光るりんごと受験勉強

学習空間 西白井・鎌ヶ谷教室の齊藤です。

今月2回目の更新になります。更新をサボらない、忘れないって決めましたからね。頑張りますよ。

 

さて、今日は私の考える、入試までの受験勉強について少しお話したいと思います。ただ、私はまだ入社して日が浅く、経験値がありませんのであくまでも個人の考えとして見ていただければ幸いです。

まず、先日3年生からこんな質問がありました。

「先生、相談があります。入試に向けて勉強するのはいいのですが、範囲が広すぎてやる気になれません。どうすればいいですか?」

こういった質問って、かなり多いですよね。入試は5科目、1から3年生の内容が範囲として出題されます。もちろん、傾向や対策なんかはありますし、江戸時代は出るよ、とか、数学大問1は落とさないようにね、とか、テンプレのアドバイスは必ず伝えます。しかし、生徒もそんなことは学校の先生から聞いていますし、それ以上のアドバイスを求めてきます。

 

① 志望校の偏差値から目標点を決める

初めに、私は生徒に必ずこの話をします。自分の内申点を含めて当日は何点取らなくちゃいけないのか、高いに越したことはありませんが、まずは目標点を決めさせます。ここが決まらなければ、それに合わせた勉強ができませんからね。

② 各科目何点ずつ取るのかを決める

次に、目標の合計点から各科目それぞれの目標点を決めていきます。この時、生徒の得意科目や苦手科目を考慮して点数を決めるようにしています。そして、各科目の出題傾向も参考にし、ここは取れそうだから、ここは難しいからその分ここで取ろうなど、具体的にどこで点数を稼ぐのかも決めていきます。

③ 模試の結果をもとに、復習する単元の優先順位を決める

大人でも、仕事に優先順位をつけてタスク管理されている方いらっしゃいますよね。それと同じようなことをさせます。模試の結果を見て、先ほど決めた取るべき単元や問題を書き出します。書き出した結果をもとに、得意な科目や単元から優先度をつけてもらいます。ここで生徒から、苦手なものをやるべきなのでは?と必ず聞かれますが、私は得意科目や得意単元から学習して行った方がいいと考えています。理由は、勉強はやらなくても怒られないし責任を取るようなこともないからです。嫌なことはやりたくないですし大人の仕事と違い、別にやらなくても生きていけます。誰かに怒られたり生活できなくなるなんてこともないわけです。塾の先生がそんなこと言っちゃうの? いやいや、実際はそうですよね。嫌なことを継続してこなすことは難しいですし早い段階でやりたくなくなります。だったら、まずは自分の得意なところから始めて自信ややる気を出してもらう。できると楽しくなるのが勉強です。そして、できない、嫌いな科目や単元を我々講師がタイミングよくやらせるんです。もちろん、できるようにさせます。それが講師の役目ですからね。そこはまた別の方法があるので説明はしませんが。こうやって、生徒のモチベーションなんかも考慮して決めていけるといいですね。

ここまで決められれば、あとは実行するのみです。私は、自分でスケジュール管理をすることが苦手な子には指示を出し、計画通りにこなす練習をさせています。自分でできる子は口出しせず、見守ります。自分で考えて自分で管理し、実行してるんだ。こういった体験をさせるだけで生徒はやる気になってくれることがほとんどです。

簡単ではありましたが、ポイントを3つご紹介させていただきました。もう少し具体的に書きたかったですが、少しでも伝わっていれば嬉しいです。最後に、先日マックブックプロを購入しました。光るりんご、最高ですね。でもずっとWindowsで慣れてきてしまったので使い方がわかりません。

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA