個別指導

受験結果発表(四街道東教室と佐倉臼井教室のみ)

個別指導の学習空間、四街道東教室教室長・佐倉臼井教室講師の桑原です。

四街道東教室と佐倉臼井教室の今年度の合格実績をまとめます.
○大学受験
立教大学 立正大学 目白大学(特待) 帝京大学 

○高校受験
成田国際高校 2 検見川1 千葉西1 千葉南1 千城台高校2 市立習志野1 
市立習志野(商)1 四街道3 八千代東1 柏井3 佐倉東1 千葉工業高校1

今年は大学受験高校受験ともに第一志望が高めの挑戦ではありましたが,第一志望に合格した子も多く,なんとか無事高校大学に進学させることができました.
また,後期も志望校を落とさずに向かっていく生徒は多かったものの,最後には粘り勝ちを見せました.

というかブログかなり更新止まってましたね.

千葉エリアでは受験も終わり,いよいよ卒業のムードが漂う季節となりました.出会いと別れの季節です.この時期は生徒たちに感謝の言葉を並べ最後に「先生にしてくれてありがとう」とお礼を言うようにしています.
彼らが私を信じてくれなければドラマなど起きえなかったのだから,努力を形に変える瞬間に携わらせてくれたことに感謝せねばならないですね.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

良い先生とは?~「先生」のもつべき要素とは~

個別指導の学習空間、四街道東教室教室長・佐倉臼井教室講師の桑原です。
今年もあと少しで終わりですね!学習空間では冬季講習が始まっており,受験生の追い込みの時期に携わっています.
毎年思うのが,生徒たちの「顔」の変化です.退路を断たれて焦る気持ちに,勉強するという覚悟で応戦しています.
桶狭間の戦いにおいて奇襲をかける前の織田信長のような,「覚悟をするしかない」状況に自分を追い込んでいるのです.
覚悟を顔から感じる生徒は最直前になったときに成果が反映される印象があります.
そのような環境の変化に決して胡座をかいてしまわぬように,前を見て目標を見失わぬように,塾講師とは淡々と生徒に向き合わねばならない時期です.

さて,今日は塾を選ぶ際のポイントとして「良い先生の見つけ方」について話していきたいと思います.
以下項目ごとに話題をあげていくので,皆様の先生選びのポイントになったら幸いです.

① 勤勉であること
勉強の仕方を教えるわけですから,先生自身も学び続ける姿勢を保たねば,生徒に対して無礼です.
「勉強を教える」・「点数を上げる」だけではなく「思考を教える」という側面も持ち合わせているのがわれわれ塾講師なので,どれだけ生徒に対し真摯に向き合っているかの指標はここにあるのではないでしょうか.
ただ,「良い先生」は「生徒との距離を近づけるため」にではなく「適度な距離を取る」ために勉学に励んでいるので,生徒の気持ちにばかりすり寄る先生は良い先生と呼べないでしょう.

② 思考の柔軟性
他者や生徒からどれだけ学び取り,状態を察知して動くのか.
また,自分に足りない情報を生徒のために学んでいこうと思えるだけの行動力を持っていることは重要な要素としてあげられます.
「ムリ」「厳しい」からといって生徒の成長限界を決め打つのではなく,他の分野から多角的に選択肢を模索する行動力こそが講師としての力量を決めます.

③ 謙虚であること
②とやや内容が被るのですが,他者や生徒に対して真摯な教育を施すのであれば,自分の実力や実績に満足せず,謙虚な姿勢を保ちつづけることが重要です.
謙虚さがないと物事をフラットに取られることができないので,柔軟な思考で物事に対するために必要な要素だと感じます.

