習志野藤崎教室

思い出話③「大学編」

こんにちは。学習空間八千代台・習志野藤崎教室の高橋です。

かれこれ半年前ぐらいに書いていた思い出ブログシリーズ第三弾です。
えーっと、前回までのあらすじは、高校生の高橋少年が塾に入り、志望校に向けていい感じにエンジンをかけ、大変な努力の結果合格に至るというお話でした。今回は大学入学後の話です。では早速スタート。

③大学編

晴れて志望大学に入った高橋少年を待っていたものは。。。
それは夢と希望に満ちた大学生活!!!・・・

ではありませんでした。自分より先に大学生になっていた兄を見ていた私は、大学に入れば毎日自分のやりたいことができて、派手にサークル活動に精を出してバラ色の学生時代を過ごせるんだ!と思っていましたが、現実はそうでもなかった。全体的な大学の雰囲気としてなんとなく、なんかいまいちモチベーションが低いというか、じゃっかん卑屈な感じがするというか。なんだこれは??

すぐにその理由はわかりました、私にとっては第一志望であったその大学は、早稲田や慶應、上智に行きたかったのに不合格だったので不本意ながらここに来た、そういう学生も少なくなかったのです。実際、私も形の上では第一志望は上智だったので何とも言えません。。さて、この「なんとな~くいじけた雰囲気」によって高橋少年の心も徐々に冷めていきます。授業を受けてもなんか中途半端な雰囲気だし、ドイツ語に対する興味も徐々に失せていきました。サークルでもやっぱりこの雰囲気がどこかにあります。そんなわけで高橋少年は大学二年生にして、「こんな中途半端な大学ではおれの青春がだめになる。退学してもっかい受験しなおそう」というぶっとんだ考えに至ります。今だからこそ、それは大学のせいではなく周りの雰囲気に流されやすい自分自身の問題だと断言できますが、18歳の少年にはなかなか割り切れない心境というものです。

浪人して慶應に入った友達に連絡を取り、この相談を持ち掛けると「いいんじゃない!予備校のテキスト残ってるからあげようか!」ということになり、改めて受験勉強を始めました。ちなみにこの時初めて、小論文という科目の勉強法を知ります。また、英語の長文を要約し、英語で要約文をつくるトレーニングもしました。慶應の文学部は入試科目に国語が含まれていません。英語の問題で国語力を見るのでわざわざ国語という科目がいらないのです。世界史のプリントももらいましたが、かなりマニアックな情報が多いわりには、わかりやすくまとめられているプリントだったと記憶しています。その後、親にも悪いし勉強時間を圧迫しない程度にアルバイトをしながら、せっせと勉強に精を出す日々が続いていました。結果はご存じの通り、私は10か月ほど受験勉強を続けたのち、やはり受験をしないことにして自分の大学に戻ることにします。なにがきっかけでその決断をしたかというと、「この先、新たに大学に入りなおしたとして、その先に俺が求めるものがあるのか。むしろ、俺の主義や好みが今と同じ保証はあるのか」とふと疑問に思い、周りの環境や自分自身は不変なものではないと思い始めます。そして「環境も自分自身さえも絶えず変わっていくなら、今自分の置かれている状況を最大限有効活用すればいいのではないか」と考え至ったのです。

幸いなことに私の大学は、能力が高くしかも学生思いの教授がたくさんいましたので、まずはその教授から学べるものは学ぼう、とシフトチェンジしました。また、2年生の時にほとんど大学に行ってなかったこともあり、必修科目・一般科目を問わず大量に単位が残っている(大学はこの単位を集めることで卒業できます)。この状況も幸いでした。必修科目は1学年下の後輩たちと受けるので言ってみれば完全アウェイな状態です。だからこそ、友人関係なども生まれず勉強に集中できたのです。そんなわけで、私はサークルもバイトもあくまで程々にし、勉強中心の大学生活を送ったわけですが、悪くなかったですよ。専門であるドイツ語の力はどんどんついてきて、卒業時にはドイツ語検定準1級もとれました。一般科目の授業も大量に受講しなければならなかった。いっしょに受講するような友達はいませんから、せっかくなので興味のある科目を取ろうと、キリスト教音楽、キリスト教史、コミュニケーション英語などを受講しました。本当によく4年で卒業できたな。。。

