音声学

語学リハビリ

こんにちは、学習空間八千代台教室、習志野藤崎教室の高橋です。

久しぶりのブログ更新ですが、変わったことはといえば、そうですね。「チェロとドイツ語のメンテナンスに今まで以上に力を入れるぞ~っ!!」と日々精進してます。ww
楽器も外国語も(スポーツも)そうですが、やらなくなると一瞬でこれまでの積み重ねが砂の城ようになってサラサラ~っと消滅していきます。特に大学で高いお金を払って手に入れたドイツ語の力、これは絶対に失ってはいけないと思い、日々簡単ではありますがリハビリを行ってます。どんなリハビリか、ちょっと書いておきますね。英語の場合にも同様のリハビリが効果的です。特に入試が終わって受験のストレスから開放された中3の方、実は今から高校入学までにちゃんと毎日勉強を続けていたか、それとも完全に遊びモードになってしまうかで、入学後の偏差値が5~10変わります。特に語学はその傾向が顕著ですから、ぜひ実践してください。

簡単にできる語学力メンテナンス
1.視界に映るものを英語で言ってみる
語学力の基本は単語力です。みなさんはあの膨大な単語数を限られたわずか数ヶ月の間に覚えたのです。ただでさえ脳に負担がかかった状態でしたから、ちょっと気を抜けば簡単に抜けていくのは当然です。とはいえ、単語帳を一生眺め続けて生きていくのはなかなか大変です。なので、単語帳など使わず、身の回りにあるもので、チェックしていけばいいのです。たまたま、部屋の壁を見たら、そこに時計があった。じゃあ、時計は英語でclockだな。といった感じです。簡単な単語から、「え、これ英語でなんていうの」って言う単語まで色いろあると思いますが、わからなければその時調べて新たに覚えればいいのです。皆さんならできるはずです。

2.自分の考えてることを英語に直してみる
ちょっとハードルが高そうにも思えますが、大丈夫です。あくまでリハビリとしてのトレーニングですから、自分が中学で習った範囲の文法で英語に直しましょう。例えば

今日は友だちと喧嘩して、ちょっと気分が落ち込んでる。あした、仲直りしてみようかな。

と考えたとします。これがパッと英語にできるようなら、もう大学に合格できます。みなさんは、中学で習った範囲で大体でいいので英語にしてみましょう。例えば、

Today,something wrong happened between my friend and me. That made me sad. I will try to talk him again tomorrow and be friend with him again.

こんな感じでいいのです。元の文と大分変わっていますが、大切なのは、正確に英訳することではなく、頭をフル回転させて英作文をすることですから。
そして、数分後、あるいは数時間後、もしくは数日後、あそこの表現はこうしたほうがもっといいかもと思えればなお良しです、

3. 英文を、意味はおいといて、とりあえず音読する。
音読は外国語学習において非常に有効です。というのも、文法の勉強を通して身につけた単語の並べ方、コンマの使い方、文と文の関係などを一度にしかも正確に確認することができるからです。なるべく長い長文とそれの音読CDを用意しましょう。意味は完璧にわからなくてもいいです。ただし、どんな話の内容かなんとなくイメージはできるようにはしてください。発音、イントネーション、「間」に注意して、それ通りに真似てみるトレーニングをしましょう。ただ聞くだけでなく、自分の口を動かして実際に声を出すのが大切です。

私の場合これらのことを毎日ドイツ語と英語で実践してます。なので、なんとか語学力が維持できてます。
みなさんも、今が大切な時期です。是非毎日この3つのトレーニングをしてください。

ではまた~

千葉の塾なら個別指導の学習空間

日本語の音声

どうもこんにちは。
学習空間八千代台・習志野藤崎教室の高橋です。

今日も皆さんに語学トリビアをひとつ紹介します。
何語のトリビアかって、もちろん日本語のトリビアです。

唐突ですが、日本語のイントネーションについて考えた事ってありますか。
イントネーションというのは単語を発音したときの音程のことです。たとえば

「ハシ」という単語を発音するには二通りのイントネーションがあるのはご存じだと思います。

食事に使うほうは、音符で言うなら「ミ・ド」のように上から下へ音程が下がります。
渡るほうは、音符で言うなら「ド・ミ」のように下から上へあがります。

日本語のイントネーションはこのように「ド・ミ」の音程でだいたいとらえることができますが、そこには隠されたルールがあるのです。

ルール1.一音目と二音目は必ず違う音程になる(「ド・ド」や「ミ・ミ」は日本語としては変なイントネーションになります)
ルール2.一度音程が下がったら再度上がることはない(「ミ・ド・ミ」のようなイントネーションは変ということですね)

実際に読んでみましょう。

わたし ふたり ことり 源氏 厚い 静止 これらはすべて「ドミミ」の音程です。
おふろ ひとり ハモる 寒い 暑い これらはすべて「ドミド」の音程です。
インコ アフロ セット 平氏 生死 これらはすべて「ミドド」の音程です。 

文字数が多くなっても、さっきのルールは絶対です

防水カメラ 海水パンツ 運動クラブ 全部「ドミミミミドド」。
お便り お仕事 あさがお 目覚まし 全部「ドミドド」。

更に応用編ですが、形容詞は必ず最後が「ミド」の音程になります。ただし、ルール1により、一音目が「ミ」の時は例外です。

新しい(ドミミミド) 暑い(ドミド) さみしい(ドミミド) おおきい(ドミミド) 良い(ミド) きれい(ミドド)

