白井市

今年の高校入試対策

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
見通せない状況が続きますが、見通せる範囲でちょっと気になってきていることが。
ええ、高校入試です。
(大学入試もすごーく気になりますが、今は置いておきます…!)

例年のスケジュールであれば、中3生は、夏休み前後の7~8月にペースアップ&1・2年の復習を本格的に始めます。
部活引退という節目でわかりやすいこともありますが、単に夏休みは時間を追加で確保しやすいからという理由も小さくないです。
ところが、今年はその夏休みが消滅の危機を迎えています…
というか、9月入学にでもしない限り、最低でも夏休みを返上しない事には、授業が追い付きませんね…
となると、夏に(塾での)勉強時間を大幅に増やす…という状態にしたくてもできない可能性が高いです。
このまま学校が6月に再開し、入試が2月末にある場合、私は夏休みどころか、まともな長期休暇がなくなる可能性が高いとみてます。
そうなると、学校のテストを心配しすぎずに、追加の時間を取って復習をする機会というのは、もう今月しかないかもしれません…!

要は受験生は今月、夏休みであるかのように、受験に向けて1・2年の復習をやっておくべきです。
学校が始まらず、高校見学にも行けず、正直、例年夏に受験生の持っていたようなモチベーションを保つのは難しいとも思います。
ただ、受験は競争、その状況は皆同じで、その点の不公平はないです。
最悪を想定しつつ、今はやれることを。

にしても、これ学校再開後がハードスケジュール。。。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

こわいものこわくないもの

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。

独り言書きながら調べものします。

さてさて、ウィルスウィルスと言いますが、そもそもウィルスって何ですっけ?
微生物の一種?いやそうでしたっけ。違うって高校で習った気はするな。
ああ、あった。書いてありますよ。
「細菌よりはるかに小型(中略)感染性の構造体をウィルスという」
…構造体!
モノによりますが、おおむね100nmレベルのサイズみたいですね。
よく紛らわしくなる細菌は1μmレベルのサイズですか。10倍~100倍程度の差かな。
我々の体内で勝手に増殖する(時に迷惑を被る)という点では、細菌もウィルスも似たようなもんですかね。
ただ、自力では増殖不可能という点で、ウィルスは生物の定義からはずれるようです。
なんか化学物質に近い気がしますね。生物自体、大元は化学物質なんて話は聞きますが。
対策としてはだから、抗生物質ではなくワクチン?
そもそもこの2つの違いってよく知らないですね…同じ部分も多そうですが、どうなんだろ

なんて色々見てると、いつの間に脱線しちゃうんですよね。それがまた楽しい。
そもそも怖いってのは、基本的に未知へのものへであって、完全に既知のものに怖いってあんまりないはずなんですよ(危ないはあるけれど)。
だとしたら、怖いへの対策は知ることです。
今は調べる手段には事欠きません。情報の真偽がわからない?調べればいいんです。調べたはいいけど、中身の情報が読み取れない?そりゃその分野の勉強不足ですね…じゃわからない部分をさらに調べましょう。わからないものがたくさんあったら、興味の向く順番にでOK!楽しんでやれてれば、きっといつの間にか詳しくなってますよ。未知の部分が残っても、何が未知かわかっていれば、怖い部分はだいぶ絞り込めるはず。コロナ、知るほどに危ないヤツだけど、これ自体の怖い部分はもう少ない。
…でもこの「状況」は読めなくて怖いです。。。
千葉の塾なら個別指導の学習空間

家で一人で

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
県立高校後期入試、高校期末考査と、1年の詰めの試験のある時期になりました。
今日もそんな話題で書こうかと思っていました…が、ご存じの通りの状況に。

春休みが長くなった…と表現するには、あまりに時間の使われ方が限られています。
極論、外出するな、ですからね…
何もやる事が・やれることがない、という感覚の人も多いのではないでしょうか。

ですが、考えようによってはかなり貴重というか、珍しい機会です。
部活がなく、外出の予定自体非推奨という点で、夏休みよりも皆さんずっと自由です。
普段が部活に勉強にで忙しい・疲れるという感覚だったなら、まさにその対極。
もしかして、ずっとほしかった時間ではないですか?

だとしたら、今、何がしたいですか?
事実上、家で一人でやれることに限ります。
スマホで時間つぶす?…いやいや、一日中スマホ×数日間って、並大抵じゃ続きませんよ?
学校の勉強?模範解答ですが、次の定期試験がどうなるかわからない今、どこをどう進めましょう?