人生とはどこで転機が訪れるかわからないものですが、高橋少年の大学生活もいい方向に転がったと思います。この後高橋少年はなんと、まだまだ勉強したりない、ということになり大学院進学を決意します(もはや、サークルに精を出して学生時代を派手に謳歌したかった高橋少年とは完全に別人です)。次回はラスト大学院編です。

ではまた!!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

今年の高校入試対策

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
見通せない状況が続きますが、見通せる範囲でちょっと気になってきていることが。
ええ、高校入試です。
(大学入試もすごーく気になりますが、今は置いておきます…!)

例年のスケジュールであれば、中3生は、夏休み前後の7~8月にペースアップ&1・2年の復習を本格的に始めます。
部活引退という節目でわかりやすいこともありますが、単に夏休みは時間を追加で確保しやすいからという理由も小さくないです。
ところが、今年はその夏休みが消滅の危機を迎えています…
というか、9月入学にでもしない限り、最低でも夏休みを返上しない事には、授業が追い付きませんね…
となると、夏に(塾での)勉強時間を大幅に増やす…という状態にしたくてもできない可能性が高いです。
このまま学校が6月に再開し、入試が2月末にある場合、私は夏休みどころか、まともな長期休暇がなくなる可能性が高いとみてます。
そうなると、学校のテストを心配しすぎずに、追加の時間を取って復習をする機会というのは、もう今月しかないかもしれません…!

要は受験生は今月、夏休みであるかのように、受験に向けて1・2年の復習をやっておくべきです。
学校が始まらず、高校見学にも行けず、正直、例年夏に受験生の持っていたようなモチベーションを保つのは難しいとも思います。
ただ、受験は競争、その状況は皆同じで、その点の不公平はないです。
最悪を想定しつつ、今はやれることを。

にしても、これ学校再開後がハードスケジュール。。。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

こわいものこわくないもの

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。

独り言書きながら調べものします。

さてさて、ウィルスウィルスと言いますが、そもそもウィルスって何ですっけ?
微生物の一種?いやそうでしたっけ。違うって高校で習った気はするな。
ああ、あった。書いてありますよ。
「細菌よりはるかに小型(中略)感染性の構造体をウィルスという」
…構造体!
モノによりますが、おおむね100nmレベルのサイズみたいですね。
よく紛らわしくなる細菌は1μmレベルのサイズですか。10倍~100倍程度の差かな。
我々の体内で勝手に増殖する(時に迷惑を被る)という点では、細菌もウィルスも似たようなもんですかね。
ただ、自力では増殖不可能という点で、ウィルスは生物の定義からはずれるようです。
なんか化学物質に近い気がしますね。生物自体、大元は化学物質なんて話は聞きますが。
対策としてはだから、抗生物質ではなくワクチン?
そもそもこの2つの違いってよく知らないですね…同じ部分も多そうですが、どうなんだろ

なんて色々見てると、いつの間に脱線しちゃうんですよね。それがまた楽しい。
そもそも怖いってのは、基本的に未知へのものへであって、完全に既知のものに怖いってあんまりないはずなんですよ(危ないはあるけれど)。
だとしたら、怖いへの対策は知ることです。
今は調べる手段には事欠きません。情報の真偽がわからない?調べればいいんです。調べたはいいけど、中身の情報が読み取れない?そりゃその分野の勉強不足ですね…じゃわからない部分をさらに調べましょう。わからないものがたくさんあったら、興味の向く順番にでOK!楽しんでやれてれば、きっといつの間にか詳しくなってますよ。未知の部分が残っても、何が未知かわかっていれば、怖い部分はだいぶ絞り込めるはず。コロナ、知るほどに危ないヤツだけど、これ自体の怖い部分はもう少ない。
…でもこの「状況」は読めなくて怖いです。。。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

公立高校受験 雑感

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
今年の2月3月はなんだか色々ありましたが、入試の結果が出ました。

