千葉

酵素オススメです!

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です!

気温が変化しやすく、風邪の流行る季節です。しっかり体調管理をしていきましょう。

今回は、私の中で最近ブームになっていることでも書こうと思います。

それはズバリ「ダイエット」です!!!

これを決心したのは今年6月です。年に一度の健康診断があり、そこでとんでもない数字を叩き出してしまいました。ショックでした・・・

自宅には体重計が無いため、健康診断が1年の中で自分の体重を知ることのできる唯一の機会です。

今回ばかりは流石にまずいと思い、とにかく「夜遅くに食べないこと」、「毎日酵素を飲むこと」を徹底してきました。酵素は、痩せたくても運動している暇がない(したくない)ため、調べに調べまくった結果、ラクに痩せられるということだったので半信半疑で試してみました。1ヶ月分が500円で売っているのでコスパも最強です。

あれから約4ヶ月、自宅にもついに体重計を置くことにし、久々に体重を測ってみました。なんとマイナス5~6kg減っていました!!!

酵素オススメです!!!!笑

ただ、目標はあと10kg減なので、まだまだ続けていくつもりです。なにか成果が出たらまた報告しますが、気になる方は教室でそっと聞いてみてください。ではまた!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

夏休みの過ごし方

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です!

もう学校は夏休みだというのに、なかなか梅雨が明けません・・・ただ、この梅雨が明けると暑い夏が待っています。暑いのが嫌いな人からすれば、夏は何をするのにも気が引けてしまいますよね?暑いのに部活動などで動き回っている中高生は、ほんと心の底から尊敬します。

これからの季節で、特に注意しなければいけないのが「夏バテ」です。夏バテは、体温が上昇し、多量の汗をかくことで、水分だけでなくナトリウムやミネラルなど、身体の調子を整える栄養素が排出されてしまい、体内のバランスが崩れることで起きてしまいます。

この夏バテを引き起こさないために、運動・睡眠・食事のバランスをしっかり保つことが大切です。特に、クーラー、冷たい飲み物、ごろごろ、夜更かしが大好きな人は要注意です。確かに暑い夏に、キンキンに冷えた飲み物を勢いよく飲むのは最高ですが、後々のことを考えると少し思いとどまってみる必要がありそうですね。私もこれから気をつけてみます。

生徒の皆さんは、夏休みで普段より自由な時間が多くなりますが、そんなときこそあえて規則正しい生活を送るのが一番良いのかもしれません。もちろん家族旅行や友達とたくさん遊ぶのも大事ですが、大量の宿題も片付けなければならないことも忘れずに!!

教室に来てくれれば、涼しい部屋でたくさん勉強ができますよ!いつでもお待ちしています!!夏休み明けにすぐ定期試験がある学校もあるので、遊びもほどほどにして、早いうちからしっかり準備して行きましょう。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

以心伝心?

こんにちは。学習空間八千代台・習志野藤崎教室の高橋です。

いきなりですが
なぜ日本人は英語が出来ないのか。

皆さんどう思いますか。
よくある答えとしては、「文法ばかりやってるから」とか「そもそも英語を話す機会が無いからだ」とか。でも、個人的に大きな理由としては「自分の英語が通じなかった時、周りからシラけた目で見られるのが嫌だから」だと思います。何を隠そう、私自身がこういう経験を何度もしています。

「英語が話せる」もっというと「外国語が話せる」と聞くと、多くの日本人は、「おお!!すごい!!ちょっと試しに話してみてよ!!」となるのですが、きっとこれは異文化慣れしていない島国の国民性ゆえだと思います。冷静に考えれば、相手は外国人なのですから、ちょっと相手の国の言葉で話したぐらいで「通じる」保証はないのですが。とにかくそのように多大な期待を周囲にさせておいて、いざ本番。あれ、通じない??周りのがっかり度合いは計り知れませんねww