④ 生徒の努力に敬意を払えること
勉強を教える立場を何年かやっていると,生徒に対して,自分が勉強するときと同じ気持ちで解いていると錯覚してしまうときがあります.
「学び取る」という感覚は生徒一人一人,ひいては人間一人一人違うはずなので,「自分こそが正しい」という感覚は危険極まりないのです.
また,勉強に対して理由を持って定義づけをしているのならば,それは哲学であると呼べるので,そこに対してどれほど敬意をはらえるか.
生徒が「こういうやり方で勉強を進めよう」と漠然と感じていることだって哲学と言えます.
続けていることに対しては敬意を払うべきで,結果が伴っていないだけでぞんざいに扱われるのはフェアな扱いではありません.
趣味や部活動は続けることこそ正義,といった論調で語られるのに対して,勉強には続けることに敬意を払われることがないのはおかしいですよね.
少し話がそれましたが,こういった生徒の哲学に敬意を払いつつ自分のできることをするのが良い先生と言えましょう.

⑤ あきらめないこと
生徒は熱しやすく冷めやすいです.モチベーションが上がるときがあれば反対に落ち込むときだってあります.
落ち込んだときにも,先生があきらめないことは重要なスキルであると言えるのではないでしょうか.
また,あきらめが悪いからこそ教育に携われるところはあります.生徒の成長限界を決め打ちせずにできるところまでしっかり伸ばしていく.
理想論ではありますが,理想なくして教育なしです.

私は生徒に依存されない塾を目指していて,一番大切にしていることは「生徒に選択をしてもらう」ことです.
勉強しなくて助かるのも困るのも自分次第.やると決めたら素直にやりきる覚悟を持って臨んでいけるように,環境を整え,勉学に励み,日々己を磨いている最中です.
長くなりましたが,なにか参考になるところがあれば幸いです.では,また.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

ストーブリーグ

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!ここ最近めっきり寒くなりましたね。本格的にストーブやこたつなど暖房器具が頑張る季節になりました。部屋を暖かくして過ごすのは大切ですが、温度だけではなく湿度にも気をつけないと、インフルエンザや風邪になってしまうので湿度管理も徹底していきたいですね。ストーブの上にやかんを置いて、加湿しながらすぐに熱湯が使えるので、一石二鳥ですね。とっても便利です。

ところでストーブと言えば…そう!プロ野球のストーブリーグですね!(無理やり?笑)知らない人もいると思うので、一応説明させていただくと、野球のオフシーズンになると契約更改や選手の移籍の動きがみられます。それらの話題のことをストーブリーグと言います。野球のオフシーズンは冬なのでストーブが必要になることからこの名前になったそうです。ちなみに夏場がオフシーズンのスポーツはプールサイドリーグやビーチサイドリーグと呼ばれるそうです。
そんなストーブリーグ、今年はある球団がすごい補強をしていますね。他球団のFAの選手、自由契約になったメジャーの選手とも契約しており、たしかな情報ではないですが、まだまだ補強するとも言われています。補強ばかりで「やりすぎでは…?」とその球団のファンからも批判の声があるそうですね。来シーズンに向けて戦力を整えるということを考えると球団は正しいことをやっていると私は思っていますが…。
それよりも私が気になるのはFAなどで移籍した選手に対するブーイングです。以前在籍していた球団のファンの気持ちになるとブーイングやヤジなど飛ばしたくなる気持ちはわからないではないですが、プロの選手としてはより自分を評価してくれる球団に移籍するのは自然なことだと思います。もちろんこの場合の「評価」は年俸(お金)ですね。評価の基準としては年俸が一番分かりやすいですからね。選手によっては移籍(残留)の条件で「長年やっていて愛着のある球団でやりたい」「子どもの頃からの憧れの球団でやりたい」「慕っている先輩選手がいる球団に行きたい」など様々です。しかしそこには少なからず金銭もかかわってくる問題です。優秀な人材はより自分を評価してくれるところで、より輝ける場所で、と希望することは当然です。それが「プロ」というものだと思います。
でもやっぱり自分の好きな球団の選手が移籍すると寂しいですよね。しかしその選手の次のステージでの活躍を陰ながら応援していくことにします。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