今年度のそのいろいろの部分を、ちょこっとまとめておきたいと思います。
中3は思い出話に、中2以下は、今後の参考にでもしてください。

○津田沼高校の前期倍率が3倍超え、通算でも2倍近く。
県船などの最上位校では時々ある倍率ですが、このレベル帯の高校では珍しい高倍率でした。ただ、これは理由として思い当たるフシがちゃんとありはしました
・クラス数が減った
定員が360→320と40減るため、倍率が去年比で約1割上がるのはごく自然なことではあります。
元が2倍なら、クラス減直後に2.2倍になるのは納得です。
・昨年度が倍率がかなり低めだった
同レベルの高校なら、倍率が低い方が単純に合格しやすいです。
そのため、昨年度倍率の低いところに人が行き高倍率化、昨年度倍率の高いところは避けられて低倍率化…という大きな傾向はあります。
学校の取り組みなどでの変動もあり、一概には言えませんが、昨年だけでなく、それ以前の倍率も見るといいでしょう。
・制服が変わる
そんなんで変わるんですよ倍率…!
正直あの高校の制服は、見た目に関しては、悪い意見の方が確かによく聞きました。
というか、今だから言いますと、「あそこは制服がなぁー」って文脈はあちこちで聞いたものです。
それがどうです、今時のおしゃれで落ち着いた感じに変わるって話じゃないですか。
いいなー、私の時に変えてくれてもよかったのなー …なんでもありません。
制服が変わると、倍率も変わるよって話です。

と、3つも大幅プラス要因が被ってたんですね。
ここまで被ると、高倍率予想して・または見てから志望変更する人いてもよさそうなんですが、あまりいませんでしたね。
本当に行きたい人が多かったのでしょう。
制服とか昨年倍率とかではなく選んだ生徒もいました。一種の災難でしたね…無事合格できて本当によかったです。

○コロナで休校…
千葉は入試のタイミング的に影響が小さく済みましたが、動揺はあったかもしれません。
受験生の立場からすると一種の天災ではあるので、これはもうなんともです。
精一杯毎向きに取ると、中2以下の生徒さんは、これでもうインフル対策の予習は完璧ですね…!

つらつら書きましたが、皆さん、受験お疲れさまでした!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

家で一人で

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
県立高校後期入試、高校期末考査と、1年の詰めの試験のある時期になりました。
今日もそんな話題で書こうかと思っていました…が、ご存じの通りの状況に。

春休みが長くなった…と表現するには、あまりに時間の使われ方が限られています。
極論、外出するな、ですからね…
何もやる事が・やれることがない、という感覚の人も多いのではないでしょうか。

ですが、考えようによってはかなり貴重というか、珍しい機会です。
部活がなく、外出の予定自体非推奨という点で、夏休みよりも皆さんずっと自由です。
普段が部活に勉強にで忙しい・疲れるという感覚だったなら、まさにその対極。
もしかして、ずっとほしかった時間ではないですか?

だとしたら、今、何がしたいですか?
事実上、家で一人でやれることに限ります。
スマホで時間つぶす?…いやいや、一日中スマホ×数日間って、並大抵じゃ続きませんよ?
学校の勉強?模範解答ですが、次の定期試験がどうなるかわからない今、どこをどう進めましょう?

個人的には、今こそ興味本位で、誰にやらされるとか必要だからどうとかじゃない、やりたい勉強ができるんじゃないかと。
普段は時間に追われてやれない、何の試験にも出ないところを、面白そうだから調べるとか、じっくり考えるとか、です。
今時それこそスマホで大体のことは調べられますし、何なら解説の動画もあるでしょう。本さえ入手できれば、読書もいいですね。
高校レベルだろうが大学レベルだろうが、そんなのは気にしません。やりたければやればよかろうと。

敢えて例示しません。何が浮かびますか?
もし何も無ければそれもまたいい機会に出来ます。ちょっと立ち止まって、探してみましょう!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

入試の後に掛けたい言葉

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
もう千葉県は高校入試が目前です。

当然、そう遠くないうちに結果も出るでしょう。

望んだ学校に努力の末合格することはおそらく幸せで報われていて、本人にとって素晴らしい成功体験、プラスになるでしょう。
一方で、それそのもので、将来の成功やら幸せやらが確定するわけではありません。将来にプラスかどうかすら、実はその時点では確定してません。もしそれがプラスなのだとしたら、本人がそう信じているからではないかと。
だとしたら、逆に、失敗とはなんだろうと。
望んだ学校に入れないこと、努力が報われなかった体験をすることは、果たして失敗でマイナスなのかと。そう思っていれば間違えなくそれは失敗ですし、いい思い出にはならないでしょう。不幸なのかもれません。先ほどのをひっくり返してみます―「もしそれがマイナスなのだとしたら、本人がそう信じているからだろう」と。