個人的には、今こそ興味本位で、誰にやらされるとか必要だからどうとかじゃない、やりたい勉強ができるんじゃないかと。
普段は時間に追われてやれない、何の試験にも出ないところを、面白そうだから調べるとか、じっくり考えるとか、です。
今時それこそスマホで大体のことは調べられますし、何なら解説の動画もあるでしょう。本さえ入手できれば、読書もいいですね。
高校レベルだろうが大学レベルだろうが、そんなのは気にしません。やりたければやればよかろうと。

敢えて例示しません。何が浮かびますか?
もし何も無ければそれもまたいい機会に出来ます。ちょっと立ち止まって、探してみましょう!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

入試の後に掛けたい言葉

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
もう千葉県は高校入試が目前です。

当然、そう遠くないうちに結果も出るでしょう。

望んだ学校に努力の末合格することはおそらく幸せで報われていて、本人にとって素晴らしい成功体験、プラスになるでしょう。
一方で、それそのもので、将来の成功やら幸せやらが確定するわけではありません。将来にプラスかどうかすら、実はその時点では確定してません。もしそれがプラスなのだとしたら、本人がそう信じているからではないかと。
だとしたら、逆に、失敗とはなんだろうと。
望んだ学校に入れないこと、努力が報われなかった体験をすることは、果たして失敗でマイナスなのかと。そう思っていれば間違えなくそれは失敗ですし、いい思い出にはならないでしょう。不幸なのかもれません。先ほどのをひっくり返してみます―「もしそれがマイナスなのだとしたら、本人がそう信じているからだろう」と。

数学の教科書によれば、これをさらに裏返しても同じことです。
「本人がそう信じていないなら、それはマイナスではない」
ある種の開き直りでもありますし、結果の確定までは全力を尽くしてほしいですがしかし、すでに十分頑張ってきて、それでも100%とはいかない勝負に臨んだ人に、もはや激励も祈願もありません。その経過はプラスであると信じます。難なら、今の望みと違ったとして、その進路を最良の道にしましょう。
第一志望ではない学校に行くも、今まで取ったことのない高い順位を取ることで、受験勉強の成果や意義を見出し、結果次の進路が見えてくる人はいます。いい意味での失敗を経験することで、失敗を必要以上に恐れなくなったり、あるいは十分に備えられるようになったりすることもあります。いい友人やいい先生との出会いに恵まれることもあるでしょう。だとしたらそれはきっと、本人にとって最良の道だったのです。
この辺りは本人のとらえ方と周囲の声掛け次第で、如何様にも考えられます。考えられるのです。

良くないのは、周囲が結果を求めすぎて、失敗をマイナスで避けるべきものと蔑んだり、前提となる十分な頑張りが見られない人にこの論調でフォローをしてしまったりすることでしょうか。
つまり今何が言いたいかというとですね

本番風邪ひかんようにね!

効率の悪い勉強法?

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
2020年になりました!今年もよろしくお願いします。

年末年始で、いくつか映画見ました。
中身の話題にするとネタバレしそうなのでそこは置いといて。

映画は字幕です。字幕で見ましょう!
率直に言えば、私は英語の(文法の)勉強はあまり好きではないです。どうも面白味を感じられません。
でも、英語と日本語の表現の微妙な違いは結構興味があります。
単発の表現でもありますが、英語では同じ言葉の繰り返しなのに、日本語だと別の言葉で補っているケースもありますね。
そんなのを見ていると、単語や文節の「意味」が分かる気がして、それがなんとも個人的に面白いです。

この単語の「意味」というのは、単純な暗記や調べでは私にはなかなか見えてきません。
が、使われている場面があると、一気に理解が早くなります。
漫画やアニメで外国語を習得する人がいるというのも頷けます。

これの効率がいいかと言われると、テストの点数を取る目的では微妙でしょうね。
映画ではそもそも発音を知っている単語しか聞き取れません。
聞き取って、字幕と意味比べまでできるシーンは、私程度だとそう多くないです。話ガンガン進みましね。
1つの映画を映画として鑑賞する限りは、理解が深まるのは2~3単語(または1~2フレーズ)でしょうか。
2時間で2単語…生徒がこのペースで単語暗記やってたらちょっと注文が付きますね…
ただ、これで覚えなおした単語は、ほかの単語に比べかなり深くわかった気になれます(気のせいかもしれません!)
類似の他の語との比較も、説明聞いて納得しやすくなりますね。推測できるものも増えます。
これは座学ではなかなかたどり着けない境地だとも思ってます。
実際使ってるのみてこそ、ですね。

