2016年 4月 の投稿一覧

生徒の嘘をどうするか

個別指導の学習空間,八千代大和田教室・佐倉臼井教室の小西です.

 嘘を生まれてから今までに一度もついたことのない人間などいません.人間誰でも,程度の差こそあれ,嘘は必ずつくものです.人を欺こうとする嘘から,相手のことを思ってつく嘘まで様々です.「真実を言わない沈黙」というのも一種の嘘だと思います.すべての嘘を悪だと言う気はありませんが,人を傷付けるような嘘はもちろんつかないほうが良いでしょう.

 ことこういう仕事をしていると生徒の嘘というのは非常に気になります.オトナでも嘘をつくこともあるのに,子供ならなおさらです.何気ない子供の嘘が,我々の心を酷く傷付けることもよくあります.生徒がつく嘘でよくあるものはこんな感じです.

私「宿題やって来た?」
生徒「あ,やったんだけど忘れました」

まぁ,あるあるですよね.あるいは,宿題を丸写ししてきて「ちゃんとやった」と言うパターンです.後者の嘘はいけません.初めはきちんと叱ってやる必要があります.それがいかに馬鹿げた行為であり,誰にも何のメリットもない愚行なのだということを知らしめてあげないといけません.
 しかし,前者の嘘はどうでしょう.我々もこういう仕事をしているので,言葉のトーンと生徒の顔で本当のことを言っているかどうかくらい分かります.そもそも本当にやってあるのなら「忘れました」ではなく「帰って取ってきてもいいですか?」と聞くのが普通です.では,嘘だと分かったときにどうするか.一昔前の私ならどこかで矛盾が起きるまで質問攻めにしてその場で嘘を露呈させ,こっぴどく叱っていました.「やってません」と正直に言われても宿題をやっていないことは当然説教するので,嘘をつきたくなる気持ちも分からんではないです.ですが,これはあまり意味が無い,問い詰めることにあまり意味は無いんじゃあないかという気が最近はしています.大事なのは生徒が「嘘をついてはいけない」んだと自分で気付くことです.それがないと嘘をつくことが癖になっている生徒は治りません.なので,最近は明らかに嘘を付いているとわかってる生徒でも,一度その嘘を100%信じて対応するようにしています.もちろんそうしない生徒もいます.烈火の如く叱りつけることももちろんあります.ただ意識としては,一度認めようと思っています.そうすると,必ずどこかで辛くなるはずなのです.例えば宿題をやったと言ってやってなかった場合だと,僕は「忘れちゃったなら明日持ってきてね.必ずね.次忘れたら取りに帰ってもらうね」と言います.そうすると,実際はやってないわけですので,次までに終わらせて持ってこないといけないわけです.自分のついた嘘のせいで,明日までというハードなスケジュールで宿題を終わらせないといけない.自分がついた嘘が通ったのに自分が辛くなる経験を積まないと嘘をつく癖は治らないと思います.「嘘に責任を持つ」ということです.それを経験すると,嘘を付いたこともその生徒の成長に繋がるのではないか.最近はそんなことを考えています.

4月になり,新生活.特に中1はGWが終わるくらいまでは辛い時期になります.生活が劇的に変わります.勉強や部活などなど(部活のやり過ぎは本当に良くないですが),本当に忙しくて目が回りそうになるかもしれません.でも,ここでしっかり踏ん張って勉強も疎かにすること無く生活していれば,1年後くらいには「なんだ大したことないじゃん」と思えるようになっているはずです.何事もスタートダッシュが肝心.頑張ってください.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

身だしなみを整えよう

こんにちは。個別指導の学習空間、八千代台教室・習志野藤崎教室の高橋です。

さて、タイトルにもあるとおりですが、最近私は身だしなみを整えるように心がけています。

あ、いや別にいつもだらしない格好をしているとか、清潔感がないとかそういうことじゃないですよ。
例えば、

お財布を薄いものに買い換えて、服のポッケに入れても型くずれしないように気をつけよう。
キーケースを買って、今までジャラジャラしていた鍵を綺麗にしまおう。
ジャケットとズボンの組み合わせを少し気の利いた感じにしてみよう。

とかそんなことです。するとこんな効果がありました。

いままでジャラジャラしてた鍵をすっと取り出せるようになると、
うちに入る時も、出るときも何かスマートになった気がします。

お財布も薄くて軽いものにして、スーツがかさばったり重たくなったりしないので、
背筋を伸ばして歩きやすい気がします。

ちょっと気の利いたコーディネートで出勤すると、
やはり一つ一つの動きも丁寧になる気がします。

あくまで「気がする」だけですが、それでも清々しい気持ちで毎日を過ごせるので、やはり身だしなみを整えるのは大切だと思いました。

千葉 :千葉の塾なら個別指導の学習空間

最初の一歩

個別指導塾の学習空間、八千代台教室・八千代大和田教室の川田です!

みなさんこんにちは。
新学期が始まりそろそろ1周間経ちますがいかがでしょうか。
クラス替えがあった学年の生徒からは
「新しいクラスで仲いい友達と一緒になってよかったです。」
という話をよく聞きます。やはり友達と一緒のクラスの方が楽しいですからね。
精一杯学校生活を楽しんでいただきたいと思います。

そして進学した生徒からは
「部活どうしよう?」
という相談を何人かにされました。
新しいことを始めるも良し、前からやっていたものをやるも良し、
どちらにせよ悔いの残らない学生生活を送って頂きたいです。

ちなみに私は新しいことを始めました。
先週末、知人からお誘いをうけ、初めてボルダリングに行ってみました。
初心者でも意外に登れたので楽しかったです。
ハマりそうです。(笑)
以前からブログでも何回か投稿しましたが、
そろそろ本気で痩せないとならないのに全然出来ていません(笑)
「痩せねば・・・!とにかく何か始めねば・・!」
と思っていたところのお誘いでした。
痩せるかどうかはわからないです。しかしこれがきっかけにもなるかなと淡い期待を抱いています。笑

最初の一歩って何気に勇気が必要かと思います。(私もお誘いがなければ行けなかったと思います)
でもその一歩を踏み出さなければ何も始まりません。
みなさんも思い切ってはじめの一歩を踏み出してみて下さい。

そしてこの場をかりて宣言させて頂きます。
今年度こそ痩せます!!!!!!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間