬とは6週間でそれぞれ2週間ずつ区切ります。「走り」はいわゆる初物と言われるもので量も少なく小粒で珍しいものです。ただ初物を食べると寿命が75日延びると言われていたので重宝されていました。「盛り」は辞書通りの意味です。もっとも栄養価があり、活性酵素も活発に働くので、美味しく感じます。またこの時期は最も大量に出回るので値段もお買い得ですね。旬のものを美味しく食べるのであればこの「盛り」にいただくのが一番ですね!
今でこそ、栽培技術だったり輸送技術の発達により一年中様々な食材を楽しむことができますが、昔はその食べ物を一番おいしい季節にしか食べてなかったと考えると少し羨ましい気がします。(笑)
それぞれの季節の「旬」を意識すると、食生活も変わってくるかもしれませんね。
今日の晩御飯は牡蠣が食べたいなぁ…。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

そろそろ勉強会の季節

個別指導の学習空間,八千代大和田の小西です.

さて,センター試験まで残り71日となりました.今年も早いですねー....受験生の皆さん息してますか??(真顔

てことで大学受験生が多い八千代大和田教室は,今週から休日もなるべく開室します.
取り敢えず明日3日と,5日の日曜日は9時~21時の予定です.僕の勤労意欲がなくなったら休む予定です.(なくならないようにぼちぼち頑張ります)

高3の理系は基本知識の総点検をします.センター数学で7割取れてない層向けの内容です.
ついでのMARCHの英語長文の演習もしたいと思います.それ以外の生徒はひたすら自習をします.

あと,8日の水曜日に尊敬する予備校の国語の先生がお越しくださいます.センター現代文の指導をしてくださります.
また,27日の月曜日には大阪からこれまた僕の尊敬する先生がいらっしゃいます.理系化学の指導をして頂く予定です.

今年は去年までと違い,積極的に外の人に仕事を依頼しています.理由は2つあります.
1つは僕1人では当然見きれないこと.大学受験の全教科を1人で指導するのは普通に考えて無理です.出来る人もいますが僕はできません.
僕よりも適任の人がいて,引き受けてくださるのならお願いしたほうが良いと判断したからです.
2つめは,他の人に依頼することで自分の指導の質が上がると考えたからです.自分たちだけで指導していたら,どうしても甘えが出てしまうと僕個人は思います.
不合格になりそうな生徒に対して何かしら理由をつけて「仕方ない」と考えてしまうということです.塾の先生っていうのは,悲しいかな意外とそういう人もいます.
しかし,自分よりもレベルの高い人に仕事をお願いして,1人の生徒を複数人で指導することになれば話は別です.例えば僕が数学を,違う先生が英語を指導していたとして,入試本番で英語は点が取れていたのに数学で点が取れず不合格になってしまったのなら,それは100%僕の責任です.英語は上がっているのだから言い訳はできない.
少しだけそういう環境に身をおいてみたかった.それが2つめの理由です.

八千代大和田教室での大学受験の指導は,去年までと比べて格段にレベルが上っている実感があります.
しかしまだまだなところも多々あります.というかまだまだなところしかないようにも.....
来年以降に向けて,残りの期間,やるべきことをやって参ります.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

思いついたネタをずらずらと(物理の雑学)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です
私元は物理屋ですので、物理っぽい話も少々。

私が理科、特に物理の専門だというと、それ勉強してなんの役に立つのと聞かれることがあります。
まずどの学問もそうですが、知らなくても生きて行けます。知らなくても全然問題ないです。
また、学問自体、誰もが「役に立つからやってる」とは限らないです。知的好奇心のままにってヤツですね。
でも、面白いからやるんだ、では納得してもらいにくいのがちょっとさみしいところ。
私個人として正直、物理が役立つという話は職業柄仕入れた後付けです。
ただ、学んだ動機がなんであれ、知っていると世界が広がるのもまた事実です。
特に必要から生まれた部分も多い理科、物理は、役に立つ場面をいくらでも作れます。

前置きが長くなりました。物理の理解を深めるとわかる事を列挙してみましょう!
今の時期気になりそうな事を中心に…

・毛布と布団のより暖かい掛け方
・IHクッキングヒーター単体では暖をとれない理由
・固くしまったビンのフタの開け方
・風呂上りに寒い思いをせずに着替える方法
・ブレーカーを落とさずに多数の電化製品を使う方法
・一日つけっぱなしの照明に掛かった電気代
・各種暖房機器の効率の良い使い分け方
・灯油をポンプを使って容器を移し替える楽な方法
・メーカーや使用時期の異なる電池を併用してはいけない理由
・電子機器が長時間の使用などで加熱し、また調子が悪くなる理由

個別に生活の知恵として知っているものがあるかもしれませんね。
でも、どれも知らなくても全然問題ないですね!
大抵はほんのちょっと寒い思いをしたり時間をかけたりするだけで済みます。

もちろん、知っていれば便利ですし、せっかくですから中身を紹介していきましょう。
まずは…っと、文章量がそろそろ1ページ分ですね…つづきはまた今度にしましょう。
個別指導塾をお探しなら学習空間

スランプ期に学びぬくには

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室講師の桑原です

もうすっかり寒くなってきましたね.受験生の皆さんはここからスパートですね.