でも、それって本当にその人の英語力がなかったからなのでしょうか。そんなことはありません。自分の言いたいことが相手に伝わるかどうか、語学力はその目安の一つでしかないのです。そのほかにも複雑な要因を考慮に入れなければ、自分の言いたいことが相手に伝わるかどうかはわからないのです。例えば会話の際に、相手がこちらにどんな情報を期待しているのか、お互いの緊張具合はどうか、身振りや顔がよく見えるか、相手がアジア系かヨーロッパ系か、そもそも相手の語学力と自分の語学力がつり合っているか、などなど。コミュニケーションって言語とそれ以外の要素が両方上手く合わさって成り立つんですね。

少し話はそれますが、大学には文学部というところがあります。では大学で文学を研究するとどんなメリットがあるのか。いろんな意見がありますが、とりあえず外国文学を学ぶ場合、その国の言語の習得も同時にできます。英文学なら英語、ドイツ文学ならドイツ語。でも、ただ外国語ができるようになるだけではありません。文学部の学生は、文学作品を通して作者とコミュニケーションをすることを主たる目的としています。今の世の中です、自動翻訳で英語の本でも日本語訳に直せたとします。じゃあ、日本語で読んでみましょうとなる。ところが、仮に文法的に正しい日本語に翻訳できても、なんじゃこりゃ、何言っているのかさっぱりわからんぞ、というのは大いにあるのです。翻訳するべきは言語だけでは足りないということです。その作品が書かれたときの時代背景、ストレートに表現するタイプの作者なのか、回りくどい言い方が好きな作者なのか、作者の国での文化的コンテクストを読者の国での文化的コンテクストに置き換えられるか。それらを総合的に「翻訳」しないと作者と読者のコミュニケーションは成り立たない。さっきの話と似てませんか。そしてこの訓練は将来的には今話題の「異文化コミュニケーション」にもつながるのです。

さて、話を戻します。英語を話す時に大切なのは、一発で通じさせようとしないことです。相手は外国人、目の色や肌の色はもちろん、考え方、ものの伝え方ぜんぶが我々と違います。それを一言二言、大してりゅうちょうでもない外国語で話しても、一発合格は無理です。私はいつも相手の言ったことをオウム返しをしてます。例えば、

相手: ”Excuse me, I’m looking for a hospital. Could you tell me the way?”
私 : ”Oh, you are looking for a hospital. Ok. I’ll check it for you.”

日本人からすれば、相手の言ったことを繰り返すのは、なんか圧迫感があって変な感じがするかもしれません。でも、外国人相手(とくにヨーロッパ人)は、これくらい会話のテーマについてしつこく確認した方が、相手も安心するそうです。また、相手の言ったことがよくわからなかったら、素直に、

“Sorry, do you mean …?”

と言ったりすることも大切です。そういうやり取りを乗り越えて、お互いの壁が壊れていく頃には相手との会話が自然とすらすら出来るようになるものです。目の前にいるのは自分とは全てが違う人。いきなり分かり合おうとしてもそれは無理。少しずつ差異を埋めていこうと言うスタンスが大切です。こういう風に考えれば、英語をしゃべる際に「通じなかったらどうしよう。。。」と不安になることも無いでしょう。通じないのが当たり前、そこでどういう作戦に出るか、その作戦をお互いに楽しむ。これこそが真のコミュニケーションなのです。

長くなりましたが、今日はこれまで!!!
ではまたー!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

体力が欲しい…٩(๑´0`๑)۶

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・学習空間プラスの田中です(*^_^*)

気づけばもう6月で,一年の半分が終わってしまいますね!
最近は暑くなってきたからか,夏バテ気味なんです^^;
社会人になってから全く運動をしなくなり,車通勤でもあるので,体力やエネルギーが減って,さらに歳をとって老けたと感じることもが多々あります(T_T)誕生日来ないで!!