読書と国語力の関係

個別指導の学習空間、四街道東教室の野依です^^

突然ですが皆さんは小説など、本を読みますか??
漫画や雑誌などではなく、物語で字がびっしり書いてある本です!笑

私自信の話をすると、中学までは学校に「朝読書」というものがありました。登校してから1時間目が始まる前に、みんなで読書をする時間が設けられるのです。しかし、高校に入学したくらいからそういった機会はめっきり無くなり、本は全然読まなくなってしまいました。高校からの勉強は中学までとはレベルが全然違うので、逆に参考書は沢山読むようになりましたが。。。

こういった機会って大人になるにつれ、自分から時間を作らないと、なかなか難しいものがありますよね?ここで、フィリピンの小学校100校を対象にしたある実験データを紹介します。

対象となったのは小学4年生で、100校のうち半分の学校の生徒には、1ヶ月「読書マラソン」というものを実施しました。これは、期間中毎日1時間、本を読んだり単語ゲームをしたりするものです。一方、残りの半分には期間中なにもしませんでした。期間終了後、「読書マラソン」を実施したグループは、実施していないグループに比べて平均7冊本を多く読んだという結果になりました。それに加えて、実験終了後も読書を続け、プライベートの時間でも読書量が増えたそうです。

その後、国語の標準テストを行うと、「読書マラソン」を実施したグループは、実施していないグループに比べて、驚くことに偏差値が0.13高かったそうです!さらにテスト結果を詳しく分析すると、単語力や読解力が強化されていたことが判明しました。

みなさんはこの結果を見て、どのように感じますか?
国語と読書が如何に関係しているかということが分かると思います。読書の時間を作るのはなかなか難しいという人も、勉強の息抜きでもなんでもいいです。たまには参考書だけでなく、読書をしてみたらどうでしょうか?それが習慣化できるようになれば、きっと伸び悩んでいる国語の成績も上がるはずです!!

私も読書をする時間を作るように頑張るので、どなたか「これが面白かった」とか「感動した」とかオススメの本を教えて下さい!

では今回はこのへんで!!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

受験に向けて

個別指導塾の学習空間、西白井教室の木原です。
今年は暖冬だとよく言われています。北海道札幌市で128年前の最も遅い初雪と並んだそうです。
そうは言っても寒くなりましたので、体調管理には注意していきたいものです。
さて、ほとんどの中学校で定期試験も終わって、時期的にどの子たちも受験に向けてしっかりと
学習していかなければいけません。
この時期からぐんぐん伸びていく生徒もいれば、伸び悩む生徒もいます。
この差が何か?生徒たちを見てて感じることはやはり「気持ちの強さ」が大きいと思います。
ありきたりですが、気持ちが変われば行動が変わります。
・志望校がはっきりしている。
 行きたい高校が決まってます。その学校に「行きたい」と言える子たちです。
 「行けたらいいな」、もしくは「成績伸びたら受けようかな」ではなく、「行きたい」と
 言います。結果論で志望校を決める子は、伸び悩むことが多いと感じます。
・競争心を表に出せる。
 他の子に負けない、負けたくないと言います。競争心はどの子にもありますが、表に出せる子は
 そんなに多くありません。
 他の子が遊んでいるとき、その子は勉強しています。
 他の子が勉強しているとき、その子も勉強しています。
この子たちは伸び悩む時期があっても、そこを乗り越えて、しっかり伸びていきます。
生徒たちの性格に因るところもありますが、出来るだけ言える子たちに育てていきたいと思っています。
残りの期間が生徒たちに有意義であるよう、志望校合格目指して頑張ります!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

映像授業~先生が選べる時代の到来~

個別指導の学習空間、四街道東教室教室長・佐倉臼井教室講師の桑原です。
秋も深まってきて,そろそろ進路を決める時期ですね.受験生にとっては演習が大事になってくる時期といったところでしょうか.

私は仕事柄、本屋によく立ち寄って教材を物色するのですが、ふと思ったのが、You Tubeやアプリなどで授業を提供する形が多くなってきているということです.なんといまや設問にQRコードが付いていて,読み込むとその設問の解説を聞ける,といった作りになっていて驚きを隠せませんでした.ここ2~3年で教育業界の進歩を肌で感じています.