さて何が言いたいかと言うと、私たちは誰に教えられたわけでもなく、このルールを当然のように使いこなして日本語を話しています。

日本人なのだから日本語なんて簡単と思っている方もいるかもしれませんが、
簡単なのではなく、難しいルールを無意識のうち使っているだけなのです。これが母国語(自分の国のことば)の不思議であり神秘でもあります。
もしかしたら、母国語こそ最も身近な外国語と言えるかもしれませんね。
ではまた~

千葉の塾なら個別指導の学習空間

日本語も英語も

学習空間 八千代台教室 習志野藤崎教室の高橋です。

みなさん新学期いかがお過ごしですか。新しい勉強がスタートして、大変な思いをしてるかも知れませんね。
私も最近、新年度スタートを機に勉強に力を入れてます。特に、以前仕事で外国人に日本語教えていたり、大学時代はドイツ語を専攻していたり、と言うこともあって、日本語の勉強を総復習しています。

日本語の勉強と言うと、「日本人なんだし、話せればいいじゃん。そもそも勉強しなきゃならない程難しいの?」と言われそうですが、あなどることなかれ、たとえば

「昔々おじいさんとおばあさんがいました(1)。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました(2)。」

(1)では、おじいさんとおばあさん「が」となっているのに、
(2)では、おじいさん「は」、おばあさん「は」となっているのはなぜでしょう。

これを的確にこたえられる日本人は全日本人の1%くらいでしょう。わたしは仕事上、外国人からこういう質問を山ほど受けてきたので、答えられますが。
初めて出てきた情報は「が」、それ以降に同じ情報が出てきたら「は」をつかうというルールですね。

さて、このようにまず自分の母国語を客観的にとらえられるようになると、いいことがあります。
ずばり、自分の母国語を尺度にして、外国語との比較ができるようになり、結果外国語の理解につながります。
実際に先ほどの「が」と「は」の問題は英語の「a」、「the」の問題と非常に似ています。

I have a car. The car is made in germany.

みたいな感じですね。ほかにも、

このプリンターは壊れている。

を英語で書くと

This printer is broken.

となります。中学校の英語で「『~ている』は現在進行形だから『~ing』」としか教えられていなければ、

This printer is breaking.

としてしまうかもしれません(もちろんこれは間違えです)
ここでも日本語の知識が役に立ちます。
日本語の「~ている」は

1.「動作の進行」だけでなく
2.「動作の結果の状態」も表わします。

国文法の世界では1.の意味を持つ動詞を「継続動詞」と呼び、2.の意味を持つ動詞を「瞬間動詞」と呼んだりします。
なので、「壊れる」は瞬間動詞です。
このことをしっていれば、「~ている」に引っ張られてやたら「~ing」を使うことも少なくなるのではないかと思います。

まとめると、
日本語ができると、外国語の勉強にも役立ちますよ。

ということです。ではまた。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

「ラクな発音」を求めて

学習空間習志野藤崎・八千代台教室の高橋です。

またの名を語学大好きっ子の高橋です(最近は数学も好きです)!!
ものすごく久しぶりのブログなので書くことが思い浮かばない!!
なので、私の独断と偏見でちょっと語学的な話をしちゃいます。
何語の話しかって、第一回目は、とりあえず日本語の話です(笑)。

さて、みなさんはなぜ、「日本語のハ行」には「パ」のように「マル」があるかご存知でしょうか。それ以外の行は「バ」のように「テンテン」だけですよね。この謎を解くカギとして江戸時代にこんななぞなぞがありました。

Q.はは には二回あうけど、ちち には一度もあわない。それは何だ?









答えは「唇(くちびる)」です。

なぜか??実は、江戸時代に「は」という文字 [ha] ではなく [pa] と発音されていました(ちなみに「ば」は今と同じで「ba」と発音されていました)。「ぱ」と発音してみると分かりますが、確かに発音する際に唇がくっついていますね。一方「ち」はどう頑張っても唇が合う事はありません。そして、意外なことにこの時点では現在の「は」の音、つまり [ha] という発音はまだ日本語にはありませんでした。

ところで、人間はストレスが多いのと少ないのなら、少ない方が好きですよね。言葉の発音の変化も似ていて、ストレスがより少ない発音方法へと変わっていく傾向があります。いちいち口を閉じて、息をため込んで一気に吐き出す [pa] よりも、最初から口をあけて、息を出す [ha] の方が楽だと言う事になって、現在の「は」の発音へ変わって行きました。そこで、じゃあもともとあった [pa] の発音を表すにはどうするかという事になって「マル」を付けることにしたのです。このような経緯で改めて「は」は[ ha]、「ぱ」は [pa] と発音するようになったのです。「ハ行」と「パ行」の知られざる歴史といったところですか。

ちなみに、更に面白いのが、「pa」から「ha」へと発音が変わっていく中で、通過点として「fa」という発音がありました。実際に発音してください。「ふぁ」。唇は完全に閉じているわけでもないし、だからと言って開き切っているわけでもないのが分かります。この「pa」から「fa」への変化を見ると、ヨーロッパの言語の歴史が分かります。ヨーロッパの言葉の多くはもともとラテン語だった単語をたくさん含んでいますが、その中に、pater(神父) という単語があります。[pa]は[fa]だから、置き換えると…fater。英語の ”father” という単語はここから来ています。その他にもラテン語の”pisces (魚)” から英語の”fish”などがあります。

やっぱり楽な発音に変えたいと言う人間の怠け癖は、世界共通のものなんでしょうね。では、今日はこの辺で、また機会があれば、語学トークをしたいと思います。ではまた~。

千葉の塾なら個別指導の学習空間