鎌ケ谷市

【夏休み質問】万有引力の大きさ

個別指導の学習空間 千葉エリア 習志野藤崎・西白井教室の竹村です。

こんな質問をいただきました!
Q:「重力は質量が重いほど大きいと聞きます。体重が重い人はその分、人を惹き付ける力が強いはず!!!」

質問…?

A:重力→万有引力と修正したうえで。
確かに、万有引力は質量が大きいほど大きくなります。
惹き付ける…はわかりませんが、引き付ける力もつまり、大きくなりますね。
どの程度でしょうか

以下、ひと段落読み飛ばしてもいいです
万有引力はF=GmM/r^2で計算できます(数式エディタとか使えないので表記ユルシテ)
今回の状況では、
万有引力定数G=6.67×10^-11[Nm^2/kg^2] ※とても小さな値です
対象の質量はm=50[kg]としましょうか。中3男子なら大体このくらいでしょう。
自身の質量はM=50[kg]or100[kg]で比較しましょう。私は四捨五入で50kgくらいです。
二物体間の距離は計算しやすくr=1[m]とします。質点間の距離なので、肌と肌の距離はもう少し近いです。隣について指導してると、この程度の距離でしょう。

この前提で電卓叩くと、
50kgの人の、相手に及ぼす万有引力の大きさは約0.00000017N
100kgの人の、相手に及ぼす万有引力の大きさは約0.00000034N
です。単純に、100kgの人は50kgの人の2倍の引き付ける力を発揮しますね!
ところで、0.00000017Nがどの程度かというと、約0.000000017kgの重さ相当、このうっとおしい0の山を単位に収めると、約17μg(マイクログラム)となります。「見えるか見えないか程度の砂粒1粒レベルの重さ」と同等の引き付け力の差ですね!

まるで効果ないです痩せましょう
惹き付ける力が強いのかという質問?の答えに関しては…えー、数値だけで測れないところもありますよね!わかりません!
千葉の塾なら個別指導の学習空間

ボードマッチ

個別指導塾の学習空間、八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です!

みなさんこんにちは!
まだまだジメジメした天気が続いていますね。洗濯ものが…。

さて皆さん、参議院選挙がそろそろですね。期日前投票もできるのでもう投票したよーって人もいるかと思います。若い世代の人ほど選挙に参加してほしいっていうのは以前の記事でも投稿したのでそっちも読んでみてください。

今日は「どこの政党に投票したらいいかわからない」という人向けの記事です。私が各政党について話してもいいのですが、私見が入ってしまうので客観性に欠けます。(笑)
そこで皆さんに紹介したいのは「ボードマッチ」です。検索すればすぐ出てくると思うので試してみてください。いくつかの質問に答えると、自分の考えに近い政党が出てきます。迷ったらボードマッチ試してみてください!!
ちなみに私も試してみました。この結果を参考に投票行きたいと思います。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

物理について思うこと

個別指導塾の学習空間、八千代台・鎌ヶ谷教室の内野です!

早速、私が物理について思うことを書きたいと思います!
その前に、みなさんお待ちかねのGWの釣果を発表したいと思います!

ニジマスたくさん、シリヤケイカ、コウイカそしてシーバス(シーバスは次回までにでかいの釣ってに載せます!)と有意義なGWを過ごすことができました!笑
6月の中旬にもう1度イカを狙いに行くつもりです!!!!!!!

少し脱線しましたが、気を取り直していきます。高校で物理を履修していない私が高校時代に物理について思っていたことは、
➀計算が大変。
➁とにかく公式が多い。
➂テストは難しいけど、単位は取れてしまう。
➀について
私は難解な計算や問題に対して出来たときの達成感をあまり感じませんでした。物理がとっつきにくい教科と思わせる大きな要因でした。何より計算がメインの理科、中学理科でいうと、電流、オームの法則、磁界等が集まった物理を好きになる理由がありませんでした。(理科一分野は苦手でした。)
➁について
なにか新しい章に入るたびに「公式」がでてくる。新たに公式を覚えるほど苦痛なことはありませんでした。公式を覚えただけでは問題が解けないことは、文系の私にとって物理は複雑怪奇なものでした。
➂について
私が通っていた高校では、物理の平均点が赤点に限りなく近かったことを覚えています。では、みんな留年?と思うかもしれませんが、誰1人留年する人、単位を落とす人はいませんでした。それは、赤点の人への救済措置があったからです。私自身、文系クラスだったというのもあってどのような課題がでたかは知りませんが、みんな進級できていました。私は物理は赤点取っても単位が取れるイージーな教科という認識がありました。笑
と、ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、上記が高校時代に私が物理について思っていたことです。
しかし、今の私が1番興味があり、役に立つと思うのが、高校時代に毛嫌いしていた物理です。
当時は物理に興味をもちませんでした。しかし、今みてみるとおもしろいことばかり出てきます。例えば、大砲の角度がわかればどのくらい飛ぶのかがわかったり、釣りやスキー・スノボー、運転時によく用いられる偏光サングラスの偏光についても物理で学ぶことができます。偏光サングラスがほしい私にとっては、興味しかありません!
生徒たちからよく聞かれることがあります。「大人になって1番役に立つ教科はなんですか?」その答えは、物理なのかもしれません。物理は日常のなぜ?を解明してくれる凄い分野です。今は物理のスペシャリスト竹村先生がいらっしゃるので頼ってばかりですが、近い未来、私は胸を張って物理もできるスーパーな講師になるため現在進行形で成長しています!笑

千葉の塾なら個別指導の学習空間

今年、全力でやってみます!

