魔滅まき

個別指導塾の学習空間、佐倉臼井・四街道東教室の桑原です。

新年初のブログです。あけましておめでとうございます。
中学生の皆さんはそろそろテスト3週間前ですね。ワークを計画的に進めていきましょう。

さて話は変わって来週は節分ですね.ここで節分のうんちくを1つご紹介したいと思います.
節分とは,春を迎える立春の前日であり,季節の分かれ目という意味があります.
昔は冬から春に変わるときを1年の変わり目と見ていたので,今で言う「大晦日」のような意味であったそうです.
古来より日本では季節の変わり目に邪気が集まるとされていたので,その邪気を様々な方法で祓っていく行事が多くありました.
その1つが今で言う節分の「豆撒き」です.

豆は穀物の精霊が宿っている神聖なものとして見られてたので,豆まき以外に神事にも使われていました.
また,豆には魔を滅するという意味で「魔滅」と漢字が当てられて邪気を追い払うものとして考えられていたそうです.
そして投げる豆は炒ってあるものでなくてはなりません.
これはなぜかというと,「魔滅を射る」という語句にもじったからではないかと言われています.

受験生の皆さんはラストスパートですね.たくさん不安や迷う時期ではあると思いますが,焦らず現状維持を心がけて走りきりましょう.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA