2019年 5月 の投稿一覧

体力が欲しい…٩(๑´0`๑)۶

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・学習空間プラスの田中です(*^_^*)

気づけばもう6月で,一年の半分が終わってしまいますね!
最近は暑くなってきたからか,夏バテ気味なんです^^;
社会人になってから全く運動をしなくなり,車通勤でもあるので,体力やエネルギーが減って,さらに歳をとって老けたと感じることもが多々あります(T_T)誕生日来ないで!!

私は元々体を動かすことが好きで,学生時代に部活でやっていたテニスは特にストレス発散になって気持ちよかったです!他にも実家の周りを走っていたり,球技大会・体育祭でガチになったりと外でたくさん汗をかいている時が一番幸せでした!達成感もあるし,体にも心にも良いしで最高☆

それで最近は体を動かす機会が無いので,ジムに行くか家にランニングマシーンがほしいんです!(笑)ど田舎の地元とは違って,千葉は交通量も多く人もよく歩いているので,危ないし恥ずかしいし…時間があればテニススクールも行きたい…

頑張って貯金します(*$∀$*)!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

「塾」の立ち位置について思うこと

個別指導の学習空間、四街道東教室・佐倉臼井教室長の桑原です。

定期テスト前になり中高生ともに勉強モードに入っています。良い点を取りたいという想いを現実のものにするためには、まずは「目標設定」「課題意識」が必要で、これは大人になる上ででものすごく重要な「勉強法」であると考えて指導にあたっています。
たかだか定期テストぐらいで大げさと思われるかもしれませんが、自分の努力をノーリスクで試すことができ、なおかつ丁寧なことに目標が明確に見えています。これは「自分なりの勉強法」を試すツールとしてはかなり有意義です。
別の視点で言えば、「自分の意志に反してもやらなくてはならないこと」「理不尽な要求」に対してきっちりこなしきるためのマインドを鍛えるためのものとも言えます。
大人がこのようなツールを使いこなすためには、リスクを抱え、金銭や時間といったものを浪費しなくてはなりません。コツコツと努力したことを披露する場はかなり限られている(またはそういった努力を試す意識がない人もいます)と言ってもいいです。物事を考えられる状態になるためには知見を広げるために勉学に勤しまねばなりません。言い換えれば「自分自身の使い方」をマスターすることで課題や目的に対して対処ができるようになります。その練習のための「定期テスト」であるべきだと考えています。

私の曜日に来る生徒は、五月病の生徒はあまり見受けられません。疲れていても「やるべきことをやらない」選択を取るような生徒がほとんど見当たりません。逆に心配なので「休みなさい」と言おうか迷うくらいです。もちろん生徒から「疲れた」と言われることはよくありますが、みんな必死に課題に取り組んでくれています。生徒たちに気を緩めるべきタイミングと、気を引き締めるべきタイミングを考えてもらっており、私も生徒達の疲れを察知して寄り添うように立ち振る舞っているからこそ、サボりたくなったりダレてしまう生徒が少ないのかもしれません。

でも中には「塾をサボってしまおう」と考えてしまう生徒も少なからず存在します。塾は学校が終わった後に行く場所ですから、大人で言えば「残業」にあたるかもしれません。そう考えると結構な負荷が生徒にかかっていることにもなりますね。やりたくない気持ちが先行することだってあります.苦しいことが待っているのは目に見えているわけですから.だとしたらサボりたくなる気持ちは分からなくはない。

塾は、学校とやっていることがやや似ているところがあります。
教科指導を専門的に受け持たせてもらっているだけでなく、ノートのとり方・点数の見方・課題追求の仕方・目標設定の仕方・努力量の掲示・休むタイミング・進路指導・理不尽に思うことの捉え方などなど、今後の人生に関わるであろう,ものの見方に向き合う役割もあります。