と、英語の話しましたが。してみましたが。
私は理科は常時この、実際に使われる様子を見て理解が深まっている状態なんですよ…
このシーンのこの現象はアレ関係してるなとか、このキャラの能力はこういう規則性があるに違いないとか…
もしかすると漫画やアニメで理科の勉強してますね。

このそもそも?の興味関心の差はいかんともしがたいです。
進路の話題の多い季節ですが、できることなら、興味関心を活かせますように…!

クールな話題

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
すごく寒いですね…私の身近でも、インフルに罹った人が複数出てきました。
繰り返しになりますが、体調管理には特に気を付けましょう(衛生管理も!)。

ところで、最近考えてる物理現象の方の話をつらつら。
この季節、なぜ窓ガラスは曇ったり濡れたり凍ったりするのでしょう?

中学校範囲の知識で考えてみましょう。
前提としてその水の出どころですが、これは空気中の水蒸気でしょうね。
―直接水かけてるとか、配水管が…なんてケースはすみません、放置します。

ではなぜ水蒸気が液体の水に戻るのか、しかも窓ガラスで、というところですね。
前者に関しては、露点というキーワードが重要そうです。
雑に言えば、空気の温度が下がると、水蒸気は液体の水に戻る場合があるという話でした。
つまり、濡れている窓ガラスは、その触れている空気より冷たかったのだろうという事ですね。
家の窓ガラスの内側に限れば、室温より外気温が低いから、で説明つきそうな気がします。
湿度がすでに低い場合は、その条件でも曇らずに済むでしょう。
また、すでに多少曇っていても、窓ガラスを温めれば、その曇りは取れます。
脱衣所の鏡にそんな機能がついていることもありますね。
逆に、室内を加湿している場合は、びしょ濡れになる場合もありますね。
また、この現象で室内の湿度が下がるケースはありそうです。
どれくらい下がるかは、外気温(と室温)によって決まるはずなので、やろうと思えば検証もできそうです。
興味のある方、今のうちに夏休みの自由研究どうでしょう?(笑)

―解せないのは車のフロントガラスの外側が凍るケースですね。
早めに言いますと、これ私も100%の納得のいく理屈考えられてません。
外に置かれた車のガラスが、露点を下回るほど冷たい?
気温と同じ温度ならとにかく、冷える要因には、熱平衡とは違うものがありそうです。
熱放射という要因は考えられますが、それにしてもそこまで冷えるものでしょうか。
そもそも結露ではなく、霧が発生した(≒雨が降った)ために濡れ、凍っているケースはありそうです。
このあたりの原理や計算は高校ではやらず、大学レベルですね。

なんていうのもですね…深夜に帰宅しようとした時、フロントガラスのバリバリに凍ってるあの落胆。
これは生徒諸君にはまだわからんことでしょう(わからんでいいです)。
もうそんな季節です…!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

ホットな話題

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
すぐ下にすごく暖かい話題もありますが(桑原先生、おめでとうございます!)
季節はもう冬!外は寒いです…!

体調管理の側面から、防寒は受験対策としても重要です。
物理屋の夜向けの防寒対策をいくつかまとめて伝授したいと思います。
個別には以前紹介したこともありますので、細かいところ気になったら、バックナンバー掘ってみてください。

○断熱は外側、保温は内側
毛布は上、羽根布団は下があったかいです。
外出なら、セーターは内側、ウィンドブレーカーは外側に着ます。逆だと大分寒くなりますね…
隙間を開けないのも大事です!

