数学ガール

日本語も英語も

学習空間 八千代台教室 習志野藤崎教室の高橋です。

みなさん新学期いかがお過ごしですか。新しい勉強がスタートして、大変な思いをしてるかも知れませんね。
私も最近、新年度スタートを機に勉強に力を入れてます。特に、以前仕事で外国人に日本語教えていたり、大学時代はドイツ語を専攻していたり、と言うこともあって、日本語の勉強を総復習しています。

日本語の勉強と言うと、「日本人なんだし、話せればいいじゃん。そもそも勉強しなきゃならない程難しいの?」と言われそうですが、あなどることなかれ、たとえば

「昔々おじいさんとおばあさんがいました(1)。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました(2)。」

(1)では、おじいさんとおばあさん「が」となっているのに、
(2)では、おじいさん「は」、おばあさん「は」となっているのはなぜでしょう。

これを的確にこたえられる日本人は全日本人の1%くらいでしょう。わたしは仕事上、外国人からこういう質問を山ほど受けてきたので、答えられますが。
初めて出てきた情報は「が」、それ以降に同じ情報が出てきたら「は」をつかうというルールですね。

さて、このようにまず自分の母国語を客観的にとらえられるようになると、いいことがあります。
ずばり、自分の母国語を尺度にして、外国語との比較ができるようになり、結果外国語の理解につながります。
実際に先ほどの「が」と「は」の問題は英語の「a」、「the」の問題と非常に似ています。

I have a car. The car is made in germany.

みたいな感じですね。ほかにも、

このプリンターは壊れている。

を英語で書くと

This printer is broken.

となります。中学校の英語で「『~ている』は現在進行形だから『~ing』」としか教えられていなければ、

This printer is breaking.

としてしまうかもしれません(もちろんこれは間違えです)
ここでも日本語の知識が役に立ちます。
日本語の「~ている」は

1.「動作の進行」だけでなく
2.「動作の結果の状態」も表わします。

国文法の世界では1.の意味を持つ動詞を「継続動詞」と呼び、2.の意味を持つ動詞を「瞬間動詞」と呼んだりします。
なので、「壊れる」は瞬間動詞です。
このことをしっていれば、「~ている」に引っ張られてやたら「~ing」を使うことも少なくなるのではないかと思います。

まとめると、
日本語ができると、外国語の勉強にも役立ちますよ。

ということです。ではまた。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

楽器と脳

個別指導塾 学習空間 八千代台,習志野教室の高橋です.

最近も相変わらず寒い日が続いてますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。こちらは、三年生の受験がやっとひと段落、久しぶりに休みを満喫しておりました。
さて、私の趣味はチェロを弾くことですが、かれこれ半年ぐらいずーっと忙しくてなかなか引く時間がありませんでした。
楽器(特に木でできている楽器)というものは弾かない時間が長くなれば長くなるほど、音の鳴りが悪くなっていくものです。というのも、木製の楽器は毎日引くことによって、音の振動で木材内部が柔らかくなり、この柔らかさが豊かな響きを生むからです。案の定、かつて弾いていた時のチェロの音色を取り戻すために、数日間ずっと楽器のリハビリをしていました(なので、演奏を楽しむどころではありません)。

さて、このような現象は人間の脳みそも同じようにおこると思っています。毎日使わないと「頭がかたくなる」と言われるのは、まさにこのことだといえるでしょう。やわらかく、柔軟さに富む脳を維持するためにも、みなさんも我々講師も毎日頭を使い続けたらと思います。ただし、脳みそは楽器と異なり、一度硬くなったらそう簡単に元には戻らないそうです(これを専門用語で「化石化」といいます)。また、そのリハビリにかける十分な時間があるかといえば、それもなかなか難しいです(特に学生時代が終わってしまい、社会人になると本当に時間がありません)勉強といわれるものは、要は頭の体操のことです。脳がかたくなって化石にならないように、つねに「勉強」でマッサージしておきましょう。

ではまた~

千葉の塾なら個別指導の学習空間

真夏の夜の夢.良い「学び」を.

個別指導塾の学習空間,八千代大和田・四街道東教室の小西です.

先日はバーベキューお疲れ様でした.ご参加いただいた生徒諸君,ありがとう.旨い肉を食べられたかなと思います.

さて,僕は物書きが比較的好きな方なので,ブログとかも書きたいことは沢山あるのですが,いざ書くとなると「何書こうかなぁ...」と悩んで中々筆が進まないという現象に見舞われます.今も何書こうかなぁと考えているのですが...思いついたことを書いていこうかなというグダグダした回にしようかなと.纏まった.OK.

