作文

日本語も英語も

学習空間 八千代台教室 習志野藤崎教室の高橋です。

みなさん新学期いかがお過ごしですか。新しい勉強がスタートして、大変な思いをしてるかも知れませんね。
私も最近、新年度スタートを機に勉強に力を入れてます。特に、以前仕事で外国人に日本語教えていたり、大学時代はドイツ語を専攻していたり、と言うこともあって、日本語の勉強を総復習しています。

日本語の勉強と言うと、「日本人なんだし、話せればいいじゃん。そもそも勉強しなきゃならない程難しいの?」と言われそうですが、あなどることなかれ、たとえば

「昔々おじいさんとおばあさんがいました(1)。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました(2)。」

(1)では、おじいさんとおばあさん「が」となっているのに、
(2)では、おじいさん「は」、おばあさん「は」となっているのはなぜでしょう。

これを的確にこたえられる日本人は全日本人の1%くらいでしょう。わたしは仕事上、外国人からこういう質問を山ほど受けてきたので、答えられますが。
初めて出てきた情報は「が」、それ以降に同じ情報が出てきたら「は」をつかうというルールですね。

さて、このようにまず自分の母国語を客観的にとらえられるようになると、いいことがあります。
ずばり、自分の母国語を尺度にして、外国語との比較ができるようになり、結果外国語の理解につながります。
実際に先ほどの「が」と「は」の問題は英語の「a」、「the」の問題と非常に似ています。

I have a car. The car is made in germany.

みたいな感じですね。ほかにも、

このプリンターは壊れている。

を英語で書くと

This printer is broken.

となります。中学校の英語で「『~ている』は現在進行形だから『~ing』」としか教えられていなければ、

This printer is breaking.

としてしまうかもしれません(もちろんこれは間違えです)
ここでも日本語の知識が役に立ちます。
日本語の「~ている」は

1.「動作の進行」だけでなく
2.「動作の結果の状態」も表わします。

国文法の世界では1.の意味を持つ動詞を「継続動詞」と呼び、2.の意味を持つ動詞を「瞬間動詞」と呼んだりします。
なので、「壊れる」は瞬間動詞です。
このことをしっていれば、「~ている」に引っ張られてやたら「~ing」を使うことも少なくなるのではないかと思います。

まとめると、
日本語ができると、外国語の勉強にも役立ちますよ。

ということです。ではまた。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

譜面台と教科書

どうも~。語学大好きっ子の高橋です(最近は数学も好きです)!!

いやいや、それよりも
個別指導の学習空間 習志野藤崎・八千代台教室の高橋です。

さてみなさん、譜面台勉強法って知っていますか。知りませんよね。私が考えたんですもの。でも、内容はとてもかんたんです。教科書を譜面台に置いて勉強するだけ。
それでなにかいいことあるの~??って思っているかた。

あるんですよ。

奇跡の大発見が!!

なんとこの方法で勉強すると、苦手科目の勉強中も眠くならないんです。

これから、その理由言いますね。

そもそも普通に教科書を机に置いて勉強すると、それだけである程度姿勢が前かがみになりますね。
考えてみてください。ただでさえ前かがみになっているうえ、読んでいるのは自分が嫌いな科目の教科書。
こりゃ、、、、睡魔の重力に引かれて、いつ突っ伏して寝てしまってもおかしくありません。

そこで、そんなつまらない教科書を譜面台に置いてみてください。コツは譜面台の高さを調節して、ちょうど自分の頭の高さに教科書が来るようにすることです。
そうすると、否応なしに体は背筋を伸ばす姿勢になり、これにより、さきほどの「睡魔の重力」を限りなくを減らすことができます。だって、下向いてませんからね(笑)。
また、自分で教科書を手に持って勉強する必要もないため、体に負担がかからず、全神経を教科書の文面に集中できます。かくして、苦手科目でも、眠くならず、集中して勉強できると言うわけです。

何が言いたいかと言うと、上手に勉強出来るヒントは案外勉強以外の所にたくさんあるんですね~。
ではでは~。

千葉・四街道の塾なら個別指導の学習空間

最近、かわったこと

う~ん… ない!!!

はい、みなさんこんにちは。学習空間八千代台教室の高橋です!!