私は元々体を動かすことが好きで,学生時代に部活でやっていたテニスは特にストレス発散になって気持ちよかったです!他にも実家の周りを走っていたり,球技大会・体育祭でガチになったりと外でたくさん汗をかいている時が一番幸せでした!達成感もあるし,体にも心にも良いしで最高☆

それで最近は体を動かす機会が無いので,ジムに行くか家にランニングマシーンがほしいんです!(笑)ど田舎の地元とは違って,千葉は交通量も多く人もよく歩いているので,危ないし恥ずかしいし…時間があればテニススクールも行きたい…

頑張って貯金します(*$∀$*)!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

理科と北海道(ときどき寝不足)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
冬ですねー。
たまにはテーマなしでつらつら書いてみましょう。

というのもね、先日北海道に行きました!
去年の夏も行きましたから、1年半ぶりですね。あのときは涼しかった!
しかし今は冬。当然気温は氷点下。当たり前のように一面真っ白。
雪が融けないってこういう状態かと実感してまいりました。
ただ、科学の力ってすげーですね。
防寒具(特に下着!)と強力な暖房のおかげで、そこまで寒いと思うこともなかったです。
むしろ、防寒具も暖房も控えめな千葉の方が体感では寒いかもしれません。

私は寒いか暑いかなら、暑い方がマシ派です
寒いのの何が嫌って、布団から出るのがもう毎朝辛い。
仕事柄昼近くに起きる日が多いので、学生時代より寝起きの寒さは和らいでますが、それでも辛い。
寝不足には個人的に関心あるもので、色々見たり読んだり試したりはしてます。
それでも、寝起きのあの「布団から出たくない」感は如何ともしがたいです。
部屋全体暖房すれば大分軽減できるのですが、毎日一晩中エアコンとか電気代すごい事になりますね。
一晩中石油ストーブ?火事よりも一酸化炭素中毒の方が怖いですよ!
寝る前にあたためて、部屋密閉は順当ですが、日中も密閉したままだと部屋の空気が淀みます。
部屋の外に出ると目が覚めるようのはもう危ないです。換気必須です。
換気すると寒いですけどね…これはもう仕方ないです。

そこいくと北海道の旅館はなんですかねあれ、エアコン?一晩中ついてましたね。
もちろんというか、窓なんか一切開けてません。
それでも、朝起きて、特に空気が淀んだ感じもしませんでした。熱源や空調どうなってるんだろう。
外はまぎれもなく氷点下でしたし、部屋の断熱性能もすごいもんです。
今ブログ書いてる教室のPC前とか、自動ドアからの隙間風や窓ガラスからの冷気が寒い寒い…
去年よりは、モノの配置の工夫で大分軽減されましたが、建物の構造がもう全然違いますよね。
こっちでエアコン消したら数分でもう体感できる位室温下がりますからね。
多分北国の部屋、大小色々な工夫積み重ねてますよ。その辺もっと見ればよかったなぁ…

まとまりませんがつまりあれです
体調管理も受験対策の内!
無病で乗り切りましょ!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

読書と国語力の関係

個別指導の学習空間、四街道東教室の野依です^^

突然ですが皆さんは小説など、本を読みますか??
漫画や雑誌などではなく、物語で字がびっしり書いてある本です!笑

私自信の話をすると、中学までは学校に「朝読書」というものがありました。登校してから1時間目が始まる前に、みんなで読書をする時間が設けられるのです。しかし、高校に入学したくらいからそういった機会はめっきり無くなり、本は全然読まなくなってしまいました。高校からの勉強は中学までとはレベルが全然違うので、逆に参考書は沢山読むようになりましたが。。。

こういった機会って大人になるにつれ、自分から時間を作らないと、なかなか難しいものがありますよね?ここで、フィリピンの小学校100校を対象にしたある実験データを紹介します。

対象となったのは小学4年生で、100校のうち半分の学校の生徒には、1ヶ月「読書マラソン」というものを実施しました。これは、期間中毎日1時間、本を読んだり単語ゲームをしたりするものです。一方、残りの半分には期間中なにもしませんでした。期間終了後、「読書マラソン」を実施したグループは、実施していないグループに比べて平均7冊本を多く読んだという結果になりました。それに加えて、実験終了後も読書を続け、プライベートの時間でも読書量が増えたそうです。

その後、国語の標準テストを行うと、「読書マラソン」を実施したグループは、実施していないグループに比べて、驚くことに偏差値が0.13高かったそうです!さらにテスト結果を詳しく分析すると、単語力や読解力が強化されていたことが判明しました。

みなさんはこの結果を見て、どのように感じますか?
国語と読書が如何に関係しているかということが分かると思います。読書の時間を作るのはなかなか難しいという人も、勉強の息抜きでもなんでもいいです。たまには参考書だけでなく、読書をしてみたらどうでしょうか?それが習慣化できるようになれば、きっと伸び悩んでいる国語の成績も上がるはずです!!

