音楽

ピタゴラスって直角三角形だけじゃない!?

個別指導塾の学習空間,四街道東教室・佐倉臼井教室の桑原です.
千葉エリアでは昨日までお盆休みでしたね.
みんな夏休みの宿題終わったかな?早めに終わらせて二学期の準備しようね!

私は休みの間,音階の勉強をしていました.
音階っていうのは,ドレミファソラシドのことです.そんなの学ぶ必要なくね?って思うかもしれませんが,実はいろんな種類の音階が存在しています.
国ごとに違うとも言われているほどに,種類が異なるのです.
そんな音階のことを学んでいるうちに,ふと疑問に思いました.
 

「音階っていつ・どうやって生まれたのか」
 

調べてみるとなんと古代ギリシャまで歴史は遡ります.最古のものはピタゴラスが発見したとされています.
なんでも,鍛冶屋の縋の音の中に美しい響きがあることに気づき,美しい和音に対して探求が始まったことが契機だそうです.
どうやって決めたかというと,なんと「比率」で決めていたのです.
長くなるので,簡単にだけ説明します.
彼は、弦の長さの比に注目して、2対1、3対2 4対3 のとき、2つの音が最も美しい協和音になることを発見した。

低い「ド」の鳴る弦の長さを12とする 
 
低い「ド」:高い「ド」=12:6=2:1
「ド」:「ファ」=12:8=2:3
「ド」:「ソ」=12:9=4:3

というように,音に規則性があることに気がついたそうです・・・
私が嫌いな数学?の話か・・・と最初は思って構えていましたが,好きなことであれば人間頑張れるもんですね!
まだまだ続きがありますが,フタを開けてみたら,数学SUGEEEEEEEEEEEEEEってなるような話でした.
というか,この時代の偉人達は何か超越している気がしますね.現代においても多大なる影響を与え続けれる.凄いことですよね.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

音楽修行

個別指導の学習空間,四街道東教室・佐倉臼井教室担当の桑原です.

時間が経つのは本当に早いもので,気がついたらもうすでに指導始めてから2ヶ月が経とうとしているではありませんか!?

中学生はもうテスト期間ですね.終わった方もいるとは思います.模試もありますね.最後の最後までしっかり自分と向き合ってテストに臨みましょう!

 

 

話は変わって,自分の趣味の話をしたいと思います.

自分は楽器演奏や音楽鑑賞が趣味です.最近全然楽器に触れてない+合奏してなかったので,千葉県にある,とある喫茶店で「セッション」なるものに参加してきました.

セッションとは・・・全く知らない人たちと楽器を持ちあって,その場で譜面を渡され,演奏しあう合奏のこと.ただ演奏するのではなく,各楽器が決まった小節数ソロをやり,アイコンタクトで終わりにしたりと,緊張感と達成感の絶妙なバランスの中で行われる!!!(※ましてや全く知らない人と合奏するのでとっても緊張します笑)

まあセッション自体は初めてではないので勝手はつかめてはいたものの,最近合奏や演奏を全然やっていなかったせいか,譜面を読む「読解力」が衰えていました.頭で描いている音の流れをうまく表現できなかったり,思うように行かなくて歯がゆい思いでした...

 

その日は休み休み10曲ぐらい演奏しました.ほとんどジャズでしたね.涼しい感じの.ちなみに自分はジャズがニガテ...大好きなファンク系やラテン系は人気なかった...

30人位いて,交代交代で合奏するながれです.初心者からセミプロの方まで,いろんな人が年代を超えて参加してました.ちなみに最年少は自分でした.

音楽とは不思議なもので,何回か合奏を重ねていくうちに知り合いになったかような感覚になるのです.ましてやセッションはソロをやったりアイコンタクトを取り合ったりと,人柄が見える機会が多いわけです.これぞ「おともだち ならぬ 音もだち」というわけです笑これだからセッションは楽しいのです.吹奏楽や管弦楽やマーチングなどの統制された音楽では味わえない臨場感こそがセッションの醍醐味なのです.

その喫茶店で知り合った方々は老若男女さまざまな人がいました..しかしどの方も親切で,情熱を持って音楽をやっているカッコいい方々でした.