教材販売会社や新聞社なども,映像授業に力を入れていて,今や「授業の映像化」は最も注目されているコンテンツです.今まで以上に教材が多く氾濫する時代が来ていると言っても過言ではないですね.なのでどのように自分にあった教材を選ぶのかが重要になってきます.生徒に合う教材を使って指導していく我々としては,指導の幅が広がったことは喜ばしいことです.

他塾では映像授業のみで営業しているところもあります.教材の多様性の広がりとともに塾のあり方も変化し続けているのがわかりますね.
教材とともに教育のあり方も変わってきていると感じています.「教師を選べる時代」と言ってもいいでしょう.塾の到来によって教師の選択肢は増えましたが,インフラの整備によって,いまや地域的な制限を受けることなく,よりいっそう教師を選べる時代が来ているといってもいいでしょう.

 私の教室でも,映像授業を使うことはあります.しかし,基本的には参考書を使って勉強をしてもらうことのほうに重点をおいています.生徒の特性および実情に合わせて映像を使うのか,参考書を使用するのかを決めて勉強を進めてもらっています.前に進むために必要なのは,総合的な舵取りです.努力を点数に結びつけ,ひいては合格のために,我々講師は使える教材を吟味して,その妥当性を考えて指導にあたっています.勉強の本質は調べて学んで考察することなので、我々塾講師も生徒以上にその態度で居なければなりませんね。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

体調管理

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!最近は冷え込む日が増えてきましたね。寒暖差が激しくなってきたので体調管理には十分気をつけましょう。

体調管理でふと最近ふと感じたのが、体調を崩す生徒が多くなってきたなぁということです。上にも書きましたが季節の変わり目で寒暖差が激しいことに加え、体育祭や文化祭などの学校のイベントもこの時期に集中していることで疲れがたまっている子が多いのかもしれませんね。中学生になるとやらなきゃいけないことが増えます。勉強はもちろん、部活、委員会活動、習い事、等々…。それらに加えて体育祭の準備が加わってもういっぱいいっぱい…。分かります。大変ですよね。
そこで体調管理のコツを紹介したいと思います。
まず大切なのは、「食事」「睡眠」です。これ一年中気をつけなければならないことです。バランスのいい食事を3食しっかりとる。睡眠をしっかりとる。言わずもがなですよね。秋が旬のおいしい食べ物も多いので食べるものの栄養をしっかり考えて摂るようにしましょう。カボチャやサツマイモは体内温度を温めてくれるそうなのでおススメです。
また、お風呂にしっかり入ることで睡眠の質を高めることもできます。シャワーだけで終わらせないで、40℃ぐらいの湯船にゆったりとつかることで寝つきが良くなりぐっすり眠ることができます。学校や塾で寝るぐらいなら部屋でしっかり寝るようにしてくださいね。
さらに、忘れてならないのが水分補給です。夏は熱中症対策に水分補給は大切ですが、この季節は汗をかかなくなるので水分補給を忘れがちです。水分不足は風邪の予防にも効果的です。こまめに水分を摂ることも大切なんです。

これから受験を控えている受験生はもちろん、そうじゃない生徒もここで紹介したことを実践して健康にこの秋、冬を乗り切りましょう。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

大学入試制度こう変わる

個別指導の学習空間、四街道東教室の野依です^^

今回は、大学の入試制度改革について書こうと思います。かなり真面目な内容です!!笑

既にご存知の人もいると思いますが、センター試験は来年2019年度で廃止されます。これに変わり、翌年2020年度からは、新たに「大学入学共通テスト」というものがスタートします。

つまり、今の高校1年生から、新しい入試制度で受験に臨むということです。新しい入試制度での受験は、分からない部分も多いので不安もあると思います。ですが、事前にしっかり準備さえしておけば臆することはありません!

まず、現在のセンター試験からの大幅な変更点としては、記述式の問題が導入されることです。センター試験は全てマークシート方式で実施されていますが、共通テストでは、一部に記述式問題が導入されます。導入当初は国語と数学で実施され、2024年度以降からは地歴・公民、理科分野でも導入予定だそうです。

現在までに実施されたプレテスト(試行調査)では、国語は記述式問題の無解答率は低かったものの、正答率は非常に低かったようです。一方、数学に関しては正答率が非常に低いだけでなく、無解答率も高かったそうです。今のうちから記述問題の演習はしておいた方が良さそうですね!

