野球

限界のその先(笑)

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!
久しぶりのブログです。

久しぶりといえば、先日友人と久しぶりにキャッチボールをしました。学生時代野球をやっていたわけではないので速い球を投げられるわけではないですが、楽しくキャッチボールできました!次の日肩と腕が…。歳ですね(笑)
キャッチボールしながらふと思ったのが、「やっぱりプロってすごいなぁ」でした。素人が投げる球と違い、球は速い・コントロールもびしっと。(当然ですね笑)狙ったところに140km、150kmで投げ込み、投手によっては160km以上の速度で投げますよね。同じ人間か?と疑いたくなります(笑)

そこで思ったのが、人間の限界って何kmなんでしょう。少し調べてみたら、177kmってのが出てきました。とんでもないですね…

さらに気になったのが、もっともっと速く、それこそ音速とか光速で球を投げたら周辺への影響とかどうなんでしょうか?もちろん、身体がぶっ壊れるとか、キャッチャーが取れないとかは気にしない方向で。これは…物理かな…?

てことで、教えて竹村せんせー

千葉の塾なら個別指導の学習空間

ストーブリーグ

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

皆さんこんにちは!ここ最近めっきり寒くなりましたね。本格的にストーブやこたつなど暖房器具が頑張る季節になりました。部屋を暖かくして過ごすのは大切ですが、温度だけではなく湿度にも気をつけないと、インフルエンザや風邪になってしまうので湿度管理も徹底していきたいですね。ストーブの上にやかんを置いて、加湿しながらすぐに熱湯が使えるので、一石二鳥ですね。とっても便利です。

ところでストーブと言えば…そう!プロ野球のストーブリーグですね!(無理やり?笑)知らない人もいると思うので、一応説明させていただくと、野球のオフシーズンになると契約更改や選手の移籍の動きがみられます。それらの話題のことをストーブリーグと言います。野球のオフシーズンは冬なのでストーブが必要になることからこの名前になったそうです。ちなみに夏場がオフシーズンのスポーツはプールサイドリーグやビーチサイドリーグと呼ばれるそうです。
そんなストーブリーグ、今年はある球団がすごい補強をしていますね。他球団のFAの選手、自由契約になったメジャーの選手とも契約しており、たしかな情報ではないですが、まだまだ補強するとも言われています。補強ばかりで「やりすぎでは…?」とその球団のファンからも批判の声があるそうですね。来シーズンに向けて戦力を整えるということを考えると球団は正しいことをやっていると私は思っていますが…。
それよりも私が気になるのはFAなどで移籍した選手に対するブーイングです。以前在籍していた球団のファンの気持ちになるとブーイングやヤジなど飛ばしたくなる気持ちはわからないではないですが、プロの選手としてはより自分を評価してくれる球団に移籍するのは自然なことだと思います。もちろんこの場合の「評価」は年俸(お金)ですね。評価の基準としては年俸が一番分かりやすいですからね。選手によっては移籍(残留)の条件で「長年やっていて愛着のある球団でやりたい」「子どもの頃からの憧れの球団でやりたい」「慕っている先輩選手がいる球団に行きたい」など様々です。しかしそこには少なからず金銭もかかわってくる問題です。優秀な人材はより自分を評価してくれるところで、より輝ける場所で、と希望することは当然です。それが「プロ」というものだと思います。
でもやっぱり自分の好きな球団の選手が移籍すると寂しいですよね。しかしその選手の次のステージでの活躍を陰ながら応援していくことにします。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

25年ぶり!

個別指導塾の学習空間、八千代台教室・八千代大和田教室の川田です!

皆さんもうご存知だとは思いますが
25年ぶりに広島東洋カープがセ・リーグ優勝しました!!

25年ぶりですか・・・。
長いですね・・・。

他のセ・リーグのチームの最後に優勝した年を調べてみました。

東京ヤクルトスワローズ→2015
読売ジャイアンツ→2014
中日ドラゴンズ→2011
阪神タイガース→2005
横浜ベイスターズ(現DeNAベイスターズ)→1998
広島東洋カープ→1991
※今年の開幕時

カープの次に優勝から遠ざかっているのはベイスターズですね。
もしかしたら来年はベイスターズかもしれませんね。(笑)

25年前といえば私がまだ1歳ですので全然記憶にありません。(笑)
ペナントレースが開幕する前、解説者の方々の優勝予想チームで広島と予想した方はいなかったと思います(私がTVで見た限り)

去年のヤクルトにしても、今年の広島も前評判がよくない状況での優勝でした。
本当に勝負の世界は何があるかわからないということを教えてくれますね。
しかし、選手たちは勝つことを考えて練習をし、ファンは優勝を信じて応援しているからこその結果で、偶然なんていう安っぽい言葉で表現することが失礼なことでしょう。この結果になるだけの努力を陰で継続していたはずです。結果を出すための近道なんてありません。強いていうのであれば地道にコツコツやるのが一番の近道でしょうか。
勉強も同じです。コツコツやる以外に近道はありません。皆さんの周りにも「ある日突然勉強できるようになった」「昨日とは別人のごとく部活で強くなった」という人はいませんよね?それが証拠です。「勉強できるようになる薬ないかなぁ」なんてぼやいてる時間があったら机に向かうことをおススメします。(ぼやきたくなる気持ちは痛いほどわかりますが)

最後になりますが広島東洋カープの選手の皆さん、ファンの皆さん、優勝おめでとうございます!!!!!!

しかしまだまだCSがあります。私の応援している球団もまだまだ日本一をあきらめていませんよ(笑)

千葉の塾なら個別指導の学習空間