佐倉臼井教室

面接対策しっかりしてる?

 

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です!

秋も深まってきて、だいぶ肌寒い日も増えてきました。昼と夜の寒暖差もあってか、風邪気味な人がちらほら出てきています。みなさん、体調管理にはしっかり気をつけていきましょう!

いよいよ、大学や専門学校では入試が本格的に始まってきましたね!この時期の入試は、主に面接や小論文を用いる学校が多いです。小論文はいわゆる作文のようなもので、ある課題に対して自分の意見を述べ、それについて客観的根拠を挙げて述べていくというものになります。厳密には作文とは異なるのですが、大半の人が作文自体は書いたことがあると思うので、経験といった面では馴染みがあるのではないでしょうか?しかし、面接はどうでしょう?入試で初めて経験するという人が圧倒的に多いと思います。なかなか日常生活では経験できないことなので、その分対策をきっちりしていかなければなりません!

つい先日は塾生の面接練習をしたのですが、入試直前にも関わらず対策が不十分だったため、深夜遅くまで付き合いました(^_^;) 確か時計は2:00を回っていたような。。。笑

面接の対策で必要なことは、まず「想定質問に対する回答の用意」と「自己分析」です。「想定質問に対する回答の用意」は、予想される全ての質問に対しての回答を網羅する必要はありません。志望理由など99.9%聞かれるようなことは、事前に学校についてよく調べた上で、確実に答えられるようにしましょう!回答を用意するときに大事なポイントは、まず結論から述べることです。「○○だからです。理由は・・・」という順番を意識しないと、話がまとまらなくなってしまい、聞き手に伝えたいことがピンポイントで伝わりません。

また、それと同時に「自己分析」もしっかり行っていきましょう。自己分析とは、自分の特徴や長所・短所、物事に対する価値観など、自分の強みを明確にすることです。ただ質問に対して一言で答えるのではなく、具体的なエピソードを交えて答えられるように考えていきましょう!これをしっかりこなすと、想定外の質問をされても答えられる可能性が高まります。

これらがしっかり準備できたら、あとは練習あるのみです!面接時のマナーを意識しながら、身近な人に協力してもらい、実践していきましょう。練習をしていくと、自分の話し方の癖や答えられない質問など、課題が沢山出てきます。よくありがちなのは、自分の用意した回答を丸々答えようとして、思い出せずにしどろもどろになってしまうケースが多いです。完璧に答える必要はありません。自分の言葉で話すことを意識していきましょう。なかなか一人では練習が難しいですが、一人でできることとしてはイメージトレーニングがあります。通学の合間でも、お風呂に入っているときでも、いつでも構いません。時間のあるときに質問に対してどう回答するか、頭の中で繰り返しイメージしましょう。これを繰り返すと、実際に練習したときに確実に生きてきます。

ここまでのステップを確実に踏んで対策していけば、本番もしっかり乗り切れるはずです!自信がなければ、何度でも練習を繰り返して自信につなげていきましょう。誰でも初対面の人に根掘り葉掘り聞かれるのは緊張しますが、「答えられない質問が来たらどうしよう・・・」と考えるのではなく、自分という人間をアピールする場だと思って臨んでください!みなさんの健闘を祈っています(^^)

 

千葉の塾なら個別指導の学習空間

中3向け英作文講座~後置修飾と関係代名詞の攻略~

個別指導の学習空間、千葉北総エリア 四街道東教室・佐倉臼井教室長の桑原です。

いきなりですが、今日は初学者向けの「後置修飾(名詞を修飾する語句)」「関係代名詞」の勉強方法について取り上げてみたい思います。

・中学英文法の中で挫折を味わうところはどこ?と問われれば、「後置修飾」「関係代名詞」と言われ、「どうやって勉強したらいいかわからん」「そもそも修飾ってどういう意味ですか。。。」と問われることが少なくありません。
これらの文法を指導するときに必ず言っていることは

英語からではなく、まずは日本語から作文してみること

これだけです。いきなり英語にできなくてOKなんです。
具体的には、「あるものを詳しくするはたらき(名詞に情報を付け加えている)= 修飾している」という感覚をとらえることを徹底するように言っています。
なので「日本語で作文→作った文の名詞に情報を付け加えていく」という流れを日本語からおさえていくことが重要になってきます。日本語で理解できなければ、英作文や英文訳に応用できないので、あえて英語ではなく日本語から英文法の理解を深めることが最も重要です。

