柏市

柏大津ヶ丘教室 2学期末テスト結果報告


 

 

柏大津ヶ丘教室の成績アップ情報

あけましておめでとうございます。
個別指導の学習空間 最近マイホームの購入を決定し、人生で一番高い買い物をした柏大津ヶ丘教室長の桑原です。

2学期末テストが終わって、冬の面談があり、新居先の保育園の申し込みがあり、冬期講習もありでバタバタとしていてなかなかブログを更新できませんでした。。
大雪も収まり、
学習空間 柏大津ヶ丘教室では、生徒の皆さんとテストの振り返りを行っております。
テスト勉強の中で足りなかったところや、成果を出せたところや、勉強時間や習慣で意識できたことなど、いろいろなことを一緒に振り返って生徒の課題に向き合い、作戦を立てています。
「勉強を通じて自分の使いこなし方を学ぶ」という目標のもと、日々指導にあたっております。

では、今回の結果をまとめていきます!

続きを読む

柏大津ヶ丘教室 2学期中間テスト結果

柏大津ヶ丘教室の成績アップ情報

個別指導の学習空間 最近マイホームの購入を決定し、人生で一番高い買い物をした柏大津ヶ丘教室長の桑原です。
学習空間の成績UP体験記に桑原の記事がアップされました。去年英語16点から98点まで伸びた生徒とのやりとりや指導の様子が見れるので是非ご一読ください。

成績UP体験記:「最高の英語の先生になりたいです!」

2学期末テストが終わって、続々とテスト返却されてきています!
2週間しっかり頑張って生徒たちの顔に、また一段とたくましさを感じる今日のこの頃です。
学習空間 柏大津ヶ丘教室では、生徒の皆さんとテストの振り返りを行っております。
テスト勉強の中で足りなかったところや、成果を出せたところや、勉強時間や習慣で意識できたことなど、いろいろなことを一緒に振り返って生徒の課題に向き合い、作戦を立てています。
「勉強を通じて自分の使いこなし方を学ぶ」という目標のもと、日々指導にあたっております。

では、今回の結果をまとめていきます!

続きを読む

英語教科書改訂についての雑感まとめ~教科書は難しくなった?~

個別指導の学習空間、柏大津ヶ丘教室長の桑原です。
前回のブログからだいぶ月日が開いてしまいました。。。
今年度から中学校の英語教科書改訂がありまして、全般的にどの教科書も質的な変化がありました。

①単語数が増加
②圧倒的文量の増加
③文法事項の増加
④評価項目の質的な変化

 

大きくこの4つが要因として、今回の改訂によって英語は難化したと感じています。
中学校の定期テストでも質的な変化が起こり始めたような印象を受けています。
今回はこれについて考察していこうと思います。

 


①圧倒的な単語量の増加

小5・小6内容の英語で学んでいることが前提となっているのか、これまで以上に教科書内での単語を覚えるペースが速くなりました。数でいうと1200語から1600~1800語に増加しました。
とりわけ、中学1年教科書の単語数がかなり増えたような印象があります。
これに合わせて、文法の進みもやや早くなってきています。

コロナの影響もあり、いままではひとつひとつの文法に時間をかけたうえで、教科書内容を訳して、みんなでスピーキングをするということが基本となっていた学校の授業も変化を見せてきていています。

続きを読む

柏大津ヶ丘教室 1学期末テスト結果!

柏大津ヶ丘教室の成績アップ情報

期末テストが終わって、続々とテスト返却されてきています!
学習空間 柏大津ヶ丘教室では、生徒の皆さんとテストの振り返りを行っております。
点数・順位が伸びた生徒さんもいらっしゃれば、なかなか思うように点数が取れなかったと悔しい思いの生徒さんもいらっしゃいました。
今回は点数アップだけではなく、「これからに期待」というところも書かせてもらいました。
包み隠さず、今回出た感想をまとめていきます!