さらに、英語は「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価する方向に大きく変わります。現在のセンター試験では「読む・聞く」を評価しているとされています。しかし、残りの「話す・書く」をセンター試験のような大規模な集団に対して、試験を実施することは難しいものがあります。そこで、既に4技能の評価を行っている、民間の資格・検定試験を活用する方向にまとまっているそうです。どうやら、英検も持っていて損はないということです。積極的に受験してみましょう!

英語は2023年度まで、共通テストとして実施する試験と、民間の資格・検定試験の両方が用意され、各大学によっていずれか、または両方を利用できます。自分の受けたい大学によって変わる部分なので、しっかり下準備をして本番に臨みましょう。

これら以外にも、細かい変更点が多々あるので、大学受験を考えている人は是非一度、自分でも調べてみてください。大学受験は情報戦でもあると思います。いかに、的確な情報を集められるかの戦いでもあるわけです。その上で初めて受験資格を手にできるのだと思うので、まずは情報収集からしっかり始めていきましょう!誤った情報に翻弄されてはいけません!

かなり堅い内容になってしまいましたが、、、、今回はこの辺で!!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

旅行

個別指導塾の学習空間、西白井教室の木原です!

めっちゃ久しぶりのブログです!ちょうどネタがあります(笑)
先日、新潟県の新発田市にあります月岡温泉に行ってきました!
※新発田は「しばた」と読みます。
月岡温泉が新潟駅から車で50分くらいのところだったので、新潟駅で待ち合わせして、観光名所など探してみましたが、時間が・・・。
残念ながら、がっつり観光というわけにはいきませんでした。
しかし、さすがは米どころ!食べ物最高でした!
今度またゆっくり来たいと思います。間違いなく、体重増えました。
新潟で食い倒れするとは思いませんでした(汗)

さて、旅行すると中学生の教科書にも載っています「奥の細道」を思い出します。塾講師やってるからでしょうね。
もう少しすると旅への思いについて学習する生徒が多くなります。

「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。」で始まる奥の細道。

めちゃくちゃかっこよくないですか?
長い旅をしたことがないので、羨望もあるかもしれませんが、冒頭部分だけでもとても魅力的です。
浪漫がそこにあるようにも感じてしまいます。
この単元の時には、奥の細道のかっこよさについて生徒に話すこともあるのですが、
まだ共感してくれる生徒はいません。(そりゃそうですよね。。;
もちろんこれから人生を旅することできっと共感できるタイミングが来ると思います。
私は毎年教えるので冒頭部分も暗記してしまっていますが、どの生徒にも覚えていてほしい単元ですね!
※この単元は暗唱させる学校の先生が非常に多いです。とても共感できます(笑)

千葉の塾なら個別指導の学習空間

未来の辞書

こんにちは。学習空間八千代台教室・習志野藤崎教室の高橋です。

いきなりですが、私は語学好きです。具体的には、ドイツ語、英語、そして最近はイタリア語もやろうと思っています。ところで、「辞書」そして「文法書」、これらは語学を学ぶ人にとって欠かせないアイテムです。皆さんも英語の長文を読むときには、まるで「お守り」のように手元に辞書や文法書を置いているのではないでしょうか。「わからない単語、文の構造が出てきても、もう安心。俺の手元にはメシア(救世主)がいるのだ」と感じているかもしれません。今回はこの辞書について私が思っている事を書き連ねていこうと思います。なお、ここでは「語学学習」に使う辞書に限定して話を進めていきます。従いまして、もっぱら英和辞書の話になります。