変わったこととか、楽しかったこととかって、いきなり聞かれても、ぱっと思い浮かびませんよね。
これってちょうど、先生に「このお題で作文書いてみて」って言われてもなかなか原稿用紙が埋まらないのと似てませんか。
そういうとき、私が生徒だったら

「え~い、メンドクサイ!!とりあえず嘘でも何でもいいから、それっぽいこと書いて作文終わらせよう」

と考えます(きゃー、悪い先生でごめんなさい。以下、これを「それっぽく作文トレーニング」と名付けます。)

というのも作文というのは、実は「自分が思っていることを言葉に変換して紙に書く」という自己主張的な作業だけではないと思うからです。
この作業はもともとは、

1 限られた時間内で文章を作り上げ、
2 それらを様々な技を駆使しながら、
3 相手に伝えやすく表現する

ためのトレーニングだと私は思います。
つまり、言葉という伝達道具のトレーニングです。(「それはちがうぞ高橋!!」という方、スミマセン。。。)。

とはいえ、そもそもなんでそんなトレーニングをするのかと言えば… ここからが大切

われわれ人間は言葉を使って考え、それによって自分自身を省みたり、表現したりすることが可能になります。
先ほどの「それっぽく作文トレーニング」は、このときに自分の頭の中で使う「言葉」のトレーニングでもあるわけです。
(ちょっと難しいですが、この自分が頭の中で考えるのに使う言葉を「内言」といい、人に話すときに使う言葉「外言」といって区別します)
なので、作文が苦手な人は、まずは自分の考えとは無関係に「それっぽく作文トレーニング」をしてみてください。
そうすれば、そのうち本当に自分の表現したいことも文章にできるようになりますよ。

ではでは~
千葉・四街道の塾なら個別指導の学習空間

句点,読点,カギ括弧.危ない誘いは語学のかほり?

個別指導の学習空間,四街道東・八千代台教室の小西です.

 小学生の頃,作文の書き方で次のように習った人が多いかと思います.
『カギ括弧の最後は句点を付けて閉じる』
と.即ち「こういうことです。」私は理系なこともあり,読点はカンマで,句点はピリオドで書くのに慣れているのであまり句読点は使いませんが,だいたいの人は上のように教わったはずです.私もそのように教わりました.
 しかし,世に溢れる小説を開いてみると,上記のように句点+カギ括弧で文を終える書き方をしている書物には今だに出会ったことがありません.最近は小説が好みだと前回書きました.今はトマス・ピンチョンの『逆光』という小説を読んでいる(もう2ヶ月近くぶっ続けで読んでいるのですがまだ半分くらい残ってます...また機を見て紹介します)のですが,句点を付けずにカギ括弧のみで終わるというのが普通なようです.作文と小説では書き方の作法が異なるのでしょうか?難しいところです.調べても良い資料が出てこなかったので,詳しい人は教えて頂けると幸いです.

 さて,句読点のお話をしたついでに数学のお話もしましょう.数式を見るだけで蕁麻疹が出るような人もいるかと思われますが,まぁしばしお付き合い願います.数学で使う文章には基本的に一切の無駄がありません.書かれていることにはほぼすべて意味があります.例えばカンマ(,)もその1つです.文章の中で次のように書いてあったとします.

もちろん前後の文脈を読まないといけませんが,大抵の場合この文は「 かつ 」を意味します.「かつ」というのは英語で言う”and”で,文の意味は「 と  が同時に成り立つ」であります.

 このようにカンマは数式で用いた場合はほぼ例外なく「かつ(and)」を意味します.何気なく使っている記号ですがちゃんと数学では意味があるのですね.しかしながら,このカンマの意味が他の意味で用いられる場合が中高生の数学でも存在します.次の数式を見てください.

 よく見る2次方程式ですね.この文でもカンマの意味は「かつ」でしょうか?もしそうだとしたら後半は『 かつ 』という成立するはずのない文になってしまいます.この場合のカンマの意味は実は「または」なんですね.英語で言うと”or”です.どちらか一方が成立するという意味ですね.そうすると文の意味もしっくりくると思います.今まで当たり前のように書いていた数式も詳しく見れば非常に奥ゆかしい至宝であると言えます.灯台下暗しではありませんが,常日頃から身近なものに一歩踏み込んでいく姿勢は子供・大人問わず大切なことなのかもしれません.

 さて,最後になりますが1学期の中間試験も終わり(終わっていないところもありますが),またすぐに期末試験も始まろうとしています.良い試験というのはやったことを素直に書くことに加え,ちょっとした勇気と大胆さが要求される場合もございます.臆せずに,自分を信じて,筆を取りなさい.

千葉・四街道の塾なら個別指導の学習空間