私も読書をする時間を作るように頑張るので、どなたか「これが面白かった」とか「感動した」とかオススメの本を教えて下さい!

では今回はこのへんで!!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

理科の研究(来年向け)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
夏休み終わりましたね~(大分遅い)

前回の自由研究ネタの補足説明などしときましょ。
来年のネタとして温めれば良かろうと思いますよ。
なに、試してない?前回の見てまずは試してくださいな!

①机の端に置き紙を上に敷いた定規が、一瞬動かない
これ、水平方向にはほぼ問題なく動きます。動きにくいのは垂直方向ですね。
はみ出した端を叩いたりすると、かなり手ごたえがあるはずです。
これには、大気圧というキーワードと関連が深い現象です。
ものすごく平たく言うと、紙の上の空気が重すぎるので、紙を持ちあげられないわけです。
ただ、普段は紙の下の空気がそれ相殺しちゃうので、体感することはまずないですね。
紙の下が真空に近い状態になっていて、机に貼りついているという見方も。
吸盤の原理にも近いですね。

②水中の硬貨を水面から狙うと外れる
例えば、真っ直ぐな棒で、硬貨の斜め上から狙うと、少し奥に外れてしまうはずです。
これは光の屈折が大いに関係しています。
我々は光は直進するという前提でしかモノを見られず、水面での屈折の事は中々意識できません。
水面から水中のモノを見た場合、このため位置が捉えられません。
ただ、硬貨の真上から狙うと、屈折の影響がなく普通に当てられますね。
※この場合でも、実は距離が捉えられていません。実際より浅い位置に見えませんか?
夏休み中に魚のつかみ取りなどやった人もいますかね?
水中の魚を水面から狙うのは、魚が逃げるのを抜きにしても、この現象のため難しいですね。
高校数学(三角関数)かじれば、どれくらいズレるのか計算できますよ!

③紙に液体を浸透させると、なんか縞模様ができる
ジュースやインクを複数混ぜたりすると観察しやすいかも。
ただ、こちらは原理部分は学校では(中学校理科~高校物理まででは)習わないところですね。
詳しいところに興味があれば、「クロマトグラフィー」で調べてみてください。

ところで、自由研究なんて、目の前にこういう現象があった、それだけで十分スタートできます。
①②は原理部分の話してみましたが、自由研究で原理の解明は普通必須ではないです。
原理説明しようとして、結局何かの丸写しで終わってる研究を時々見ますが、あれは無理筋です。
―というかそもそも、世の中原理のわかりきってない現象なんて山ほどあります。
比較的単純化しやすい物理現象でもそうなんです。多数の物理現象が絡む生物地学化学なんてもうもう。
わかると思っているほうが傲慢なんじゃないかというくらいですね。SFの見すぎです(※個人の偏見です)。
わかろうと努力するのは素晴らしい事ですし、それは続けてほしい。
でも、その結果が丸写しだとしたら本末転倒。
そうなるくらいなら、この現象が何の役に立ちそうか、とかやる方がいいです。
③も、原理部分は実験で見えたものや既習の内容だけでは、私はちょっとまとめられないですね。
ただ、これが何に使えるか、何の役に立ちそうかなら、考えられませんかね?
もしかしかたらそれは、誰も考えたことのないものになるかも知れません。
…なんて見方が出来ると、自由研究のテーマなんて実験系に絞ったとしても困らないはず!
※他には、観察系・工作系に大きく分けられます。

今から来年の夏休みが楽しみですね!!!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

大学入試制度こう変わる

個別指導の学習空間、四街道東教室の野依です^^

今回は、大学の入試制度改革について書こうと思います。かなり真面目な内容です!!笑

既にご存知の人もいると思いますが、センター試験は来年2019年度で廃止されます。これに変わり、翌年2020年度からは、新たに「大学入学共通テスト」というものがスタートします。

つまり、今の高校1年生から、新しい入試制度で受験に臨むということです。新しい入試制度での受験は、分からない部分も多いので不安もあると思います。ですが、事前にしっかり準備さえしておけば臆することはありません!