まず例を見ていく前に文法の簡単な説明ですが、「あの走っている男の子を知っています」「泳いでいる犬をみた」などのように、「~<動作>している〇〇」とはたらくものを現在分詞といい、「話されている女の子はエミリだ」「彼は壊された窓を知っている」などのように「~<動作>された〇〇」とはたらくものを過去分詞といいます。「私は彼によって書かれた本を知っている」「私が使っているペンがみつかった」のように修飾している箇所が「関係代名詞(whom / which )+動詞+目的語」「関係代名詞(who/ which / that)+主語+動詞」とはたらくものを関係代名詞といいます。

いくつか例を見ていきながら解説していきます。

 

続きを読む

箇条書き子育て日記〜娘4歳〜

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室長の桑原です。
もとい新米パパの桑原です。今日は子育て日記なるものを書いてみようかと思います。
仕事の都合で子どもと関われるなかなかに時間が少ないのが寂しい今日この頃です。
自宅は船橋アンデルセン公園が近いのでほぼ毎月通っています。

幼児期の子どもの成長は恐るべきもので、あっという間にひらがなとカタカナが読めるようになって、ひらがなに悪戦苦闘しています。
絵本はここ最近すらすら読めるようになってきて、少しずつ内容も理解できるようになっているのか楽しそうな様子です。

私が読み聞かせ大好きなので、毎週日曜日は一緒に床について、絵本の読み聞かせをしています。
大体読んでいる途中に眠ってしまうのですが、その寝顔を見ると元気をもらえます。
時折奥さんが絵本を読む時があるのですが、娘と私で聞いていて、私の方が先に寝てしまうと奥さんから報告を受けたこともあります。笑

そう言えば最近保育園の給食を完食できるようになってきたとか。幼児期の食に対しては悩まれた親御さんもおおいのではないでしょうか。
うちは飽きてくると遊ぼうとして手が止まりがちになってしまうところがあります。「食べるのイヤイヤ」をする時もあるそうな。
保育園での給食は常に残したりと、食が好きではなかった娘が、完食できるようになってきたこと、自分から給食美味しいというようになったこと、ママの料理を美味しいというようになったこと、こういったことに成長を感じています。
なかでも、嫌いなしめじを食べることができたとか!パパでも苦手なのになんてえらいんや!と、思わず感じてしまいましたが、
同時にパパの精神的な幼さも実感し反省することに。笑

また、娘と私の食の好みが結構似ているのにも気がつきました。娘が苦手なものは私も苦手なことがほとんどなので、2人で頑張って夕食を食べるシーンもあります。もちろん奥さんには圧をかけられています。大人だから頑張りますけど、苦手なものは苦手なんです。だからしめじが苦手な娘の気持ちは痛いほど共感できます。

雑にはなりますが、今日はこんなところで終わりたいと思います。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

小学生おすすめ教材~算数嫌いの子向け~

個別指導の学習空間千葉北総エリア 四街道東・佐倉臼井教室長の桑原です。

あっという間に夏も終わりですね。体育祭に励む生徒がちらほら出てきています。
中には修学旅行や自然教室といったイベントの中止が確定して、悲しむ生徒もいました。
大げさではありますが、同い年くらいの子たちと一緒に山登ったりカレー作ったり観光したりする機会なんてめったにありませんよね。
「これって生徒にはわからないのかなぁ~」とか考えてしまい、年を感じました。笑

 

さて、今回は最近小学生指導で取り入れているちょっとした「楽しみ」の紹介をしたいと思います。
基本的には、みんな算国の勉強頑張ってくれているわけなのですが、勉強があまり好きではない子や勉強に気がすすまない子にとって
算国の勉強だけでは淡白になってすぎてしまい、「勉強がいやだ=アタマを使うことに対していやな印象を持つ」というふうになってしまうことは少なくないです。
そんな子達に対して算数国語が終わった子たちにやってもらっていることとは・・・ 続きを読む

コロナ禍の塾の様子2

個別指導の学習空間、四街道東教室・佐倉臼井教室教室長の桑原です。
だんだん日本ではコロナが収まってきているような印象を受けますね。四街道市・佐倉市ではちらほら学校へ分
散登校が始まってきています。6 月には学校がスタートしそうな雰囲気がでてますね。千葉市では夏休み期間を
発表していますが、佐倉市・四街道市はまだ発表がないです。
受験や部活の日程はどうなるのでしょうかね・・・
さて先週以前はコロナ期間を振り返った文を書きました
コロナ禍の塾の様子