自分も負けていられないので,家に帰って基礎練を始めました.今のところ毎日続いています.ずっと続けたい趣味があることの幸せを再認識した一日でした♪

千葉の塾なら個別指導の学習空間

語学リハビリ

こんにちは、学習空間八千代台教室、習志野藤崎教室の高橋です。

久しぶりのブログ更新ですが、変わったことはといえば、そうですね。「チェロとドイツ語のメンテナンスに今まで以上に力を入れるぞ~っ!!」と日々精進してます。ww
楽器も外国語も(スポーツも)そうですが、やらなくなると一瞬でこれまでの積み重ねが砂の城ようになってサラサラ~っと消滅していきます。特に大学で高いお金を払って手に入れたドイツ語の力、これは絶対に失ってはいけないと思い、日々簡単ではありますがリハビリを行ってます。どんなリハビリか、ちょっと書いておきますね。英語の場合にも同様のリハビリが効果的です。特に入試が終わって受験のストレスから開放された中3の方、実は今から高校入学までにちゃんと毎日勉強を続けていたか、それとも完全に遊びモードになってしまうかで、入学後の偏差値が5~10変わります。特に語学はその傾向が顕著ですから、ぜひ実践してください。

簡単にできる語学力メンテナンス
1.視界に映るものを英語で言ってみる
語学力の基本は単語力です。みなさんはあの膨大な単語数を限られたわずか数ヶ月の間に覚えたのです。ただでさえ脳に負担がかかった状態でしたから、ちょっと気を抜けば簡単に抜けていくのは当然です。とはいえ、単語帳を一生眺め続けて生きていくのはなかなか大変です。なので、単語帳など使わず、身の回りにあるもので、チェックしていけばいいのです。たまたま、部屋の壁を見たら、そこに時計があった。じゃあ、時計は英語でclockだな。といった感じです。簡単な単語から、「え、これ英語でなんていうの」って言う単語まで色いろあると思いますが、わからなければその時調べて新たに覚えればいいのです。皆さんならできるはずです。

2.自分の考えてることを英語に直してみる
ちょっとハードルが高そうにも思えますが、大丈夫です。あくまでリハビリとしてのトレーニングですから、自分が中学で習った範囲の文法で英語に直しましょう。例えば

今日は友だちと喧嘩して、ちょっと気分が落ち込んでる。あした、仲直りしてみようかな。

と考えたとします。これがパッと英語にできるようなら、もう大学に合格できます。みなさんは、中学で習った範囲で大体でいいので英語にしてみましょう。例えば、

Today,something wrong happened between my friend and me. That made me sad. I will try to talk him again tomorrow and be friend with him again.

こんな感じでいいのです。元の文と大分変わっていますが、大切なのは、正確に英訳することではなく、頭をフル回転させて英作文をすることですから。
そして、数分後、あるいは数時間後、もしくは数日後、あそこの表現はこうしたほうがもっといいかもと思えればなお良しです、

3. 英文を、意味はおいといて、とりあえず音読する。
音読は外国語学習において非常に有効です。というのも、文法の勉強を通して身につけた単語の並べ方、コンマの使い方、文と文の関係などを一度にしかも正確に確認することができるからです。なるべく長い長文とそれの音読CDを用意しましょう。意味は完璧にわからなくてもいいです。ただし、どんな話の内容かなんとなくイメージはできるようにはしてください。発音、イントネーション、「間」に注意して、それ通りに真似てみるトレーニングをしましょう。ただ聞くだけでなく、自分の口を動かして実際に声を出すのが大切です。

私の場合これらのことを毎日ドイツ語と英語で実践してます。なので、なんとか語学力が維持できてます。
みなさんも、今が大切な時期です。是非毎日この3つのトレーニングをしてください。

ではまた~

千葉の塾なら個別指導の学習空間

趣味してました。

こんにちは。学習空間八千代台・習志野藤崎教室の高橋です。

きょうはバリバリ趣味の話をします!!(まぁ、たまにはこういうのもいいかと)
講師紹介にも書いてありますが、私はチェロとエレキベースを趣味としています。
エレキベースは中一からやっていたのですが、大学卒業後しばらくして、チェロに転向しました。独学ですけどね。
ここ五日間、休みを利用してチェロの練習に精を出してまいりました(一日13時間ぐらい練習したかな~)

休み初日は雨がふっていたこともあって、湿気に弱いチェロが情けない音を鳴らしておりました。
いまいち気分が乗らないまま練習終了。

二日目もやっぱり雨。よほど、私にチェロを弾かせたくないのかと、天気予報に文句を言いながら、黙々と練習。
やっぱり音色が情けない。。。張りがないと言うか、ペナペナしてると言うか。いよいよ私も心配になってきました。