まず、現在のセンター試験からの大幅な変更点としては、記述式の問題が導入されることです。センター試験は全てマークシート方式で実施されていますが、共通テストでは、一部に記述式問題が導入されます。導入当初は国語と数学で実施され、2024年度以降からは地歴・公民、理科分野でも導入予定だそうです。

現在までに実施されたプレテスト(試行調査)では、国語は記述式問題の無解答率は低かったものの、正答率は非常に低かったようです。一方、数学に関しては正答率が非常に低いだけでなく、無解答率も高かったそうです。今のうちから記述問題の演習はしておいた方が良さそうですね!

さらに、英語は「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価する方向に大きく変わります。現在のセンター試験では「読む・聞く」を評価しているとされています。しかし、残りの「話す・書く」をセンター試験のような大規模な集団に対して、試験を実施することは難しいものがあります。そこで、既に4技能の評価を行っている、民間の資格・検定試験を活用する方向にまとまっているそうです。どうやら、英検も持っていて損はないということです。積極的に受験してみましょう!

英語は2023年度まで、共通テストとして実施する試験と、民間の資格・検定試験の両方が用意され、各大学によっていずれか、または両方を利用できます。自分の受けたい大学によって変わる部分なので、しっかり下準備をして本番に臨みましょう。

これら以外にも、細かい変更点が多々あるので、大学受験を考えている人は是非一度、自分でも調べてみてください。大学受験は情報戦でもあると思います。いかに、的確な情報を集められるかの戦いでもあるわけです。その上で初めて受験資格を手にできるのだと思うので、まずは情報収集からしっかり始めていきましょう!誤った情報に翻弄されてはいけません!

かなり堅い内容になってしまいましたが、、、、今回はこの辺で!!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

理科の宿題(=自由研究)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
すっかり夏ですね~夏休みですね~。
…。

自由研究、終わってますか?

終わっている!そもそも出てない!大変結構です。
終わっていない?じゃあ今からやりましょう。

何やったらいいか分からない?ネタが無い?
個人的に、調べたい・知りたいことが無いなんて信じがたいことですが…
まぁいいや、教室内の道具でも出来る、不思議な現象を紹介しましょう。
※文面だけでの説明では限界がありますが、そこは頑張って再現してください。

①用意:定規、紙
まずは机の上をキレイにするところから。消しカス厳禁。
机の端に定規を置きましょう。定規の端を数センチほど宙に出た状態にします。
その定規の机の上の部分に、紙を敷きます。こちらも、きれいに、美しく、隙間なく。
はみ出ている定規の端を持ってor押して、普通に動かせますか?

②用意:バケツ、硬貨(小さくて沈むもの)、30cm定規(真っ直ぐの長い棒)
バケツに水を入れましょう。で、硬貨を沈めます。端っこは避けると良いですね。
その硬貨を、水面の上から定規で突けるでしょうか?
ただし、水面の上から狙いを定めること。狙いを付けたら、まっすぐに突いてください。
なお、ズレを予測などせずとも当たる狙い方があったりもします。

③用意:何かしら色のついた液体、ティッシュ
液体にティッシュを上から垂らして、下の部分を少しだけ付けます。
以上!色々混じった不透明な液体がよりお勧めです。
均一にただ液体がしみ込んだだけ…になるでしょうか?