数学の教科書によれば、これをさらに裏返しても同じことです。
「本人がそう信じていないなら、それはマイナスではない」
ある種の開き直りでもありますし、結果の確定までは全力を尽くしてほしいですがしかし、すでに十分頑張ってきて、それでも100%とはいかない勝負に臨んだ人に、もはや激励も祈願もありません。その経過はプラスであると信じます。難なら、今の望みと違ったとして、その進路を最良の道にしましょう。
第一志望ではない学校に行くも、今まで取ったことのない高い順位を取ることで、受験勉強の成果や意義を見出し、結果次の進路が見えてくる人はいます。いい意味での失敗を経験することで、失敗を必要以上に恐れなくなったり、あるいは十分に備えられるようになったりすることもあります。いい友人やいい先生との出会いに恵まれることもあるでしょう。だとしたらそれはきっと、本人にとって最良の道だったのです。
この辺りは本人のとらえ方と周囲の声掛け次第で、如何様にも考えられます。考えられるのです。

良くないのは、周囲が結果を求めすぎて、失敗をマイナスで避けるべきものと蔑んだり、前提となる十分な頑張りが見られない人にこの論調でフォローをしてしまったりすることでしょうか。
つまり今何が言いたいかというとですね

本番風邪ひかんようにね!

効率の悪い勉強法?

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
2020年になりました!今年もよろしくお願いします。

年末年始で、いくつか映画見ました。
中身の話題にするとネタバレしそうなのでそこは置いといて。

映画は字幕です。字幕で見ましょう!
率直に言えば、私は英語の(文法の)勉強はあまり好きではないです。どうも面白味を感じられません。
でも、英語と日本語の表現の微妙な違いは結構興味があります。
単発の表現でもありますが、英語では同じ言葉の繰り返しなのに、日本語だと別の言葉で補っているケースもありますね。
そんなのを見ていると、単語や文節の「意味」が分かる気がして、それがなんとも個人的に面白いです。

この単語の「意味」というのは、単純な暗記や調べでは私にはなかなか見えてきません。
が、使われている場面があると、一気に理解が早くなります。
漫画やアニメで外国語を習得する人がいるというのも頷けます。

これの効率がいいかと言われると、テストの点数を取る目的では微妙でしょうね。
映画ではそもそも発音を知っている単語しか聞き取れません。
聞き取って、字幕と意味比べまでできるシーンは、私程度だとそう多くないです。話ガンガン進みましね。
1つの映画を映画として鑑賞する限りは、理解が深まるのは2~3単語(または1~2フレーズ)でしょうか。
2時間で2単語…生徒がこのペースで単語暗記やってたらちょっと注文が付きますね…
ただ、これで覚えなおした単語は、ほかの単語に比べかなり深くわかった気になれます(気のせいかもしれません!)
類似の他の語との比較も、説明聞いて納得しやすくなりますね。推測できるものも増えます。
これは座学ではなかなかたどり着けない境地だとも思ってます。
実際使ってるのみてこそ、ですね。

と、英語の話しましたが。してみましたが。
私は理科は常時この、実際に使われる様子を見て理解が深まっている状態なんですよ…
このシーンのこの現象はアレ関係してるなとか、このキャラの能力はこういう規則性があるに違いないとか…
もしかすると漫画やアニメで理科の勉強してますね。

このそもそも?の興味関心の差はいかんともしがたいです。
進路の話題の多い季節ですが、できることなら、興味関心を活かせますように…!

クールな話題

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
すごく寒いですね…私の身近でも、インフルに罹った人が複数出てきました。
繰り返しになりますが、体調管理には特に気を付けましょう(衛生管理も!)。

ところで、最近考えてる物理現象の方の話をつらつら。
この季節、なぜ窓ガラスは曇ったり濡れたり凍ったりするのでしょう?