ここで考えてほしいことがあります。
それは「学校」はサボっても辞めるとは考えず、「いつかは行かなくてはならない」と考えられるのに、「塾」は行きたくなくなったら(行きづらくなったら)塾を変えたり辞めてしまおうと考えられてしまうことが少なくないということです。
確かに塾の中では内申点に直結するような評価は行ってはいません。しかし大人が子どもにたいして身近なものを教える場であることは変わりがないのではなかろうか。
決してサボることが悪いのではなく(良いことでもありませんが)、塾をサボるときの意識のなかで学校>>>塾となっているところは一考の余地があるのではないでしょうか。
また,部活動との対比における塾はどうでしょうか。
近隣の中高生を指導しているとやはり部活動を第一に大切に生徒が多いです.部活動は自分のやりたいことだから「辞める」という発想にまで及ばないところもあり,3年間続けないと内申点に響くという都市伝説のようなものが「辞める」という発想を止めているところがあります。

学校も部活動も塾も自分で選んで通っているのだから、もっとフラットに考えてみても良いのではないでしょうか.
学校で勉学や交友のために通うことも,部活動に通って技術を高めることも,塾に通って点数を上げることも,全部自分がやりたくてやっていること.
学校と部活を安易に第一のものとしてかんがえるのではなく,目的のために通っている1つのものとして捉えたいですね.
自分のために何をどのように利用して人生において歩みを進めるのか、という思考や行動は子どもにとっても大人にとっても大事に生きて生きたいです。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

紹介特典

個別指導塾の学習空間、西白井教室の木原です!

今日は学習空間の紹介キャンペーンについてです!
学習空間は、広報活動よりも、皆様からのご紹介で多くの生徒にご入会いただいております。
西白井教室も今年度多数のご紹介をいただきまして、既に満員となることができました。
本当にありがとうございます!

学習空間千葉エリアでは、日頃の感謝の気持ちを込めまして、現在「ご紹介キャンペーン」を
実施しております!
ご紹介いただいた方、ご紹介してくださった方双方に特典をご用意しております。
<特典について>
3つの特典をご用意しております!
⓵人気のある満員教室でも、優先して対応させていただいております!

⓶初回月のお月謝5000円OFF、または講習無料!

⓷模試やイベントで使える「学習空間クーポン」を3000円プレゼント!
  ※こちらはご紹介いただいた方にも適用しております。

紹介して本当に良かったと思っていただけるよう、全力で指導にあたる所存ですので、
もしお近くに学習塾をお探しの方がおりましたら、ご紹介いただけると幸いです!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

旅先での悲劇(._.)

個別指導の学習空間,四街道東教室・佐倉臼井教室の野依です!

最近,教室の中3生達は,「修学旅行」という学校生活の中でも一大イベントの行事に参加しています.そうです,修学旅行は一生の思い出に残る行事なんです!!

私自身,中学では「京都・奈良」,高校では「沖縄」に行きました.特に沖縄への修学旅行は個人的にかなり印象に残っています.どれくらい印象に残っているかというと,高校卒業後も「また同じメンバーで沖縄に行きたいね」という話になり,修学旅行で訪れた名所に,個人旅行でもう一度行ってしまうぐらいです!

今回はそんな2回目の沖縄旅行で起きた,ある悲劇のエピソードを紹介します.
(修学旅行の思い出話でなくてすみません.....)

沖縄といえば,暖かくて海がきれいですよね!そこで,修学旅行でも体験した「マリンスポーツ」をやることになりました.マリンスポーツと言っても色々あります.海の上空を飛ぶ「パラセーリング」,海に潜る「スキューバダイビング」,水上バイクに繋がれたボートで海を走る「バナナボート」などなど...とにかく沢山あるわけです!

で,私を苦しませたのはこれです↓

楽しそうですね...いわゆるチューブ系のアクティビティです.チューブは水上バイクとロープで結ばれており,バイクを運転しているお兄さんがハイテンションで海を暴走します.すると,ロープで繋がれているチューブは非常に激しい動きをします.運転しているお兄さんも仕事ですから,お客さんを楽しませようと全力で海に振り落とそうとしてきます.上の写真だと3人乗りですが,4人グループで行ったので今回は2人ずつに分かれました.私はK君と乗りました.彼とは中・高同じ学校で,高校では3年間同じクラスです.実は幼稚園も一緒でした.彼はいつでもハイテンションでとても陽気な性格です.