 

指導2教科で合計60点UP!!5教科合計132点アップ!自分でもびっくり!!!(T・Kさん 中2)

入塾当初1~2か月の間は勉強が本当に嫌いで、指導教科をやりこなすことから苦戦がありました。定期テストに入る少し前、入塾して3か月に入ろうかというところぐらいから、勉強に向き合う姿勢に変化が見られました。「テスト勉強こんなに頑張るの初めてです・・・」というところで頑張れるか不安という声をこぼしていたのですが、テスト2週間前しっかりと勉強して、テストの振り返りを行ったときには「こんなに点数が取れるとは思ってなかったのでうれしいです」という喜びの声を聴かせてくれました。
一番苦手であった英語の文法問題や英作文、点数が取れていないところはありましたが、文法がぐちゃぐちゃではあったものがしっかり書けるようになっていました。「惜しい」と言えるような英作文があったところに成長を感じました。
テスト後のいまは、テストが終わったからといってだらっとせず、苦手な英語を1年生まで戻って、コツコツと頑張ってくれています。
指導教科の点数アップも素晴らしいですが、全体的に点数を上げられたのは本人の努力があってこそです!おめでとう!

 

指導2教科で合計80点UP!!理科53→96点 数学43点→86点 目標の400点まであと「2点」でした・・!!!!(S・Tさん 中2)

理数が苦手で塾に入りたいということで入塾した生徒です。理数だけが足を引っ張ってしまってなかなか悩んでいたところでしたが、苦手な理数がほかの教科よりも点数が高くなりました! 続きを読む

2020年度成績率(成績満足率)1位を取りました!&柏大津ヶ丘教室近況報告

 

①2020年度 成績率(成績満足率)1位!!!!

こんにちは。個別指導の学習空間、柏大津ヶ丘教室長の桑原です。2020年度、四街道東教室は成績率1位を取ることができました!私が柏大津ヶ丘教室を開く前に在籍していた教室ですね。155教室ある中で1位をとれたのは本当にうれしいです。
生徒の皆さんがしっかり納得をして、満足をして塾に通っていただいていた証でもありますが、週3回からの通塾を基本としている塾に通ってくれていることにまずは感謝したいです。
なかなか忙しい習い事だとは思いますので、しっかりとついてきてくれた生徒たちに感謝です。

1位をとれた実感は・・・・・まったくと言っていいほどないのですが、胸を張って喜べる結果を残せたことは光栄に思います。
自分自身もさすがに1位だったらもっと自信が持てるかと思っていましたが、そうでもなかったです。
思えば、勉強はおろか机に向かって真っすぐ座ることから難しい子・トイレでさぼってしまう子・大人嫌いで心を開いてくれない子・先生の前だけ頑張る子・大人の理不尽に悔し泣きしながら相談してくれた子などなど

去年関わってきたどの生徒のことも強く印象に残る年度でした。
毎日毎日が反省の連続でした。接し方、教科知識の伝え方などなど。コロナ対策でいち早くオンライン指導を導入したり、教室の環境面を考えたり、去年度は「教室」を創ることに対して多角的に見つめなおす機会が多かったです。「変化を恐れずに前に進んだこと」が1位をとれた要因なのかもしれないですね。

 

②柏大津ヶ丘教室の成績アップ情報

中間テストが終わって、続々とテスト返却されてきています。
そこで、生徒たちの感想と点数をまとめていきます!

○苦手な数学で37点UP!!5教科合計72点アップ!でも悔しいんです先生・・・・(M・Tさん 中2)

「1年生のころからたまらなく計算が苦手だったために数学が苦手で苦手で仕方がなかった」と語っていた子でしたが、正負の数から始めて分数の通分約分まで遡って頑張っていました。
テストの振り返りを一緒に行った時には、第一声に「点数はもっと取れた気がするんですよね・・・・私これ悔しいんです・・・・」と語ってくれました。
ニガテな意識はまだあるものの次に向かって頑張りたいという意識の表れに心の成長を感じました。おめでとう!!!