中学校範囲の知識で考えてみましょう。
前提としてその水の出どころですが、これは空気中の水蒸気でしょうね。
―直接水かけてるとか、配水管が…なんてケースはすみません、放置します。

ではなぜ水蒸気が液体の水に戻るのか、しかも窓ガラスで、というところですね。
前者に関しては、露点というキーワードが重要そうです。
雑に言えば、空気の温度が下がると、水蒸気は液体の水に戻る場合があるという話でした。
つまり、濡れている窓ガラスは、その触れている空気より冷たかったのだろうという事ですね。
家の窓ガラスの内側に限れば、室温より外気温が低いから、で説明つきそうな気がします。
湿度がすでに低い場合は、その条件でも曇らずに済むでしょう。
また、すでに多少曇っていても、窓ガラスを温めれば、その曇りは取れます。
脱衣所の鏡にそんな機能がついていることもありますね。
逆に、室内を加湿している場合は、びしょ濡れになる場合もありますね。
また、この現象で室内の湿度が下がるケースはありそうです。
どれくらい下がるかは、外気温(と室温)によって決まるはずなので、やろうと思えば検証もできそうです。
興味のある方、今のうちに夏休みの自由研究どうでしょう?(笑)

―解せないのは車のフロントガラスの外側が凍るケースですね。
早めに言いますと、これ私も100%の納得のいく理屈考えられてません。
外に置かれた車のガラスが、露点を下回るほど冷たい?
気温と同じ温度ならとにかく、冷える要因には、熱平衡とは違うものがありそうです。
熱放射という要因は考えられますが、それにしてもそこまで冷えるものでしょうか。
そもそも結露ではなく、霧が発生した(≒雨が降った)ために濡れ、凍っているケースはありそうです。
このあたりの原理や計算は高校ではやらず、大学レベルですね。

なんていうのもですね…深夜に帰宅しようとした時、フロントガラスのバリバリに凍ってるあの落胆。
これは生徒諸君にはまだわからんことでしょう(わからんでいいです)。
もうそんな季節です…!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

ホットな話題

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
すぐ下にすごく暖かい話題もありますが(桑原先生、おめでとうございます!)
季節はもう冬!外は寒いです…!

体調管理の側面から、防寒は受験対策としても重要です。
物理屋の夜向けの防寒対策をいくつかまとめて伝授したいと思います。
個別には以前紹介したこともありますので、細かいところ気になったら、バックナンバー掘ってみてください。

○断熱は外側、保温は内側
毛布は上、羽根布団は下があったかいです。
外出なら、セーターは内側、ウィンドブレーカーは外側に着ます。逆だと大分寒くなりますね…
隙間を開けないのも大事です!

○浴室は湿度100%にする。
一般に、濡れてると寒いのは、水自体の冷たさの他に、その気化熱があるからです。
風呂で寒い思いをしたくなければ、浴室の気温の多少より、まず湿度を上げるのがおすすめです。
一番風呂なら、湯舟の蓋開けておけば簡単ですね。
ただ、カビ対策は別途…

○風呂は濡れてない状態で外に出ること。
上記続き。脱衣所を湿度100%にするのちょっとできません。
濡れた状態でそんなところにでると、いくら気温が高くても冷えます=寒いです。
浴室内で体の水分を極力ふき取ると、寒い思いをせずに済みます。

○暖房は楽するなら電気式。
燃焼を伴うストーブを使うなら、換気が必須です。
換気をしない場合、集中力の低下などの、勉強中は困る副作用が出ます。
つけっぱなしで寝るなど論外で、火事の危険より、一酸化中毒が危ないです。
使うなら、気分転換でまめに換気をし、寝る前に計画的に消すべきです。
電気式のストーブやエアコンはその点、換気や管理の必要性は下がります。
ただ、暖房費は高くつく場合があります…

○窓からの冷気を遮断する。
締め切った部屋の冷えるのは、たいてい窓ガラス越しの冷気です。
雨戸があれば閉め、カーテンも閉めましょう。結構冷え方違うはずです。
市販の断熱シートを試すのもいいかもしれません。

受験まではあとおおよそ2か月半、体調崩さずに乗り切りましょう…!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