三日目は雨下上がりましたが、やっぱり湿気は残ってました。降水確率は0%なので、これを機に楽器屋さんでチェロの調子を見てもらうことに。チェロ自体は異常はなかったようですが、弦が寿命だったそうです。私はチェロは初心者なので「柔らかくて、優しくて、豊かで、芯がある音がする弦がいいです!!」と注文したら、それらしい弦を持ってきてその場で張り替えてくれました。店員さんはニコニコ顔(ちなみにこの店員さんはイタリア人でノリも「柔らかい音ネ~!スゴイ良いのアルヨ~!!全部リフレッシュだよ~!!」とイタリアンでした)。弾いてみると、確かに、チェロが生き返りました。低い音から、高いのまで、つい昨日まで痩せ細ったひょろひょろの音が、見事に華やかさを取り戻しました。

おかげさまで、4日目と5日目はまた練習に打ち込むことができました。

さて、弦楽器をやってる人にとって、音が悪くなったら、弦を交換するというのは常識中の常識です。しかし、私ように初心者が不馴れだった物をある程度使いこなせるようになると、この常識というのを軽く考えがちになってしまうものです。こういうケースは、スポーツでも勉強でもあり得ることだと思います。数学が全然できなかった人が、ある程度時間がたってついに「お、俺、できるようになっちゃったかも」と認識したとします。するとこの人は、簡単な基礎計算よりも難しい公式を暗記をして、もっと高度なことがしたいと思い始めます。ここで注意すべきことがあります。間違った時に、「公式の暗記が中途半端だったのかな」とか「使う公式間違ったのかな」ということにばかり集中して、「基礎計算が間違っていたのかも」という最も初歩的なことを見落とすことがあるのです。

何かうまくいかないことがあったら、その原因を高度な次元に求めるのではなく、むしろ非常に初歩的なところから疑っていけるように心がけたいものですね。意外とすぐそこに解決策はあると思いますから。

ではまた~

千葉の塾なら個別指導の学習空間<

おかいもの~!!

学習空間習志野藤崎・八千代台教室の高橋です。

これまで払っていた車のローンがやっと終わり、浮いたお金でちょっと高価な買い物をした今日この頃です。

何を買ったかというと、チェロの弓です。私は趣味でチェロを弾いているのですが、チェロは弓(棒に毛が張ってあるアレです)で弾きます。そして、実はこの弓というのがチェロ本体以上に重要だったりするのです。おかげさまであんな木の棒に平気で80万円とか費やす人もいます(もちろん私はそんなお金ないので、せいぜい10万くらいのやつを買いました)。

この弓というやつは非常に繊細に作られています。重すぎず軽すぎず、硬すぎず柔らかすぎず、そして古すぎず新しすぎず、という観点からその完成度に応じて値段が変わるそうです。全部が◎だと余裕で100万円を超えるのだとか…

私はやや重たく、どちらかというと硬めのやつを選んだので、バランスという観点では△です。なので、そこまで値段が高くありませんでした。なぜ、それにしたかというと、重たい弓の方が、力を入れなくても低音が出しやすい感じがしたのと、また、そもそも消耗品である弓が柔らかかったら、ますます消耗しやすくなりそうで、その度に10万はさすがにきついわ~、と思ったからです。

楽器全般に言えることですが、チェロ本体にも弓にも個体差があります。なので、同じモデルの弓を何本か取り寄せてもらい、その中でさらに弾き比べて一番いいのを買いました。ではまた~。以上、最近の出来事でした。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

日本語の音声

どうもこんにちは。
学習空間八千代台・習志野藤崎教室の高橋です。

今日も皆さんに語学トリビアをひとつ紹介します。
何語のトリビアかって、もちろん日本語のトリビアです。

唐突ですが、日本語のイントネーションについて考えた事ってありますか。
イントネーションというのは単語を発音したときの音程のことです。たとえば

「ハシ」という単語を発音するには二通りのイントネーションがあるのはご存じだと思います。

食事に使うほうは、音符で言うなら「ミ・ド」のように上から下へ音程が下がります。
渡るほうは、音符で言うなら「ド・ミ」のように下から上へあがります。

日本語のイントネーションはこのように「ド・ミ」の音程でだいたいとらえることができますが、そこには隠されたルールがあるのです。

ルール1.一音目と二音目は必ず違う音程になる(「ド・ド」や「ミ・ミ」は日本語としては変なイントネーションになります)
ルール2.一度音程が下がったら再度上がることはない(「ミ・ド・ミ」のようなイントネーションは変ということですね)

実際に読んでみましょう。

わたし ふたり ことり 源氏 厚い 静止 これらはすべて「ドミミ」の音程です。
おふろ ひとり ハモる 寒い 暑い これらはすべて「ドミド」の音程です。
インコ アフロ セット 平氏 生死 これらはすべて「ミドド」の音程です。 