さあ,そんなK君といざ出航です!運転しているお兄さんも楽しそうに暴走します.それに伴い,チューブも暴れます.そして極めつけには,チューブをグルングルン回し始めました.なかなか海に振り落とされない私達にお兄さんも苛立ったのでしょうか.激しい遠心力で,振り落とされそうになります.するとふざけたK君が何を思ったのか,私の方に寄ってきたのです.当然チューブは傾きます.バランスを崩したチューブは,遠心力を保ったまま転覆し,目の前が美しいエメラルドグリーンに染まりました.

いえ,それだけではありません...顔に痛みがふつふつとこみ上げてきます!皆さんは経験がお有りでしょうか?学校のプールの水面に体を打ちつけて痛い思いをしたことを.経験が無い方は手のひらで水面を叩いてみてください.その現象が転覆した勢いで自分の顔面に起きたのです.私は美しい沖縄の海を鼻血で真っ赤に染めてしまいました.お魚さんごめんなさい....

幸い,血はとまり,途中になってしまったマリンスポーツを再開することになりましたが,先程の事件もあって心の底から楽しむことはできませんでした.それよりも恐怖でいっぱいで,振り落とされまいと必死に掴まっていました.また,心なしかさっきと同じ運転手のお兄さんは,優しめの運転に変わったような気がします.

この日以来,私は海が怖いです...マリンスポーツなんて絶対しないと誓いました!
旅行って楽しい思い出だけではありません.私のように一生の心の傷を負う可能性だってあります(笑)しかし,これに懲りずに,沖縄はとても素晴らしいところなのでぜひまた行きたいです!みなさんも旅先では羽目を外しすぎないように十分気をつけて下さいね.

ではまた!次回のブログでお会いしましょう.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

GWにやったこと

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

みなさんこんにちは!
GWはいかがでしたでしょうか?初の10連休ということでたくさん遊んで、たくさん休んで、たくさん勉強して(?)と様々なことが出来たのではないでしょうか?
こんなに休みが続くことは社会人になってからは無かったので、たくさん色々しました!!寝て、遊んで、本読んで、寝て…(寝てばっかりですね笑)
それはそうと連休中、山菜を食べる機会がありました。タラの芽やコシアブラを天ぷらで頂くのは最高ですね!ただ山菜の青臭さや苦みなどが苦手な人もいるみたいです。他の季節の食材にはない風味があるのもまた山菜の魅力だと思います。春はそういった「風味」を楽しむ季節なのかも知れませんね。
もう暑くなってきましたがまだまだ春を楽しめます。山菜、おススメです(笑)

千葉の塾なら個別指導の学習空間

もうすぐ最初のテスト

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
前代未聞の超長期休暇、終わっちゃいましたね…
皆さん何をして過ごしましたか?
勉強?遊び?旅行?部活?趣味?
どれも思うさまやったならば、大いに結構だと思います!

で、勉強やっててもやってなくても定期試験が近付いてきました。
初の定期試験と言う人、いると思います。
特に、今年中1になった人は、色々と初めてでわくわくしている事でしょう!
初めての定期試験(テスト)について少し話そうと思います。

一般に、中学校のテストは小学校のそれに比べ一段階難しいです。
小学校では割合半分以上の人が半分以上のテストで80~100を取れるでしょう。
中学校の最初のテストでは、これが60~90になると思ってください。
雑にいえば、小学校の時取っていた点数より10~20低い点が相場になることが多いです。
ただ、学校や教科による差も大きく、例えば私の中1の最初の国語は、平均が40点台でした。
更に、中学校の最初以外ではもう一段階下がり、50~80が厚い層になる事が多いです。
小学校の時80点以上が当たり前だった人でも、中学校で80点以上取り続けるのは、相当な努力が必要です。