○浴室は湿度100%にする。
一般に、濡れてると寒いのは、水自体の冷たさの他に、その気化熱があるからです。
風呂で寒い思いをしたくなければ、浴室の気温の多少より、まず湿度を上げるのがおすすめです。
一番風呂なら、湯舟の蓋開けておけば簡単ですね。
ただ、カビ対策は別途…

○風呂は濡れてない状態で外に出ること。
上記続き。脱衣所を湿度100%にするのちょっとできません。
濡れた状態でそんなところにでると、いくら気温が高くても冷えます=寒いです。
浴室内で体の水分を極力ふき取ると、寒い思いをせずに済みます。

○暖房は楽するなら電気式。
燃焼を伴うストーブを使うなら、換気が必須です。
換気をしない場合、集中力の低下などの、勉強中は困る副作用が出ます。
つけっぱなしで寝るなど論外で、火事の危険より、一酸化中毒が危ないです。
使うなら、気分転換でまめに換気をし、寝る前に計画的に消すべきです。
電気式のストーブやエアコンはその点、換気や管理の必要性は下がります。
ただ、暖房費は高くつく場合があります…

○窓からの冷気を遮断する。
締め切った部屋の冷えるのは、たいてい窓ガラス越しの冷気です。
雨戸があれば閉め、カーテンも閉めましょう。結構冷え方違うはずです。
市販の断熱シートを試すのもいいかもしれません。

受験まではあとおおよそ2か月半、体調崩さずに乗り切りましょう…!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

台風に備えながら

個別指導の学習空間 千葉エリア 習志野藤崎・西白井教室の竹村です。

先日の15号の被害がまだ残る地域もある中、今週末また台風が来るようです。
恐ろしいことに、その勢力は「今年最大」だそうです。
つまり、「先日の15号より強い」ということです。もちろん、進路によって実際の荒れ具合は大きく異なりますが、最悪の場合、15号以上の被害が出る可能性もあるとみて、備えておきたいところです。

来そうなのは連休の頭の土曜ということですので、物的被害が出ない前提であれば、公立校に通う人への影響は、前回よりは小さいでしょう。私立校や塾をはじめ、どこか出かけるつもりの人は要注意です。

来るのが朝(外出前~外出時)ならもう、ニュースなど見るまでもなく、実際の天気見て諦めればいいんです。誰かと待ち合わせしていたとして、互いに判断の違いは出にくいでしょう。
ところが、外出時にそう天気が悪くない場合、判断が分かれがちです。今の私のように、来ること自体は聞いていたとしても、自分のいるところがいつからどの程度荒れるか、までは予想が難しいです。案外大したことなかったということも、経験上確かにあります。予定の事前キャンセルまでは中々決心がつきません。
今回の台風は特に強く警戒が呼びかけられていますし、私は週末の予定は全部取りやめて家に籠るつもりです。ただ、それも事前に情報をつかめていればこそ。

千葉の各教室も、土曜は休校し、代わりに月曜日(元は体育の日で休み)に振り替えます。
月曜ならば天候は恐らく問題ないでしょうが、それでも、来る生徒さんは要注意です。
○教室に被害があり、指導できない可能性があります。
これは指導前に講師が状況を確認し、問題ない場合でも連絡します。来る予定の人は、必ず連絡を確認して下さい。備えてはいますがそれでも、停電、浸水、または飛来物による被害が出ている可能性があります。
○教室に来るまでの道に危険があるかもしれません。
これは講師側では完全には把握できません。信号機が止まっているとか、道を飛来物がふさいでいるとかならまだわかりやすいのですが、道端の樹が倒れそう…とかは、通っている本人すら気が付かないこともあり得ます。路面だけでなく、周囲も見まわしつつ、細心の注意を払って来てください。

上記二点に問題がなくとも、家や近所が大きな被害を受けていた場合は、復旧を可能な限り手伝ってください。それに優先される事はまずないです。

もしかしたら大げさかもしれません。なんだ心配しすぎだったね、となればそれが一番です!

台風一過

個別指導塾の学習空間、習志野藤崎・西白井教室の竹村です。
夏休みも終わってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。

つらつらと理科の話書こうと思ってたら、今週は天気が酷かったですね…
幸い、私の見ている教室やその周辺は、聞く限りは対処可能な被害で済んでいました。
しかし、比較的近い場所に、日常生活ができないレベルの被害が出ているところもあります。

こういう時、我々の普段の生活が如何に色々なモノに依存しているか、なんて考えたりします。
例えば、建物などの物的被害がなく、関係あるのが停電だけであっても、深刻な状況に陥ります。
電気なんてなくっても死にはしない?
間違えなく、一昔前はそうだったはずです。200年余り前は、電気の存在すら公ではなかったでしょう。
世界には今も、電気を使わない・知らない人たちがいますが、もちろん絶滅などしてません。
ところが、今の日本では、本当に命に関わるケースすらあると聞きます。
それも、病気などで、生命維持に機械を使っているという、直接的なものだけではないようです。
冷房使用不可→熱中症など、状況次第でほとんど誰でも起こりえます。
即座には命に関わらなくても、加熱調理ができず食料が保存できない→飢えや食中毒による健康被害という線も。