今日はある中3生徒のことを紹介したい。
入塾当初は英語が苦手で、1年生レベルの基礎からスタートした子でした。
「be動詞とは何か」「一般動詞とは何か」から指導がスタートしました。単語を覚える姿勢もなかなか抵抗があり、「英語嫌い」が進んでいる印象を受けました。
案外このレベルからスタートする子は少なくない。
最初は英単語を覚える姿勢作り・英文法を使う・引き出す指導を徹底していき、ひとつひとつ粘り強く・辛抱強く指導させてもらいました。
彼にとっては、最初の3ヶ月は辛く苦しい期間だったようにも思えます。
やがてテスト前に差し掛かって、いざ定期テストに対策していくメニューに切り替えるころには、不安と自信が織り混ざったかのような奇妙な心情で挑む姿勢になっていました。実力を試したいけれど自信がない。
「自分の可能性に挑戦する」ことをスローガンにテスト対策をしていき
定期テストはなんと!約40点アップという結果をおさめ、本人と一緒に大喜びしたことを覚えています。

彼が最近、「先生、実はおれ前に英語で12点をとったことがあるんですよ」
とわたしに言ってきました。自分のトラウマとなることを人に打ち明けるには勇気がいる。私を信用していってくれたのだと思い、嬉しく感じました。

いまではコロナ禍を十分に活かして、中学の英文法をひととおり終え、入試問題レベルの問題を日々解いているところです。
入試問題は早いかとは思いましたが、彼が「入試問題やっていきたいっす」と言ってたのでどんどん進めています。
和訳にもガンガン挑戦していて、わからなかった単語をメモして覚えている彼のその背中には、過去の英語嫌いの彼の面影など微塵にも感じられませんでした。

これからが楽しみな生徒の話でした。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

コロナ禍の塾の様子

個別指導の学習空間、四街道東教室・佐倉臼井教室教室長の桑原です。
新型肺炎が猛威を振るい、佐倉市・四街道市・千葉市では学校が休校5月末まで休校を決めたところがほとんどです。全国的にも休校に向かっている傾向があります。とくに佐倉市ではクラスター感染が確認されたこともあって、かなり警戒を強めているいます。
東京では新型肺炎の患者数が下降傾向になっていて収束までの道筋が見えかけたいま、4月から今にかけての塾の様子を振り返ってみようかと思います。

4月の学校は全て休校です。
この知らせを聞いて塾生は「やったー!休みだ!」とはしゃぐ生徒がいる一方で「学校も部活もないならおもしろくない」と悲しむ生徒もいました。心は勉強<趣味に向いていて、「なにをしようかな」「たくさん好きなことしよう」「だらだらしよう」といった生徒が多かったような印象でした。まあ子ども心で考えると当然といえば当然ですね。
この時期私が生徒にかけた言葉は「学校の先生がビックリするくらい予習してやろうぜ!」という言葉でした。あとは「1ヶ月で100時間勉強しろ」ということもうるさいくらいに言いました。
塾としては学校がないというところをプラスに捉えて指導に当たっていて、前向きな気持ちでこの時期を乗り切るためには、生徒たちに「勉強やってみようかな」と思ってもらえることが肝要だと考えていました。
反対に、保護者の方々は今よりもこの時期の方が勉強への相談が多く、教室環境や社会への不安な声が多くありました。
トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの日用品がスーパーから姿を消してしまうという事態になっていたのが記憶に新しいです。この時期は塾ではトイレットペーパーやティッシュペーパーを無償で必要な家庭向けに配っていて、逆に塾のトイレットペーパーが尽きかけるという事態になったほどでした。

4月も終わりに差し掛かろうとする週になると、だんだん自粛生活になれてきて、自宅学習でのあり方も問いただされ、Youtubeに授業動画を上げる学習塾やYoutuberが多く出てきたのもこの頃だったと感じています。世の中の生徒は授業に飢えていたのかもしれませんね。

少しずつ生徒たちの中にも変化がありました。
「先生、私もっと勉強したいです!」
「暇で暇で仕方ないのでもっと塾に来てもいいですか?」
「家でも勉強したので宿題をくれませんか?」
といった勉強に気持ちが向いてきた生徒が増え、問題の解説をするたびにキラキラした目で指導を受けてくれる生徒も多くなってきました。
部活が無く、外での遊びも自粛しているせいか、生徒たちは体力が有り余っていて、勉強に向き合う姿勢は全員きっちりしてきたのかもしれませんが、講師としてこういった発言をされることは嬉しいこと。新型肺炎に振り回されて、塾のあり方を二転三転していて、少しずつ下向きになっていた私も生徒からパワーをもらったのを強く覚えています。