文字数が多くなっても、さっきのルールは絶対です

防水カメラ 海水パンツ 運動クラブ 全部「ドミミミミドド」。
お便り お仕事 あさがお 目覚まし 全部「ドミドド」。

更に応用編ですが、形容詞は必ず最後が「ミド」の音程になります。ただし、ルール1により、一音目が「ミ」の時は例外です。

新しい(ドミミミド) 暑い(ドミド) さみしい(ドミミド) おおきい(ドミミド) 良い(ミド) きれい(ミドド)

さて何が言いたいかと言うと、私たちは誰に教えられたわけでもなく、このルールを当然のように使いこなして日本語を話しています。

日本人なのだから日本語なんて簡単と思っている方もいるかもしれませんが、
簡単なのではなく、難しいルールを無意識のうち使っているだけなのです。これが母国語(自分の国のことば)の不思議であり神秘でもあります。
もしかしたら、母国語こそ最も身近な外国語と言えるかもしれませんね。
ではまた~

千葉の塾なら個別指導の学習空間

つつじ祭り・ダンス・HIPHOP・映画

個別指導塾・学習空間,八千代大和田教室・四街道東教室の小西です.

昨日は八千代大和田教室での相方,川田先生と一緒につつじ祭りに行ってきました.八千代市の木がつつじなのでつつじが花を咲かせる季節に催すお祭りなのでしょう.
出店もあって,それなりに楽しんだのですが,男二人でお祭を楽しみに来たのではありません.大和田教室の生徒がイベントスペースでダンスを披露するということで講師二人で観に行ったんですね.HIPHOPにバレエの動きを取り入れたダンスで観ていて面白かったです.Aさん,カッコ良かったですよ!

さて,HIPHOPってなんなのかご存じですか?
いつからか音楽のジャンルと勘違いされるようになったこの言葉,実はHIPHOPというのは生活スタイルの総称なのです.ラップ,ブレイクダンス,グラフィティ(壁にスプレー缶で絵を描くあれです)などのちょっとスレた若者の文化・生活様式を総合してHIPHOPと言うんですね.
良くラップミュージックが好きな男子をB−Boyって言いますが,Bって何のBでしょうか?これはBREAK DANCEのBからきています.B−Boyは元々ブレイクダンスを踊る男子のことです.この界隈の人がオーバーサイズのブカブカの服装をするのも(最近は綺麗にスーツ着たりしてるアーティストも多いですね),その方がブレイクダンスをしたときに体のシルエットが綺麗にかっこ良く観えるからというのが本来の理由です.

僕は昔はHIPHOPが好きで結構色々聴いてました.最近はロックばかりですが.EMINEMから入り,2PAC,JAY-Z,LL COOL J,NAS,Nelly,DMX,RUN DMC,50Cent,などなどです.日本語のラップもそこそこ聴いてました.

ちなみにゼルダの伝説神々のトライフォースのアイテムで「MCハンマー」というのがありますが,あれは当時MCハマーっていうアーティストが流行ってたからもじって付けたんでしょう.
ジョジョの第3部にヴァニラ・アイスというキャラクターが登場しますが,ヴァニラ・アイスはアメリカの白人ラッパーの名前です.最近はニューメタルみたいなことやってて「どうしたの?」って感じらしいんですが...wでもヴァニラ・アイスのスタンドのクリームはエリック・クラプトンが昔在籍していたブルースロックバンドなのでジャンルはバラバラなんですねw

何はともあれ,HIPHOPの世界に興味があるのであれば(僕も全然詳しくないですが),2PACの一生をドキュメンタリー風にまとめた「レザレクション」って映画があります.

810UM1whmoL._SL1378_

結構面白いので観てみて下さい.後はEMINEM主演の8Mileって映画も僕は好きです.

Eight_mile_ver2

タイトルの8mileってのはアメリカのデトロイト(EMINEMの出身地)にある8マイル・ロードっていう道のことです.デトロイトの都市と郊外の境界線で,この道を堺に富裕層と貧困層,白人と黒人の線引がなされているそうです.映画はデトロイトが舞台で8Mileって単語も大事なファクターになっています.
ちなみにこのパッケージのEMINEMが手になんか書いてますが,確かこの映画の主題歌でもあるEMINEMのLose Yourselfって曲の最初の歌詞だったと思います.

今日はなんか音楽の話になっちゃいましたねwたまにはこういうのも良いでしょう.

 

Look, if you had one shot, or one opportunity
To seize everything you ever wanted in one moment
Would you capture it or just let it slip?

Lose Yourself – EMINEM

個別指導の学習空間