個別指導塾の学習空間、八千代台・鎌ヶ谷教室の内野です!

今日は4月21日にありました研修会とGWの予定についてお話させていただきます。

年2回、全国の学習空間の先生方が集まる機会があります。

そのうちの1つが研修会、もう1つが社員旅行です。

私は今年初めて研修会に参加させていただきました。

先輩講師からは「飲み会が半端ない」と伺っていましたので、楽しみと不安でいっぱいでした。笑

しかし、いざ研修が始まるとすべてが為になることばかりでした。

他エリアの講師の方々との交流、外部講師の方からのコンプライアンスについて、選ばれた講師の方々が開く道場・・

あれ?ちゃんと研修会じゃん!!!!!

今回の研修会で、私が最も印象に残ったことは、昨年度に良い成績を残した講師の方々の表彰式です。

各部門で優秀な成績を残した講師の方が舞台の上で表彰されます。

失礼ではありますが、まだすべての講師の方々の顔を名前が一致していません。。

しかし、壇上に上がる講師の方々の顔と名前が一致しました。

何が言いたいかというと、有名な人は有名になるだけの理由がある。ということです。

他エリアの講師の方々とお話しする際に、必ず自己紹介をしています。当たり前なことかもしれませんが、近い未来、私の顔を見て千葉エリアの内野だ、とわかってもらえるようになりたいです。

では、そのようになるためにどうしたらよいのか。表彰式のときすでに答えは出ていました。

「来年はオレも壇上にあがる」

もちろん簡単なことではありません。今の私には壇上に上がる理由が1つもありません。しかし、やる前から諦めたくありません。

今年は私にとっていい年かもしれません。

こんなに素晴らしい研修会があることを知れた!

今年に入って、小さいころから仲が良い友人2人が結婚しました!

好きなアニメの2期が始まる!

新たな目標ができた!

まだ5月なのにこんなにも多くのいい出来事があります!

今年は、千葉エリアの目標でもある、「やるべきことはやる」「当たり前のことやる」「1人1人を大切にする」の意味を考えながら日々精進していきます。

この3つの目標は、見る人からしたら抽象的すぎるかもしれません。

しかし、私にはとても重みがあり、深さもある言葉に聞こえます。

もしかしたら、違うメッセージ性があるのかもしれませんが、自分なりにこの目標を遂行していければと思います。

とにかく、今年は全力でやっていきます!

ゼロからイチへ。

GWの目標はシリヤケイカを釣ること!

次回のブログをお楽しみに!!!!!!!!!

毎回語って終わりになってしまっているので、次回はGWの釣果報告をメインにできればと思います!笑

千葉の塾なら個別指導の学習空間

点数アップのコツ教えます!

個別指導塾の学習空間、四街道東教室の野依です^^
ブログでは初登場になります。

今回は、「点数アップのコツ」を皆さんに教えたいと思います。
点数をアップさせる為に、私がオススメするのは「暗記を詰めていくこと」です!

全てが暗記という訳ではありませんが、特に「理科・社会」は覚える内容が多いですよね?
約半年後に受験を迎える中学3年生には、ぜひとも「理科・社会」の暗記に力を入れてもらいたいです!

中学校3年間で学んだことを全て暗記するのはなかなか大変だと思います。
ですが、覚えることですぐに点数として結果を得やすいところが、「理科・社会」の良いところです。
勉強すればしただけ点数が返ってくるので、勉強していて楽しいと思います!!

一方、数学や英語、国語などは下積みが非常に大切な教科です。
式や単語を覚えて、覚えたことを使って問題を解いていく応用力が求められます。
ですので、点数を上げるのにもある程度時間を要すると思います。

しかし、そうは言っても先に覚えるべきことはたくさんあるはずです!!
公式、英単語、漢字などをしっかり暗記して、まずは基礎を固めていくことが重要です。

また、暗記をするときは狭い範囲に時間をかけて確実に覚えるよりも、短時間でできるだけ多くの情報を取り込んだ方が良いです。
そして、それを何周もするように心掛けて下さい。そうすることで、驚くほど効率の良い暗記ができると思います。

イマイチ点数が伸びないと思っている生徒の皆さんは、ぜひ暗記に力を入れてみて下さい!!
きっと驚くほど点数が取れるようになりますよ^^

千葉の塾なら個別指導の学習空間