Twitter

読書の秋というわけではないですが

個別指導の学習空間,八千代大和田・佐倉臼井教室の小西です.

 僕は吉本隆明という思想家が好きで,全集も集めています.ですが大変むずかしいものでして,実際最後までちゃんと読み通した著作は実は数えるほどしかありません.先日,Twitterの方で哲学者の芦田宏直先生から「今から読み始めるなら『マチウ書試論』と『転向論』あたりからがいいですよ』とアドバイスを頂いたこともあり,久しぶりにやる気になって取り敢えず『マチウ書試論』を読み出しました.僕が吉本隆明を知ったのは芦田先生の著作『努力する人間になってはいけない』からでしたので,ご本人から返信いただけたとあっては読むしか無いでしょうというテンションです.『転向論』は1回だけ読み通したことがあったので.(ちなみに芦田先生は12月発売の吉本隆明全集第3巻の月報を書かれるそうです.今から楽しみです)
 でもこれ最初は全然分からないんですね.もう本当に分からない.『マチウ書試論』といえば「関係の絶対性」という文言が有名ですが,まだそこまでたどり着いておりません...じゃあブログなんか書くなよって話ですよね.(ネタがなかったんです(泣))
 何も知らない人が初見でこの本を読むと最初の5行くらいで意味不明になります.まず「マチウ書」ってのが何なのか分からない.「ジェジュ」も誰なのか分からないし,「予約」という言葉の意味も全然分からない.とにかく何もわからない中でページを捲らないといけない.しかし読んでいるうちに,「マチウ書」は「マタイ伝」のことであって,「ジェジュ」は「イエス」のことだとわかります.でも「予約」っていうのが何のことなのかやっぱりまだ分からない.そして,『マチウ書試論』はいわゆる知識人論なんですが,なんでマタイ伝なんかを取り上げて壮大な論を展開しないといけないのか...読みにくい...こんなんを当時の大学生たちは必死になって読んでいたのか...(けなしているわけではないです)

 ということで先週末は四苦八苦していました.マタイ伝もそういえば読んだこと無いので無料のpdfで全部印刷して,横に置いてちょくちょく参照しながら並行して読んでいるのですが,読み通しても何回か繰り返さないと理解はできなさそうです.また何か書けそうなら書いてみたいと思います.最近は頭をつかう読書というものを全くしていなかったので(不勉強ですみません),久しぶりに楽しみが増えました.

 さて,佐倉臼井教室の方では中間試験の結果がだいたい出揃いました.塾生の入塾前の平均点244.1点,今回の中間の塾生平均が300点程度(まだ数名結果が不明な生徒がいるので正確な数字は出せません)でしたので,塾生平均として入塾前より55点程度伸びている事になります.「やるじゃん!頑張ったじゃん!」という感じです.特に今まで点数が取れていなかった生徒にはとにかく勉強すればそれなりの点数が取れるようになるということが分かっていただけたと思います.次回以降もやるべきことをやっていきましょう.「やる気」ではなく,「やるべきこと」を淡々とやることです.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

Twitterについて

個別指導の学習空間,八千代大和田教室・四街道東教室の小西です.

 Twitterやってる人ってどのくらいいますかね?結構な数の人がやっていると思います.140字で思ったことをつぶやくという新しい形のSNSです.さて,Twitterを見ているとそこかしこで議論めいたことをやられている人が数多くいます.Twitterで議論をするのは一向に構わないのですが,私自身はTwitterは議論には向いていないと思います.それも圧倒的に.なぜTwitterは議論に向いていないかということについてTwitterの特徴を話してから,話していきます.

①Twitterは現在を微分する
 Twitterの一番の特徴は芦田宏直先生の言葉を借りると「現在を微分する」ということです.どういうことかといいますと,例えばブログで今日食べたラーメンのことを書くとします.おそらくラーメンを昼に食べたら,そのことをブログに書くのはその日の夜以降ですよね.ブログには体験してから書くまでの間にかなりの時間差があります.しかし,Twitterではどうでしょう.ラーメンを食べたその場で「池袋でラーメンなう.ここのラーメンめっちゃ美味しい!」とかなんとか書いて写真と一緒にTweetすればおしまいです.これはかなりリアルタイムな情報です.ブログだと半日~の時間差があるのに,Twitterでは「ラーメンなう」とつぶやけばその人は今まさにラーメンを食べているのでしょうし,「渋谷なう」とつぶやけばその人は今まさに渋谷にいるのです.このようにTwitterは「現在」という時間を細切れにしてウェブ上に載せてしまいます.これを「微分する」と表現しているわけです.
 また,Twitterが微分するのは時間だけではありません.Twitterはその性質上,人間の心的現象をも微分してしまいます.Tweetする瞬間瞬間の気持ちをも細切れにしてしまうということです.一瞬でも「何か気分が悪いな」とか「こいつウザいな」と思った時にしたTweetにはかならずその気持ちが乗ります.これはもうどうしようもないことです.防ぎようがありません.Twitter上で会話をしていて一瞬でも「こいつ腹立つな」とか思って返信したならそれが圧倒的に言葉に乗ってしまうのです.Twitterは時間的にだけではなく,心的にも現在を微分するツールだといえます.

②表出した感情を捉えきれない
 しかし,Twitterでは心的な要素が言葉に乗ってしまうにも関わらずそれを見る側が感知することが出来ません.なぜならば,Twitterは現在を微分してしまうからです.微分されてしまった心で他人のTweetを見てもそこから相手の心的要素を感知することは出来ません.あくまで微分された断片的な自分の心的要素を介してしか相手の言葉を解釈できないのです.面と向かって話しても相手の気持ちは100%分かるわけではありません.しかし,会話というのは相互に思考をしますし,相手の表情や体の動きなどの言葉以外のメタな情報から心的現象を察することが出来ます.ブログなどではそれが文字のみになってしまうので,それは難しくなります.しかし,ブログの場合は書くまでに時間をかけますから,その推敲の段階で書き手の心的要素は綺麗に磨かれていきます.なので,あまり気にかけるひつようもないわけです.しかし,Twitterはあのスピード感のせいで,心的にも現在を微分してしまいます.ですのでTweetにはその要素が多分に介在してしまう.しかし,こちらも同じ条件でみるのでそういったものを感じ取ることが一層難しくなってしまうというわけです.

 この2点がTwitterの抱える矛盾だと思います.つまり,Twitterは心的要素を多分に盛り込んでしまうが,それを受け取る側は感知できない.ということです.ですので僕はTwitterでは議論めいたことをしませんし,するつもりもありません.のほほんと気楽につぶやいていれば良いのです.ちなみに,電子機器をきちんと使える生徒にはTwitterの使用は推奨します.140字で文章をひねり出さないといけないので,それなりに文章力が鍛えられると思うからです.

千葉の塾なら個別指導の学習空間