中3生のこなせる量が増えてきて、英文法が最後まで終わる生徒がちらほら出てきました。
中3生の顔に焦りが出てきて、受験勉強に向かおうという生徒も多くなってきた印象があります。
高校生もこの時期に差をつけてやろう!っていう声が多く出てきました。中学生の間に苦手だった英語や数学をしっかりやろうというスローガンのもと、一生懸命ニガテに向き合っていました。

大変な社会不安のなか、塾のあり方を意見・批判していただいたこともありました。
申し訳なく思う反面、塾のあり方を考えてくださるその姿勢に元気をもらっていました。
指導させていただくために、保護者の皆さまに協力していただくこともありました。

「どれだけ社会が不安に悩まされようと、教育の灯火を消してはいけない。」
かつて戦後における先人たちの中には、青空学校という名で教室がない中で「教育」を行っていた人がいました。
時代の変化を受けいれ、次につなげる姿勢を持つ。そのために自己研鑽を惜しまず、指導を反省していくこと。

すなわち

「変化を恐れず、変化を取り入れること」

私もまたそういった先人たちと同じ志でありたいと強く想い返した1ヶ月でした。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

家での過ごし方

個別指導塾の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です。

新年度初の投稿です。ずいぶん久々の投稿となってしまいました・・・が、2020年度もどうぞよろしくお願い致します^^

さて、今注目すべきはやはりコロナ関連です。つい先日、日本全国に緊急事態宣言が出されました。外出自粛をする中で、皆さんはどのように自宅で過ごしていますか?

生徒の皆さんは、もちろん家庭学習をたっぷりとですよね?(そうであって欲しいですw)
学校の授業が進まない今こそ、自分の苦手分野をしっかり復習できるチャンスです!この機会にしっかり取り組みましょう。

私はというと、普段は休みの日は外食に行くことが多く、千葉駅周辺や、ららぽーとなどによく出かけていました。しかし、今はとても外食なんてできません。。。

そこで、「美味しいものを食べに行けないのなら、自宅で美味しいものを作ろう!」ということで、ついこの前、餃子を作りました。実際作ってみると、餃子ってすごく手間がかかります。私は普段自炊なんてほとんどしないので、特に1つ1つ包む作業なんていうのはまさに修行でした(^^;

でも、苦労したからこそ、完成した餃子はとても美味しかったです!作るのはかなり時間がかかりますが、美味しすぎて無くなるのは一瞬でした!良い感じにできたので、写真撮っておいてブログにアップすれば良かったです。。。

これを機に「料理も良いな」なんて思うようになったので、また何か作りましたら、今度こそ写真を撮っておいて、ブログにアップしようと思います!逆に失敗しまくって飽きてしまったらごめんなさいwww

なにか、皆さんの知っている「初心者にも簡単にできる美味しいもの」がありましたら、私にぜひ教えてください!

ではまた!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

もう2019年終わり!?

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です!

今年も残すところ、あとわずかになりました。2019年は、皆さんにとってどのような年でしたでしょうか?
振り返ってみると、本当にあっと言う間の1年でした。

最近なんだか年齢と共に、1年が短く感じられてしまいます(まだ20代ですw)。小学校の頃の記憶と比べると、ほんとに最近は時が経つのが早いです!実はこのことを「ジャネーの法則」と言うそうです。結構有名なので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

この法則では、

「生涯のある時期における時間の心理的長さは、年齢に反比例する」

と主張しています。「反比例・・・・・?」と思った中学生以上の生徒の皆さんは、しっかり復習してください(# ゚Д゚)

例えば、5歳の人は、1年が人生の5分の1程度に感じますが、50歳になると50分の1程度まで短く感じるそうです!つまり、5歳の人にとっての1日は、50歳の人の10日分に当たることになります。

これから先の時間がどんどん短くなっていく気がして、少し怖い話ですね。でも、解決策もあるようです!

それは、「より新鮮な新しい経験」をすることです。大人になると、新しい経験をする機会が失われ、時間があっという間に過ぎていく用に感じられます。これを機に、来年は何か新しいことでも始めてみようと思います。なにか面白そうなことがあったら是非教えてください!

