2017年 4月 の投稿一覧

祀り

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の桑原です

いやー最近あったかくなってきましたね。
そんな最中体調崩してしまいました
そのせいで絶好の花見シーズンを逃してしまいました。。。残念
さて花見についてですが、もともと平安時代から豊作祈願の行事として行われていたそうな。
桜にも語源が諸説あって、「サ」は田んぼの神様、「クラ」は神様の座る場所という意味があり、「サクラ」には田んぼの神様が一息つく場所という意味があるそうです。

日本の祭りは元来豊作祈願を目的とするところがありました。新嘗祭などですね。
今では屋台を廻ったり神輿が担がれたり盆踊りを踊ったりと、エンターテイメント性の強い面が目立ちますが、歴史があって時代によって意味が変化して行くものなのですね。

明日は研修会!行ってきます

千葉の塾なら個別指導の学習空間

新年度の始まり!!

どうも!!
学習空間八千代台教室・習志野藤崎教室の高橋です。
ついに新年度スタートですね。
前年度に大幅成績アップを果たした人も、あまり勉強に力が入らなかった人も、新たな気持ちでスタートしましょう。
今年度の目標はもうきめましたか?
私は今年は理科に力を入れてみようと思います。(去年は社会、おととしは数学に力を入れましたので)

塾講師と聞くと、一般的には「勉強オタク」「受験マスター」「高学歴」と言ったイメージがあるようですが、
私が実感として思うのは、「心から勉強を楽しんでる人が多い」ということです。
ポイントは、このことは「生徒を志望校に受からせるための指導力や知識量」とは別次元の話だということです。
もちろん、塾ですから生徒を受験に受からせることは大切です。
しかし、私の身の回りにいる先生たちは、それはそれとして「自分の勉強を本当に楽しんでいる」と思います。

たとえば小西先生に数学のことを語らせたら何時間でも話せるだろうなぁ、とか
川田先生の日本史の引き出しは半端ないなぁ(そんな川田先生は今年は古典に力を入れるそうです。楽しみ!!)、とか

受験生にとっては志望校合格がなによりも大切でしょうから「のんきに勉強を楽しんでる余裕なんてないんだよ!!」と思うかもしれません。でも、合格するためだけに頑張った受験で入った志望校はどことなく空っぽな感じがします(特に大学受験生はこの傾向が強い)。
今一度、勉強の楽しさを再発見してみてはいかがでしょうか。分からないことが分かるようになるのですから、普通に考えれば面白いはずなんですよ。本当に。その先に合格があるからこそ、入学後の学校生活が充実するのです。

なんか、まとまりのない文章ですが、今年度もよろしくお願いしますね!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間