自由研究あるあるですが、一日で終わらせようと思ってテーマを探すと多分中々終わりません。
やる前から規模の予想が付く研究なんて、自力ではまず見つけられないでしょう。
日ごろから色々調べている人なら見つけられますが、そういう人は自由研究そこまで手抜きしませんし。
丸3日くらいかかっちゃってもやむなし、と思って始めると、はかどると思いますよ!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

理科の知恵(電気回路とブレーカー)

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。

今日のはやや長いので能書き無しで。
○ブレーカーを落とさずに多数の電化製品を使う方法
2年でやったであろう電気回路あたり、しっかり学習できてるでしょうか。
※若干教科書超えるレベルですが
細かい仕様は一部ぼかしつつですが、やった内容と照らし合わせてみましょう。

・抵抗の並列接続
あれ、合成抵抗の逆数がどうのこうのという話に目がいきがちですね。
今回は別の側面を確認しておきましょう。
「各抵抗に掛かる電圧は、それぞれを単独でつないだ時と変わらない。」
※ここでいう「抵抗」は、例えば豆電球やモーター等、今回に限れば、電化製品と読み替えてください。
中学校の段階だと、合成抵抗のインパクトが強すぎて難なんですよね…
電源の電圧が変わらない場合、各抵抗に流れる電流の強さは単独でつないだ時と変わりません。
結果、各抵抗で消費する電力も変わらないわけです。

・コンセントの仕様
家庭用コンセントの差込口を増やし、多数の電化製品をつなぐ事は、
電源に並列に大量の抵抗をつなぐ事に相当します(俗にたこ足配線と言う状態ですね)。
並列になるようにしてあるおかげで、それらは全て単独でつないだ時と同じように動作します。
このとき、大元のコンセント~電源までの導線には、それぞれの電化製品に電気を供給するべく大量の電流が流れます。
例えば、テレビに3A,電子レンジに15A、ドライヤーに10A、計28A!みたいな。
つまりこうです。コンセントに大量に電化製品をつないでも、使う分には仕様上問題ないんです。
日本では100V、アメリカでは120Vが基本など、地域によって電源電圧が違ったりはしますが、原理は同じです。
外国に行ってもこの知識は使えますよ!

・ブレーカーの意図
じゃなんでブレーカーは落ちるんでしょうか。
嫌がらせ?いやいや。
導線に大量の電流が流れると大きなジュール熱が発生します。
平たく言いましょう。発熱します。
電流が大きければ大きいほど、また使用時間が長いほど、より高い温度になります。
放っておけば、導線が焼き切れるまで熱くなりつづけます。
なんて、導線は金属製、そう簡単に焼き切れません。まず絶縁体のビニール等が燃えます。
導線が切れるより火事になるのが先かもしれません。
…マズイですね!
何も知らない人がテキトーに電化製品を使っていると、火事になるわけです。
こういうことは理科や家庭科で習うはずなのですが、でも忘れている人も多いでしょう。
そこで、家の配電盤には安全装置をつけてあるんです。
放っておいたら火事になりそうな強い電流が流れると、それを感知して家の電気を切る装置が。
ブレーカーって言います。これで大丈夫ですね!
※漏電ブレーカーはまた別。あっちはふつう製品の使い方的な話ではないです。
※アンペアブレーカーが落ちる原因はこれとは少し違うんですが、対処法がよく似ているので省略。

今回のテーマは、「ブレーカーを落とさずに多数の電化製品を使う方法」でしたね。
つまり、ブレーカーが「やべぇ」って思わない程度の電流ならOKなんです。
一部屋で15Aとか20Aとか、どれくらいの値で落ちるかは仕様次第です。
また、電流の量は、消費電力に比例します。
つまり、消費電力が一定量を超えない範囲なら大丈夫と言いかえられます。
この場合、多くの場合一部屋1500W~2000Wくらいでしょう。

消費電力が低いものなら見た目上数が多くても多少は大丈夫です。
特に低い側の代表的なものに、携帯電話の充電機があり、
多くは20W程度なので、数十個たこ足しても理論上は大丈夫。
一方、熱を生むものはほぼ高い側です。
電気ポットや炊飯器、電子レンジ、トースター、電気ヒーター、ドライヤーなど
大抵一個で1000W前後あるので。同じコンセントでの同時使用はアブナイです。
同じ時間にこれらの複数を使うのも、ブレーカーが落ちる場合がありますね。
パソコンやゲーム機、モニターはその間ですかね。数個レベルなら大丈夫です。
日常生活以外でも、避難所で非常電源分けあう時には結構重要だったりします!

ええ、中学校で、電気回路の単元で習ってますよ今日出た原理!使えてますか?
千葉の塾なら個別指導の学習空間