それではまた、来年もよろしくお願い致します!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

共に歩むということ

個別指導の学習空間、四街道東教室・佐倉臼井教室教室長の桑原です。

ブログはだいぶ久しぶりになってしまいましたね、、、申し訳ないです。。
10月から11月にかけては身の周りで沢山の変化がありました。
よく行くラーメン屋の店長さんが辞めちゃったり、もっとも親しい友人の結婚が決まったり
両教室で満員まであとほんのわずか、というところまで迫れたり。
変化が起きているのは身の周りだけではなく、私自身にも。
私事で非常に恐縮なのですが、この度結婚し家庭を持つことになりました。
12月11日に籍を入れ、引っ越しをし、新生活が始まることとなり、期待で胸がいっぱいです。
ただ、引っ越すと言っても千葉県の隣の隣の市に越すので勤務地は変わりません!
また、婚約者は娘さんがいる方なので一気にパパに飛び級です。来月ある保護者面談期間では、私から保護者の方に子育てについて相談したいです笑

結婚するにあたって一番懸念となっていた娘さんでしたが、それはもうものすごく懐いてくれていて心配がないくらいと婚約者にいわれています。
触れ合う時間は決して多くないですが、気持ちが伝わっていて嬉しい限りです。
というわけで今日はそんな新米パパなりたてほやほやの桑原の子育てトピックです。

娘は公園やホテルの中などなどいろんなところで遊びをせがむ怪獣のような年頃で、何を買うにもアンパンマンという言葉が飛び交うような子です。よほどのことではシンドいと言わない私ですが、「これだけは本当にシンドい・・・・」と思った遊びがありました。

それは「親子体操」です。

それはそれはハードな肉体労働なのです。。。
子どもをがんがん縦横無尽に動かしたり、子どもを膝の上にのせて曲げた状態で一本足バランスを取らされたり、子どもを抱きかかえた状態でジャンプを繰り返したり。。。
こんなことを「いっぱいやりたい」「もう一回やって〜」と目をキラキラ輝かせながら子どもにお願いされるので、世の中のパパ達が(というよりはパパ達の腰が)悲鳴あげている姿を想像することはそう難しくありませんでした。
「まあ娘の笑顔には変えられないな・・・」
体操で疲弊した私の捨て台詞を婚約者が聞いて「親バカやん笑ありがとう笑」と言ってくれたので、パパとしての務めは割と果たせているのかもしれないです笑

幼児期の子どもの成長は本当に早く、会うたびに成長しているのがわかるので驚かされることばかりです。
いままで我慢できなかったことが我慢できるようになったり、嫌いなものも頑張って食べれるようになったり
他の子に譲ってあげることができるようになったり、お絵かきがとても上手になったり、おやつを1日2個までに我慢できるようになったり。
塾講師という仕事をしている手前、生徒の成長に携わり喜びを覚える瞬間にはよく遭遇するのですが
「親」としての立場で子どもの成長に携わってみると、 また違った喜びの感覚になりますね。なんかこう、親として身が引き締まる感覚も同時に覚えるといいますか、喜び次の課題を考えるだけではダメで、支え方を考えなくてはいけないと引き締まるというような感覚。

一緒に遊んで
一緒にご飯を食べ
一緒に手を繋いで買い物に行き
一緒に歯を磨いて
一緒に家事をして
一緒に寝る

幼児期・結婚したてならではの共に歩んでいる感覚。
充実した毎日が待ち遠しい、新米パパの今日この頃でした。

千葉の塾なら個別指導の学習空間<

富士急行こうよ(^^)

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です!

先日教室の公式LINEアカウントより、「来年3月の校外学習会でどこに1番行きたいか?」というアンケートを実施しました。

候補は、「東京ディズニーランド」、「東京ディズニーシー」、「富士急ハイランド」の3つです。まだ回答していない方は、ぜひ回答をよろしくお願い致します!!

今の所、ディズニーランドと富士急ハイランドが上位2トップで、それぞれ半々くらいの票数を獲得しております(四街道東・佐倉臼井教室のみの結果です)。

千葉エリアでは、ここ3年ほど連続でディズニーランド・シーに行っているため、久々に富士急ハイランドにも行ってみたいと思っております。

富士急ハイランドは、ギネス級の絶叫マシンが揃った、大変ハードで楽しい遊園地です。私は山梨出身ですので、大学で千葉に来るまで、富士急とともに18年間過ごしてきました!!

当時は、1年に1回ほどのペースで通い、乗り物は全て制覇しました。自称“富士急マスター”です。ですから、ディズニーの乗り物なんて非常に生ぬるいと考えていますwww

言うなれば、ディズニーは雰囲気、富士急はスリルを楽しむところです。富士急は、千葉にお住まいの方々からすると、少し遠くてなかなか行く機会も無いと思います。ですので、ぜひこの機会に1度行ってみてはいかがでしょうか??

また、絶叫系が苦手な人も、覚悟を決めて参加してみましょう。恐怖を乗り越えることで、人として何か成長を感じられるかもしれません。。。

行き先はまだ確定ではありませんが、富士急に票が集まることを期待しつつ、皆さんの参加をお待ちしております!

ではまた!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間