そもそも辞書はどのようにして編纂されるのかお話ししたい所ですが、その前に、まず「ことば」の特性についてお話していきます。ソシュールによれば、「ことば」とその「意味」はただ社会の中で「約束事」として共有されているだけとのことです。たとえば、かつては whom という単語で「whoの目的格」を表していたのに、いつの間にか who だけで主格・目的格を表すようになりました。大昔、二人称の単数形は thou という専用の単語がありましたが、二人称複数の you が兼任することになりました。もともと dog という単語は「オス犬」の意味です、「メス犬」は bitch と言いました。でも今はオスもメスも dog です。 bitch の方は、「女性に対する蔑称」としてのスラングになりました。このように「言語表現(シニフィアン)」と「意味(シニフィエ)」の関係は恣意的で「社会内でそうしようと認定されているにすぎない。だから、もっと楽な選択肢があればそっちに変えよう」となります。上の例では、複数あった言語表現が一つに統合されていく様子が分かりますね。言語はエコが好ましいのです。

さて、そうなると人間の気分次第で新しい表現が生まれる事になります。そして、それが個人間ではなく、広く一般的に使用されるようになると言語学者の先生方が動き出します。この人たちは、最新のコーパス(人間のあらゆる言語活動を記録した膨大なデータベース:インターネットの検索エンジンなど)を手がかりに、新しい単語および単語の使われ方に目を光らせています。その時に特定の流行語や方言が広い範囲で使われている事を発見すれば、その言語表現は長い時を経て審議にかけられ、そのうちいくつかは最終的に辞書に収録されるのです。一方、紙面には限りがありますから、新しいものを収録したら、何かを削らなければなりません。その際は、「古くなって誰も使わないもの」、逆に「十分に人々の間に普及し、わざわざ辞書に載せなくてもわかるだろう」となった言語表現が削られていきます。辞書の編纂作業はこのようにして行われます。

辞書は、まるで「憲法」の様なものです。社会の移り変わりに合致させるように憲法も変わってしかるべきで、その際、もともと記載されていた事項を優先するあまりに、最新の現状を反映できないとしたら本末転倒です。同じようなもので、辞書の内容も社会に合わせて日々バージョンアップを繰り返しています。しかし、辞書には憲法の様な「拘束力」はありませんので、自分の言葉の使い方が辞書の記述と合致していなかったとしても、それが間違っているとは限らないのです。むしろ、目的格のwhoの例でもあったように、もともと間違っている表現でも多くの人が使うようになれば辞書にも載るのです。ここでもうひとつ例を。where の用法に「接続詞のwhere」と言うのがあります。この用法は高校でもあまり扱わないのであまり知られていませんが、辞書には確かに「whereには接続詞としての用法がある」と記載されています。いつからかは分かりませんが。しかし、高校で習わないことを考えると、かなり揺れている表現だと推測できます。ちょっと見てみましょう。接続詞のwhereとは次のようなものです。

We have to rent a car where we are visiting next week.
(来週行く予定の場所では、レンタカーを借りなければなりません。)

一見すると関係副詞のようにも見えますが、違います。先行詞が無いからです。また、

Where we are visiting next week, we have to rent a car.

のように主節と従属節を入れ替えることもできます。この振る舞いは接続詞のwhenにそっくりですね。英語ネイティブでもないのに大変恐縮ですが、これももともとは誰かの間違いから始まった表現ではないかと私は思います。多分誰か(ミュージシャンか新聞記者か大学教授かは分かりませんが、それなりに影響力のある人)が先行詞を省いた、もしくは言い忘れたのだろうと。一方で、英語には先行詞を必要としない不定関係代名詞がちゃんとあります、さらにwhenも接続詞ならwhereもいけるだろうという一連の類推も手伝って多くの人にすんなり受け入れられたのだろうと。その結果、辞書に乗るまでの地位を獲得したのではないでしょうか。

長くなりましたが言いたいことは次の通り。辞書の記述は社会の変化に合わせていくらでも変わってくる。だから単語の意味を調べるときも辞書を絶対視し過ぎるべきではないし、そもそもそういう使い方で辞書に接するべきではないよ、ということです。むしろ、言葉の変化の軌跡をそこに読み取り、この先どのように言葉が変わっていくか、それを予測するために辞書を使えたらいいでしょうね。

ではまたー!!
千葉の塾なら個別指導の学習空間