2014年 2月 の投稿一覧

慌てる前に…

個別指導塾の学習空間、四街道東・八千代台教室の中野です。

中3生の皆さん、まずはお疲れさまでした。
公立高校の前期試験、先週の発表で合格を勝ち取った受験生は、安堵とともに春からの新生活へ向けて期待に胸膨らませていることでしょう。
そして、残念な結果になってしまった皆さん…
後期試験は今週末に迫っています。気持ちを切り替えて真剣勝負に臨んでください。
今まで頑張ってきた成果を存分に発揮すれば、きっと願いは叶うはずです!

そして今日は、来年・再来年に受験を控えた中学生へ。
受験なんてまだまだ先…と思っているかもしれませんが、今からでも出来ること、受験に直結する学習内容について、お話ししたいと思います。

1年生・2年生でも出来ること。
それは『漢字』と『英単語』です!
「なんだ…そんなこと?」と思われるかもしれませんが、どちらも入試に、必ず出題されます。
侮ってはいけません。漢字と英単語は、ほとんどの受験生が得点してきます。
どれだけたくさん覚えているか?が問われているので、ここで点を落とすと、かなり痛いですよ!

受験直前に慌てないためにも、日頃からコツコツ練習・暗記に取り組んでください。
それにはまず『辞書を引く習慣』を身に付けること。
書けない漢字、読めない英単語が出てきたら、すぐに辞書で確認を!
その際、熟語や類義語、千葉県公立の場合は三字熟語まで見ておくと、更に知識の幅が広がります。

中3の秋頃になって、実は漢字が苦手です…
英単語はあんまり覚えてません…
なんて言うことのないように。
どんなレベルの問題が出題されるのか、今のうちに今年の入試問題をチェックしてみましょう!

千葉 四街道・八千代台・習志野の塾なら個別指導の学習空間

ソチです

個別指導塾の学習空間、四街道東・八千代台教室の中野です。

千葉県公立高校の入試が2月12日・13日に迫り、中3生の緊張はMAXに達していますが…
今日は敢えて、少しでも雰囲気を和らげよう!と言うことで、オリンピックの話しをします。
ソチオリンピック、やってますからね。

私がオリンピックを見始めたのは、1984年のロサンゼルス大会からです。
カール・ルイスが大活躍して、と言っても生徒の皆さんには通じないかも…。
お父さん、お母さんに聞いてください。

このロサンゼルス大会、実はオリンピックとしては大きなターニングポイントになる大会だったのです。
どういうことか…?

ロサンゼルス大会の前まで、テレビ中継では様々な競技種目を平等に放送していたそうです。
日本人選手が出る、出ないに関わらず、世界の一流選手がどれだけ凄いか、マイナーな競技も含めて、数多くの種目を放送していました。
ところが、ロサンゼルス大会から、オリンピックの商業化が始まります。
大手スポーツメーカーがトップ選手と契約し、自社商品を身に付けてもらってメダルを取っちゃう!
そうすることで露出が増え、あの選手が着てたから…という理由で商品が売れる。
と同時に、日本の国内メーカーは日本人選手と契約してますから、日本人選手にたくさんテレビに出てもらったほうがいい。そのほうが視聴率も稼げる。
そうなると、様々な競技を放送するより、日本人選手の競技結果を優先するようになります。

『大注目の〇〇選手、この後登場!』とか言って1時間も2時間も引っ張ったり、ドラマ仕立てで練習の苦労や怪我からの復活を放送したり…
本来の趣旨からズレてるように思えてなりません。
世界最高レベルの競技会でありながら、日本人選手が出ない種目は、明らかに放送時間が削られているような気がするのです。
冬の大会なら、アルペンの滑降とか、スケルトンとかバイアスロンとか、見たい競技はたくさんありますよ。

国営放送は『全力応援!』なんて言ってますが、報道の中立性を踏まえるなら、『全力中継!』じゃないといけないと思います。
日本人選手だけじゃなく、世界各国の超一流選手、普段見ることができない様々な競技を見たいんです。
もう、自分じゃ何ひとつできませんからね…

千葉 四街道・八千代台・習志野の塾なら個別指導の学習空間