興味深いことに、その危機的状況を解決する手段を、ほとんどの場合当人たちは持ちません。
言い換えましょう、自宅のある一帯が停電した時、その状況を解決できる人がまずいないのです。
私も電気の知識は最低限?ありますが、機械の知識は乏しく、まず復旧作業などできません。
(※技術的にではなく、社会的にできないってのも実際にはあります)
代替手段の用意でいいなら、もう少し可能性は広がりますが、エネルギーの保存則がありますからね…
結局、エネルギー源を用意できない事には、一時しのぎ以上のことはできないでしょう。
恐ろしいことに、停電だけで、結果的に食料の供給すら止まることがあるようです。
食べ物が買えないというだけで、身の回りに如何に食べ物が無い(または見つけられない)かが見えてきます。
水も同じくです。こちらの方が身の回りで見つけやすいですが、池や川の水はそのままだとお腹壊しそうですね…
つまるところ、救援を待つということに。

美しく書けば、これは今の日本が、かなり高度に互いを支えあっているということでもあるでしょう。
高度すぎて、専門外の人ではなかなか代理ができないという弱点でもあります。

私個人として
もし災害でそのような状況に陥ったなら、救援には期待せざるを得ないでしょう。
しかし、救援を待つのみというのは信義に反します。物的被害がありすぎて、寝床もないならとにかく…
物的な意味で備えると言うのはもちろんありますが、そのあとの話です。
でもそうなったら、何ができるというのでしょう…?

―夏休みに買ってみた雑草図鑑一冊とっても、見え方が変わります。

【夏休み質問】暗黒物質って何?

個別指導の学習空間 千葉エリア 習志野藤崎・西白井教室の竹村です。

こんな感じの質問が複数ありました!
Q:「ダークマターってなんですか?」

…教室に「ダークマターとダークエネルギー」って本をこれ見よがしに置いたのは内緒です。

A:正確なところはわかりません!
念のため言えば、「知りません」ではなく「わかりません」。
わからないあたりがダーク(暗黒)なマター(物質)なんですね。
この質問、私も高校生のころから疑問なんですが、まだ解明できていないようです。
ただ、最近調べたら当時よりわかっている部分が少し増えてましたね。
私なりにまとめます。

・宇宙中に存在する(と思われる)何かしらの物質である。
地球上にも存在するはずですが、なぜわからんのかというと…

・今のところあらゆる方法で観測不可。接触不可(?)。
見えるというのは、電磁波が出るか、反射吸収するかなのですが、それがないようです。
接触も多分不可能。触るって現象も、こういう世界では当然ではなかったりします。
そんな幽霊より幽霊してるモノがなぜ存在するといえるのか、なぜなら…

・存在しないとすると、宇宙の成り立ちが説明できない。
今わかっている物理法則と、観測した宇宙の様子を見比べると、つじつまが合わないようです。
その合わない部分を突き詰めていくとき、最も有力な説が、このダークマターの存在ということです。

そのつじつまを合わせるべく想定されたダークマターの姿は、書いたように、あるけど無いモノです。
我々の知る物質に干渉してくる要素が、「質量をもつ」の一点のみかもしれないようです。
そのうえ、地球上という規模では存在が薄すぎて、存在する証拠が見つけられていないと。
ただ、干渉できる以上、小さいとか微小だとかは「気合」でなんとかなるかもしれないようです。
似たような特性のニュートリノとか、ぶつかった瞬間を「気合」でとらえてますからね。
とにかく、今のところ実測できていないということです。
→「気合」と表現した部分は、カミオカンデの仕組みを調べてみてください。
私にはあれは気合としか表現できません。あれほんとうにすごい(語彙力不足)。

本当はもう少しわかっている部分があるのです。
ただ、文章量的にも私の理解・説明力的にも今はここまでです。
物足りないと思った方、まずは昔わかってた物理法則をマスターしてください。何ならそこまではお手伝いします。
したら、勢いで今わかってる物理法則をマスターして、私の代わりにこの正体を探ってきてくださいな!
千葉の塾なら個別指導の学習空間