○5計順位20位UP!!3計順位40位UP!!!あきらめていた数学で37点上がった!!!!(M・Kさん 中2)

数字を見るだけで暗い顔をしていた子でしたが、今までで一番いい点数をとれた!と喜んでいました。照れながら点数報告をしてくれました。
定期テストの勉強は週に1~2回くらいしか勉強していない、というところでしたが、しっかりと自分のニガテや勉強と向き合い、大幅な順位アップにつなげてくれました!おめでとう!!

○5計点数67点UP!!!勉強ニガテな私が90点台狙えるなんて思わなかった!!(S・Tさん 中3)

単元的にかなりニガテがあったせいか不安の多かったところから勉強を始めて、しっかり結果につなげてくれました。苦手な教科で88点まで近づけたことには本人も驚いていました。
ダメ出しはたくさん言ってるけどそれ以上に自分をほめたたえるところもっとあるんじゃないの!?おめでとう!!

○英数合計40点UP!!次はどっちも80点目指します!!(S・Nさん 中2)

英数がいつも足を引っ張っていい点数が取れないとニガテを感じていた子でしたが、その英数でものすごい伸びを見せてくれました!「80点取りたい・・・・」と語るその顔には悔しさがにじみ出ていました。
まだまだここで限界ではないので引き続き頑張っていきましょう!

 

毎年思うことなのですが、勉強が苦手な生徒は「自分をほめることが下手」です。どこか自信がなかったり、苦手な印象が強くなると、勉強全般に暗い印象な子がほとんどです。

「自画自賛すべき部分があるのでは?」

「自分のどこをほめてあげたい?」

これはテストの振り返りのときに全員に聞いていることですが、聞かれてたじろぐ生徒のほうが圧倒的多数です。
反省するときは「良いところも悪いところも出すこと」暗い部分ばかり見ないで次につなげる姿勢が大切ですね。

さて今回は点数に関するブログになりました。
期末テストに向けて一同燃えています!
ではまた。

千葉柏の塾なら個別指導の学習空間

テスト前の勉強時間と声かけの仕方

いつもお世話になっております。個別指導の学習空間、柏大津ヶ丘教室長の桑原です。

近隣中学校が定期テスト前に入ったということで、教室でも定期テスト対策に向けて燃えている生徒が増えてきました。日が進むにつれて意識していくのか、だんだん勉強時間が増えていく生徒たちの背中をみて、たった2か月程度ではありますが成長を感じる今日この頃です。入塾時のアンケートでは、いままで定期テストは2週間毎日勉強したことがなく、合計勉強時間は20時間あれば多いほう、という生徒さんが9割くらいでした。

生徒に聞いてみると、「計画は立てるけど、計画表通りに進められたことない・・・」という生徒がほとんどでした。

もちろん毎日勉強できた方がいいです。ただそれに対してあたまごなしに「ちゃんと毎日やんなさい!」「勉強してんの!?」といった指摘をするとやる気を削いでしまいます。そんでもって親子間でけんかに発展してしまうケースも少なくないと思います。今日は適切な勉強時間とそれに合わせた子どもへの声かけについて書きました。

 

○勉強時間をどれくらいとってほしいのかを決める

まず、子どもにどれくらい勉強してほしいのかを時間数でざっくり決めましょう。大体で構いません。例えばテスト2週間前であれば平日は10日間、土日は4日間あります。平日2時間、土日は4時間と考えるのであれば、

 平日2時間×10日=20時間

 土日4時間×4日  = 16時間

 合計           36時間

 

という具合に、累積合計時間までざっくり出しておきましょう。

ただ、ここで気を付けてほしいことが一つあります。

 

自分の中で計算してはじき出した勉強時間を絶対視しないことです。

あくまでも自分で出した勉強時間は参考程度にとどめておきましょう。

理由は次の項目に書いていきます。

 

続きを読む