勉強し始めたもののなかなか結果が伴わなくて自信がない方も多い時期かと思います.焦りますよね.
何をやってもうまくいく気がしないくらい打ちのめされる時期が受験生には必ず訪れます.
自分はそれを「問いが深まった時に現れる壁」であると考えています。
勉強をしている中で勉強の「深み」が増えていくと疑いが増えていき、手が止まってしまう。そんな経験ありませんか?
しかしそんな壁が目の前に出た時は,あえて無理に乗り越えようとせず,回り道をしてみましょう.
回り道とは,「基本に立ち返る」ことです.焦ったときこそ慎重に,基本に忠実であるべきです.
基本に立ち返ってみて時間をかけていく.この時大切なのは自分の中の「焦り」を口に出さないことです.
人生がうまくいかない時期は気持ちが焦り,周りが良いように見えてきます.
例えば,自分を卑下したり,物事に文句をつけてしまいがちです.
歌を歌ったり愚痴を言えば気分は良くなるように声を出すことによって気分は良くなりますが,あえて口に出さない勇気も必要でしょう.
自分の中に溜め込んで我慢する力も必要です.
人生はうまくいくことばかりではありません.
うまくいかないときこそ,その負の力を溜め込んでとにかく耐えましょう.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

手短に近況

個別指導の学習空間,八千代大和田・佐倉臼井教室の小西です.

今日はあまり書くことがないので手短に...
最近0時過ぎに家に帰ったら晩御飯を食べて,高3の生徒に出す英語の課題の準備やら数学の添削問題の準備やらに追われています.貧乏暇なしってやつですね.
まぁその後でちゃんと少しだけ本読んで寝てるので,何だかんだ自分の時間は取れているかと思われます.4時位に寝て11時過ぎに起きる生活ですね.はい不健康です.
午前中に起きればもっと勉強やら本を読んだりする時間が捻出出来るのですが,,,午前中は本当に起きれないので....

そろそろ高3も中3も過去問対策やらでこちらの仕事量も増えてきます.
お互い身体を壊さずに頑張りましょう.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

思いついたことを延々と(セミとセミ)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎教室の竹村です
前回セミの話を振ったので、シーズンオフですがつらつらと書いてみます。
この近辺には、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクホウシ、ヒグラシがいます。
※ここにクマゼミを加えるかどうかは際どいところですが、足すと6種類ですね。

種類別の特徴は図鑑みれば良いので、ここではセミを認識する状況別に書いてみましょう。

樹以外のものに止まってる→ほぼアブラゼミ
電信柱、家の壁、網戸、洗濯物、道行く人(!)などなど、アブラはどこにでも取っつきます。
他のセミは、樹以外のものに止まっているところはあまり見ません。
そもそもセミは樹液吸いたい&樹にタマゴ産みたいはずなんですが…よーわからんです。

道端に転がっている→ほぼアブラゼミ
死骸ではない場合もあり、うっかり触ると飛んだり鳴いたりする事があります。
ひっくり返っていても、足が開いていたらまだ生きています(足が完全に折りたたまれていたら死骸です)。
また、鳴くセミはオスだけで、セミの雄雌は腹部の様子で判別可能です。オスの方が先が丸いです。
アブラ以外の死骸は探してもなかなか見つかりません。ミンミンゼミもかなり数居そうなんですがね…

なんか夜中に鳴いてる→大体アブラゼミ
アブラゼミは暑くて明るければ鳴くようです。体内時計ドーナッテンダ?
熱帯夜だと、街灯付きの電信柱(=夜でも明るい)等に止まって鳴いてる事がありますね。
他のセミは完全に日が沈んだ後に鳴くのはまず聞かないです。

…そりゃアブラゼミしか居ないんじゃないかってなりますよね。
昔(生徒諸君が生まれるより前)、自分が虫籠に捕まえたセミの9割以上はアブラゼミでした。だいたいほかのセミ警戒心高くて近づくのすら難しいし…

例えばそんなところ注意して観察してみましょう。セミに限らず、よく見れば、きっと新たな発見がありますよ!
個別指導塾をお探しなら学習空間