思い出話②

どうも、学習空間八千代台教室・習志野藤崎教室の高橋です。
では早速前回の続き、第二部のスタートです。

受験編

高校一年生の高橋少年は母の意思で塾に入りましたが、入塾後、1年間は塾でまともに勉強らしい勉強はしていませんでした。しかし、志望大学が決まり次第スイッチが入った。というのが前回までのお話でした。

志望大学を塾長に告げると、さっそく合格に向けた指導が始まりました。毎回一題ずつ英語の長文を翻訳するのですが、これが激ムズ。まず、扱われているテーマが難しいのです。テーマは歴史、社会学、心理学と多岐にわたります。背景知識なんて当然ありません!!歴史系のテーマが出題されたときのために、世界史の勉強には力を入れました。具体的にはキリスト教文化史、アメリカ史、イギリス史などは特によく出題されていました。英語の長文から世界史の知識を逆輸入するなんてことも珍しくありませんでした。では、その他の分野、心理学や社会学の分野の知識はどうしたか。現代文の長文問題を有効活用して知識を仕入れていきました。

もちろん語彙力の増強も欠かせません。当時使っていた単語帳に載っていた語彙は1900語程度ですが、それに合わせて、はしっこの方に小さく書いてある類義語や派生語も覚え始めました。ここで不思議なことがありました。何度覚えても暗記できない単語というのがちらほら見つかったのです。逆に一度で完璧に覚えてしまえる単語もありました。これは英語に限ったことではないのですが、そういう経験ありませんか。おそらくですが、何かを暗記するときに、スムーズにいく場合と、何らかのノイズによって暗記が阻害されることがある。そして一度暗記が阻害されてしまったら、その後スムーズに暗記することはできない、ということなんでしょう。皆さんもご存じのとおり、同じミスは何度も繰り返されますが、暗記という作業過程でもミスが繰り返されるためなかなか暗記できない。そういう場合は、まずしばらくその単語の暗記をやめておいて、単語自体を忘れてしまった頃に新たに暗記しなします。最終的に中学に覚えた単語を合わせて5000単語くらいにはなったと思います。

以上のように懸命な努力はしてみたものの、やはり難しいものは難しい。ある日、ふと思って塾長に聞いてみました。「俺の志望大学の問題はこんなに難しいんですか??」と。すると衝撃の事実が。それらの問題の出題校は、やれ上智だの、東京外語大だの、慶応だの、東北大だの。そりゃ難しいはずだ。これらの大学は私の志望大学よりも2ランクほど上の難易度です。塾長が言うには「君の志望校はエリート受験生たちの滑り止めとして使われることが多い。だから、そういう奴らに勝つためにも2ランクぐらい上の問題を解ける力をつけておけ」とのこと。なるほど、確かにその半年後に志望校の過去問を解いてみた時に、とても解きやすく感じました。実力に余裕ができたというのもあるでしょうが、それ以上に心理的な安心感のようなものが強かったと思います。「これまで解いてきた大学に比べれば、なんて良心的なんだ」と。

余談ですが、忘れてはいけないのが、「仲間」存在です。一緒に大学受験にむけて頑張った友がいました。志望大学は違いましたが。とはいえ、彼の志望校は上智大学でしたので、塾で問題を解いたことはあります。その難易度がギャグレベルに難しいという話でよく盛り上がっていました。実話ですが、世界史の問題で「以下の絵画のモデルになったギリシャ神話の(ア)神が祭られている神殿の場所を、地図中a~nから選べ。」という問題が出ました。そういうノリで「こんな問題出るんじゃね??」とどっちがより難しい問題を作れるか、みたいなゲームをしていました(笑)。また彼の提案で「スランプに陥ったら、その日一日は徹底的に遊ぶ」というルールを作っていましたので、たまたまスランプの時期が重なったときは、カラオケ→ビリヤード→焼肉→ゲーセンというようなスケジュールで、二人で遊んでいました。そして次の日からは勉強再開と。ちなみに、私はその後無事に志望校に合格しました。彼は一年浪人して慶應に入りました。

また気づけば結構な量に。まだまだ書き足りないのですが、とりあえず今回はこの辺で。ではまたー。

千葉の塾なら個別指導の学習空間