今は夏休み,小学生は遊び倒してるかな?中学生も1,2年生は遊んでるのかな?中3及び高校生は遊んでる暇なんてないですよ.よく世間でも「夏は受験の天王山」なんて言われていますよね.ですので,今まで成績が振るわなかった生徒も「夏で頑張ろう」と思って意気込んでいた(もう夏に入っちゃったので過去形で)のではありませんか?しかし,良く考えてみましょう.この話は夏に入る前に生徒にもちょくちょくしていましたが,例えば旅行.本格的な旅行となると,1ヶ月前くらいから「最初はどこどこに行って,次はどこどこの有名なお店でご飯を食べて」なんて言うふうにプランを一生懸命に考えますよね.超楽しみにしてた旅行だと1週間くらい前からもう旅行の事で頭がいっぱいになるはずです.「何しようかな何しようかな」って.でそのときにどれだけ考えを巡らせ,具体的で合理的なプランを考えたか如何によって旅行の楽しさが決まるわけです.何が言いたいかというと,デカいイベントの成否はそれが始まる前に決まっているということです.成績が振るわない人も「夏で何とかなる」と思って夏に入るまでスイッチを切り替えずに今まで通り過ごしてた人は,夏が終わってもあまり変わりません.夏に入るまでに「夏で爆発的に伸びるために今からやらなきゃ」と準備をして必死に勉強してきた人は夏でめちゃくちゃ成長します.でも現実は,中間地点で燻っている人達は「夏から本気出せば何とかなる」と思って何でもかんでも願いを叶えてくれる「魔法の夏休み」に期待するだけなのです.もちろん夏まではのほほんと過ごしてても,夏から本気出せば中3なら受験本番までに偏差値で言うと10近く,高3ならば偏差値5ちょっとは上がると思います.しかしそこから先ってなると,前々から夏の大事さを見越して,夏になる前から頑張ってた人達には到底及ばないのです.

じゃあ具体的に何すればいいの?って感じですか?
・中1,中2:夏期講習の内容以外だと苦手分野を克服するのが先決です.公立高校の入試問題はそんなに難しい問題は出ません.ですので,全教科で高得点を出せないといけないわけです.なので今のうちに「出来ないもの」を減らすようにしましょう.中2生なんかは中1の理科や社会の内容はなかなか普段は復習する時間がありませんが,夏休みは死ぬほど時間があります.中1の内容を復習するチャンスです.逆に上位層はどんどん先に勉強を進めましょう.進める力があるのに「復習が大事だ」と言って先に進まないのは勿体ないです.誰も学校で習ってない所はやっちゃいけないなんて言いません.とにかく自分の力量に合わせて先に進めるなら進んじゃったほうがいいでしょう.

・中3:中1・2の知識が抜けてる人はとにかく知識を入れましょう.夏期講習などで保管していますが,自分で能動的に学ばなければ意味はありません.多少キツイでしょうが夏で中1・2の内容は抑えておきたいところです.上位層はそれプラス予習も進めたいですね.特に数学なんかは出来るなら進めちゃって,とっとと中3の最後まで終わらせて入試問題を解きたいところです.

・高1:英語はとにかく夏で単語と文法をなんとかしましょう.塾では1ヶ月で500〜1000語覚えるようにやってもらってますが,必ず毎日やって1ヶ月でものにしてください.余裕があれば文法にも手を付けたいですね.正直,どんなに上位層の人でも高2の夏までは単語と文法だけでいいと思います.高校の英語の学習は「単語・文法→英文解釈→長文読解」という流れがメインです.リスニングや英作文はおまけでしかありません.なので高3になるまでに英文解釈を終わらせられれば十分かなと.また機会があれば教科別で何かしら書きます.数学は苦手な人は復習をしましょう.特に2次関数と場合の数をメインでやってください.2次関数は数Ⅲまでずっと使う大切な道具ですので,今のうちに躓きがないようにしたいところです.

・高2:数学だけ書きます.理系文系ともAB分野を克服してください.数I,数Ⅱは結構出来る人も多いのですがAB分野は苦手な人が多いし,入試でも必ず出題されます.確率・整数・数列・ベクトル,この辺をとにかく抑える.整数なんかは特に苦手な人が多い分野だと思います.しかし数学的にも非常に面白い分野ですのできっちり学んでいただきたいですね.

・高3:数学だけ書きます.理系で数Ⅲが終わってない人,夏が終わるまでに数Ⅲは必ず全部終わらせてください.本当は高3になるまでに終わっているべきなのですが,夏終わりまでに間に合えばまだ何とかなります.また,国公立志願者は遅くとも9月末までには2次試験は受かるレベルまで持っていけるようにしましょう.10月からはセンター対策一色ですので2次試験の勉強にあまり時間を割けなくなります.しかし,現実的には中々厳しいでしょうに,どこまで近づけるかという勝負になりますね.私が出講している大和田教室の高3の生徒も何とか先月で数Ⅲの教科書が終わりました.だいたいこれくらいがいわゆる「いいペース」です.

ざっと走り書きしましたがこんなもんですかね.あまりこういう話はしたくない人なのですが,まぁ夏だし良いかなと思って書きました.

そして大学生や社会人の皆さん.夏だから海や観光に勤しむのも大変結構ですが,大事な「学び」を忘れていませんか?貴重な時間,本を読みましょう.海やバーベキューよりも,あなたの心に残る1冊に出会える.そんな夏も優雅なものじゃありませんか.

最後にこの言葉で締めたいと思います.内容こそ簡単ですが,読むたびに数学の感動を与えてくれる稀有な1冊です.


僕たちは好きで学んでいる。

先生を待つ必要はない。授業を待つ必要はない。

本を探せばいい。本を読めばいい。

広く、深く、ずっと先まで勉強すればいい。

ー『数学ガール』結城浩


千葉
千葉・四街道の塾なら個別指導の学習空間