なんて点数はみなさん気になると思いますが、一方で、テストの点数でその人の能力が決まったりはしません。
やった「結果」のごく一部が、点数や順位だと私は思ってます。
授業の中身が分かっている感覚があって、ワーク等の問題も解けているなら良いんです。
それで挑んだテストの結果、仮に点数が低く感じたなら、もちろんまずは見直しです。
知ってて落としたケアレスミスなのか、実はわかったつもりになっていただけなのか。。
ミスの原因を分析し、理解の怪しい個所を洗い出し、特に注意するなり数こなして慣れるなりします。
また、暗記や理解だけで終わらせず、自力で問題を解くところまでやりましょう。
人に教わることに頼り切った勉強をしていると、そのあたりおろそかになりやすいです。
―テストの問題がやたら難しかったり、見たことない出題ばかりだったりすることもあるでしょう。
それは学年の初回はもうしょうがないです。次回以降どう勉強していくか、再考あるのみです。
ただ、特に高校生の場合、授業を聞かず、授業外の勉強で辻褄を合せようとしたときにそうなります。
ワークや教科書はとにかく、授業で触れていない問題を複数出す先生は稀です。授業が基本です。

高順位(原理上高得点も)は、取れる人と取れない人が絶対に出ます。
平均点より高い点を学年の全員がとることは、誰がどう頑張っても不可能です。
この見方をする限り、テストは競争になります。必ず勝者と敗者が出て、全員が勝者になることはあり得ません。
どうしても自分ではどうにもならない要素が、結果に関わります。どう努力しても目標を達成できない場合すらあります。ある種の理不尽もあるでしょう。授業日数が違うとか、授業担当と相性が悪いとか、隣のやつが天才すぎるとか、暗記が人よりできないとか…。そこまで含めた競争の世界を見たいというなら、それはそれでいい機会にできます。特に受験は、否応なしにそういう世界になります。
でも、私はこの見方、最初から全員には勧めません。
その点、「前より良くしていく」という言い方見方ならば、完全に個々のやる気次第です。
「人より」できない、環境が悪いなんてのも別にハンデでもなんでもなくなりますよね。全員が良くなった、もあり得ます。
何より、前より良くするやり方そのものは、きっと何やっても役に立ちますよ。
…部活でも趣味でもです!

あえてテスト後にするような話しました。
まだテストまで2~3週間ある人がほとんどです。
テスト二週間前からは、原則として教室に幾らでも来てもらってかまいません。
ただただ、悔いの無いようにしてほしいものです!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

5月病

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・学習空間プラスの田中です(*^_^*)

新年度から1ヶ月が経ち,気づけばもう5月ですね!
5月と言えば大型連休のゴールデンウィークがありますね.素晴らしい!!

しかしGWが過ぎた頃から,何となく学校や仕事に行くのがだるいな~と意欲が失われる経験がある方もいらっしゃると思います.いわゆる5月病ですね.
新しい環境で慣れないことや人間関係で心身にさまざまなストレスがかかることが原因だと言われており,医学的には「適応障害」や「うつ病」と診断されます.真面目過ぎる人や頑張りすぎる人は大きなストレスを感じやすいそうです.

私も過去に適応障害(五月病)と診断されたことがあります.負けず嫌いなので,人によく見られたい,頑張らなきゃと自分を追い込む傾向にある半面,お豆腐メンタルなのでよく腹痛になったり,過眠症に近い症状が続いたこともあります.ですので,新しい環境や休み明けで気持ちが沈んでしまいがちになります.暗いお話ですみません(T_T)

怖いのは,何となく休んだ5月病から完全に引きこもりになってしまうことです.しかし改めて考えてみると,物事の捉え方次第で無駄に落ち込まなくてもいいのかなと思います.自分が思っているよりも大して周りは自分のことを見ていないし,失敗してもいい,逃げたいときは逃げればいいと思います.
太陽の光を浴びるだけでも結構違うみたいですよ!夜に悩むほうが鬱になりやすい傾向があるので,落ち込んだ日は夜更かしなんかしないで早く寝ちゃいましょう!心もお肌もピカピカ(笑)
また,休み明けの学校・仕事では些細なことでも良いのですぐに次の楽しみを作って,そのために頑張ろうという気持ちで乗り越えていきましょう♪

千葉の塾なら個別指導の学習空間